殤帝 (漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
殤帝 劉隆
後漢
第5代皇帝
王朝 後漢
在位期間 元興元年12月22日 - 延平元年8月6日
106年2月13日 - 9月21日
都城 雒陽(洛陽
姓・諱 劉隆
諡号 孝殤皇帝
生年 元興元年(105年
没年 延平元年8月6日
106年9月21日
和帝
陵墓 康陵
年号 延平106年

殤帝(しょうてい)は、後漢の第5代皇帝。

生涯[編集]

後漢の第4代皇帝和帝は多くの皇子をもうけたが、いずれも夭折していた。宦官外戚による謀殺の疑惑を抱いた和帝は、皇子を民間で養育することとした。

元興元年12月(106年2月)、和帝が崩御した際、長男の劉勝は病気を理由に即位が見送られ、劉隆が宮廷に迎えられて皇帝に即位した。劉勝は殤帝即位と共に平原王に立てられた。

即位した殤帝は生後100日余りであり、朝政は外戚の鄧氏(和帝の皇后だった鄧綏と、その兄の車騎将軍鄧騭)により掌握された。延平元年(106年)8月辛亥、病死。夭折を意味する「殤」を諡号に贈られた。

中国の歴代皇帝のうち、最年少の皇帝である。

関連項目[編集]

  • 殤帝(曖昧さ回避)
  • 溥儀 清王朝最後の皇帝。2歳という若さで皇帝となった。
後漢王朝系図】(編集
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長沙王
劉発
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
更始帝
劉玄
 
斉王
劉縯
 
(1)光武帝
劉秀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東海王
劉彊
 
(2)明帝
劉荘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(後3)章帝
劉炟
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千乗王
劉伉
 
清河王
劉慶
 
(4)和帝
劉肇
 
済北王
劉寿
 
(追)穆皇
劉開
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楽安王
劉寵
 
(6)安帝
劉祜
 
(5)殤帝
劉隆
 
*北郷侯
劉懿
 
(追)崇皇
劉翼
 
(追)元皇
劉淑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勃海王
劉鴻
 
清河王
劉延平
 
(7)順帝
劉保
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(10)桓帝
劉志
 
(追)仁皇
劉萇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(9)質帝
劉纘
 
清河王
劉蒜
 
(8)沖帝
劉炳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(後11)霊帝
劉宏
 
渤海王
劉悝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*弘農王
劉辯
 
(12)献帝
劉協