劉寿 (後漢)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

劉寿(劉壽、りゅう じゅ、生年不詳 - 120年)は、後漢皇族。済北恵王。

経歴[編集]

章帝と申貴人のあいだの子として生まれた。90年永元2年)5月丙辰、済北王に封じられ、泰山郡を分割して済北国とした。兄の和帝は章帝のやりかたを踏襲して、兄弟たちをみな京師洛陽にとどめ、官僚たちが諸王の赴任を求めても許そうとしなかった。和帝が死去すると、劉寿は済北国に赴任した。120年元初7年)3月丁酉、劉寿は死去した[1]は恵といった。

子女[編集]

  • 済北節王劉登(後嗣)
  • 少帝劉懿
  • 楽成王劉萇
  • 済北釐王劉安国

脚注[編集]

  1. ^ 『後漢書』安帝紀

伝記資料[編集]