章帝 (漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
章帝 劉炟
後漢
第3代皇帝
刘炟.jpg
王朝 後漢
在位期間 永平18年8月6日 - 章和2年2月30日
75年9月5日 - 88年4月9日
都城 雒陽(洛陽
姓・諱 劉炟
諡号 孝章皇帝
廟号 粛宗
生年 建武中元2年(57年
没年 章和2年2月30日
88年4月9日
明帝
賈貴人
后妃 竇皇后
陵墓 敬陵
年号 建初76年 - 84年
元和(84年 - 87年
章和(87年 - 88年)

章帝(しょうてい)は、後漢の第3代皇帝明帝の五男。生母は賈貴人。

生涯[編集]

60年永平3年)に3歳で皇太子に立てられ、75年(永平18年)に父の明帝が死去すると、19歳で即位した。同時に嫡母である馬皇后光武帝の有力部将馬援の娘)が皇太后に立てられて後見した。馬皇太后は身を慎み、実家の馬氏一族が高位に取り立てられることを拒んだので、章帝の時代には、後漢王朝の宿弊となった外戚の専権が表に現れることはなかった。生母の賈貴人は、明帝の正妻である馬皇后と従姉妹同士で仲が良かったといわれる。

父の明帝が法治政治を行ったのに対し、章帝は幼少の頃から儒学を好み、儒学の徳目に適った寛容な徳治政治を敷いた。そのため、経済や文化は大きく発展した。

78年(建初3年)、竇氏を皇后に立てる。

79年(建初4年)、自ら詔を下して宮中の白虎観に儒者を集め、五経のテキストの異同を議論させた。自身も会議に臨席するほど熱を入れて取り組み、史臣班固に命じてこの会議をもとに古今の学説をまとめた『白虎通義』を編集させた。

西域との交通は、の滅亡後から後漢の初め頃まで一時途絶えていたが、明帝のときに再び本格的な進出が始まった。章帝の時代も匈奴とそれに与する西域諸国との戦いが続き、章和元年(87年)には、班超らの活躍により、長らく漢に叛いていた莎車を服属させることに成功した。

馬皇太后の死後(79年(建初4年))、皇后竇氏は子がなかったため、皇太子劉慶の生母の宋貴人と別の皇子劉肇を生んだ梁貴人を憎んでおり、讒言して2人とも死に追いやった。劉肇は皇后の養子となった。

82年(建初7年)、皇太子劉慶を廃して清河王とし、皇子劉肇を皇太子に立てる。

88年(章和2年)、32歳で死去した。その後、10歳の劉肇が和帝として即位し、和帝の擁立を取り仕切った竇氏は皇太后として幼い皇帝に代わって政治を執り、その実家の竇固を初めとした竇氏一族が権勢を振るうようになった。こうして後漢は、外戚によって政治を左右される時代に入り、支配体制に揺らぎが生じるようになった。

子孫[編集]

後漢はその時々に権勢を振るった外戚が、幼児や少年を皇帝として擁立することが繰り返したため、直系の皇位がしばしば断絶し、和帝・安帝少帝質帝桓帝霊帝と、傍系から皇帝を立てることが繰り返されたが、いずれも皇帝への擁立は章帝の子孫から行われている。

章帝の男子には、馬皇太后の親族である宋貴人を母とし、生まれてすぐに皇太子に立てられた劉慶、和帝として即位した劉肇の他に、劉伉・劉全・劉寿・劉開・劉淑・劉万歳の8子がいた。章帝が最初に立てた皇太子劉慶は、側室の宋貴人が生んだ男子だった。その後、竇皇后が宋貴人と、劉肇を生んだ梁貴人を死に追いやった。建初7年(82年)、5歳であった劉慶は廃され清河王とされ、劉肇が皇太子となる。章和2年(88年)、章帝は亡くなり、劉肇が即位する(和帝)。しかし、このような経緯があっても、和帝は皇太子のころから兄劉慶との兄弟仲が深くいつも行動をともにしており、即位後も兄を身近に置いて私事を議すほどで、劉慶も皇帝となった弟を立てて忠実に仕えた。和帝の死の翌年、和帝の子の殤帝が没すると、劉慶の長男劉祜が和帝の未亡人で実権を握った鄧皇太后によって皇帝に擁立され、安帝となる。

また、その他の皇子もみな王に封ぜられて諸侯王となるが、済北王に封ぜられた劉寿の子から安帝の死後に擁立された少帝、勃海王に封ぜられた劉伉の曾孫から安帝の孫の沖帝が3歳で死去したあと擁立された質帝、河間王に封ぜられた劉開の子孫から毒殺された質帝に代わり皇帝に立てられた桓帝・霊帝の2帝が出た。

妻子[編集]

漢王朝系図】(編集
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
太上皇
劉太公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
代王
劉喜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(前1)高祖
劉邦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
呉王
劉濞
 
斉王
劉肥
 
(前2)恵帝
劉盈
 
趙王
劉如意
 
(前3)文帝
劉恒
 
趙王
劉友
 
淮南王
劉長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉王
劉襄
 
城陽王
劉章
 
*前少帝
劉某
 
*後少帝
劉弘
 
(前4)景帝
劉啓
 
 
 
 
 
淮南王
劉安
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
中山王
劉勝
 
長沙王
劉発
 
 
 
(前5)武帝
劉徹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸城侯
劉貞
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)戻太子
劉拠
 
(前6)昭帝
劉弗陵
 
昌邑王
劉髆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(追)悼皇
劉進
 
 
 
 
 
*昌邑王
劉賀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(前7)宣帝
劉詢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(前8)元帝
劉奭
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楚王
劉囂
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(前9)成帝
劉驁
 
(追)恭皇
劉康
 
中山王
劉興
 
広戚侯
劉勲
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(赤眉)皇帝
劉盆子
 
 
 
 
(緑林)更始帝
劉玄
 
(後1)光武帝
劉秀
 
 
 
(前10)哀帝
劉欣
 
(前11)平帝
劉衎
 
広戚侯
劉顕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(後2)明帝
劉荘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*劉嬰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(後3)章帝
劉炟
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千乗王
劉伉
 
清河王
劉慶
 
(後4)和帝
劉肇
 
済北王
劉寿
 
(追)穆皇
劉開
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
楽安王
劉寵
 
(後6)安帝
劉祜
 
(後5)殤帝
劉隆
 
*北郷侯
劉懿
 
(追)崇皇
劉翼
 
(追)元皇
劉淑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勃海王
劉鴻
 
(後7)順帝
劉保
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(後10)桓帝
劉志
 
(追)仁皇
劉萇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(後9)質帝
劉纘
 
(後8)沖帝
劉炳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(後11)霊帝
劉宏
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(蜀1)昭烈帝
劉備
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
*弘農王
劉辯
 
(後12)献帝
劉協
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(蜀2)後主
劉禅

后妃[編集]

  • 章徳竇皇后
  • 貴人梁氏(恭懐梁皇后)
  • 貴人宋氏(敬隠宋皇后)
  • 貴人竇氏
  • 貴人宋氏(敬隠宋皇后の妹)
  • 貴人梁氏(恭懐梁皇后の姉)
  • 貴人申氏

男子[編集]

女子[編集]

  • 武徳公主 劉男
  • 平邑公主 劉王 - 馮由(馮勤の子の馮順の子)にとついだ
  • 陰安公主 劉吉

脚注[編集]

  1. ^ 後漢書』巻55 章帝八王伝 では、劉全は嗣子亡くして夭折したと記されている。しかし、高島俊男著『三国志きらめく群像』276頁によると、後漢末の劉焉は彼の末裔だと推測されている。平春は江夏郡の地名である。

参考資料[編集]