コンテンツにスキップ

王栄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

王 栄(おう えい、? - 181年)は、後漢霊帝の美人(側室)。献帝の生母。趙国邯鄲県の人。祖父は王苞。父は王章。兄は王斌。

経歴[編集]

豊満な女性で聡明かつ算数が得意であったという。家人子(下級女官)として後宮に入り、美人(嬪の位)となった。霊帝の寵愛を受けて、その子供を身籠った。皇后の何氏は気が強い女性であったため、王美人は懼れて堕胎薬を服用したが、効果がなかった。このとき、太陽を背負って歩くという夢を見たという。光和4年(181年)4月、結局劉協(後の献帝)を産むと、何皇后の嫉妬を受けて毒殺されたという。

永漢元年(189年)、董卓によって劉協が帝位に即けられた。興平元年(194年)、劉協は亡母に霊懐皇后諡号を贈り、文昭陵に改葬した。

後漢の国母の中で、夫帝の諡号を付けられた唯一の側妃である。また、皇后として追贈された4年前(190年)、家臣たちは皇帝の正妻ではないことを理由に、恭懐皇后(和帝の母)、敬隠皇后(安帝の祖母)らの皇后号を奪うよう求め、献帝はこれに同意した。

参考文献[編集]

  • 後漢書』皇后紀下
  • 『後漢紀』巻二十七