左小娥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

左 小娥(さ しょうが、? - 106年以前)は、後漢安帝の母で、清河王劉慶の側室。皇后に追尊された。小娥はである。

生涯[編集]

犍為郡の人。容貌すぐれ、文賦をよくした。叔父の左聖が妖言の罪で処刑されたため、小娥は姉の左大娥と共に後宮に入った。和帝が宮女を親王に賜うこととしたとき、清河王劉慶(和帝の兄)の側室となった。寵愛を受けて、息子の劉祜(安帝)を産んだ。

延平元年(106年)以前に死去した。同年に安帝が即位すると、孝徳皇后と贈号され追尊された。

参考資料[編集]