少帝弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
少帝 劉弁
後漢
第13代皇帝
王朝 後漢
在位期間 光熹元年4月13日 - 昭寧元年9月1日
189年5月15日 - 9月28日
都城 雒陽(洛陽)
姓・諱 劉辯
諡号 弘農懐王
生年 熹平2年(173年
または熹平5年(176年
没年 初平元年1月12日
190年3月6日
霊帝(長子)
何皇后
年号 光熹189年
昭寧189年

少帝弁(しょうていべん)は、後漢の第13代皇帝。姓劉辯新字体劉弁)。

生涯[編集]

父の霊帝の崩御により、母の何太后と母方の伯父の何進(何太后の異母兄)により擁立された。しかし、何進が中常侍張譲らにより暗殺され、さらに中常侍をはじめとする宦官袁紹によって皆殺しにされた後、洛陽を占拠した董卓により廃位され、弘農王に封ぜられた。その後、董卓の専制に反発した諸侯による反董卓連合軍が起こると、連合軍に擁立されることを恐れた董卓に命じられた李儒によって、長安遷都前に毒殺された。

在位わずか5カ月に過ぎず、また地方豪族の一人に過ぎなかった董卓に帝位を廃されたことは、事実上、後漢王朝が滅亡したことを意味している。

のちに弘農懐王としてをされたため、実質的に皇帝とは認められなかったことになる。代に書かれた『三才図会』に掲載されている後漢王室の系図でも、劉弁の存在は省かれている。『三国志』魏志「王朗伝」によると、曹操が劉弁の墓前を通ったとき、皇帝陵として参拝すべきか否か、付き従っていた董遇に訊いた。すると董遇は「皇帝ではないと見なされますので参拝は不要です」と述べたため、曹操はその意見に従っている。

三国志演義での少帝[編集]

小説『三国志演義』では、劉協(後の献帝)よりも若干年上の少年である。劉協の方が聡明さがあり、逆に劉弁は暗愚であったため、廃位された後、何太后とともに李儒により高所から突き落とされ、殺害されることになっている。

なお、『三国志演義』やその派生作品などでは幼帝扱いにされているが、即位当時の年齢17歳というのは、後漢の歴代皇帝の即位時年齢の中で4番目の高年齢にあたる[注 1]。これは、後漢に幼少の皇帝が多かったことを示すものである。

后妃[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 劉弁より上位の3人は初代光武帝、2代明帝、3代章帝であり、4代和帝以降では最年長。