孔門十哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

孔門十哲(こうもんじってつ)は、「孔門の十哲」「四科十哲」ともいわれ、孔子の弟子の中でも最も優れた十人の弟子をさす。

一覧[編集]

子曰、從我於陳蔡者、皆不及門也。德行、顏淵・閔子騫・冉伯牛・仲弓。言語、宰我・子貢。政事、冉有・季路。文學、子游・子夏。

論語』先進篇

より、以上の四科目、計十人。

ただし、曾参(曾子)や子張といった面々が入っていないため、あくまでに孔子と一緒についていった者たちから選んだのだとする説もある。また、挙げられた名前がではなく(あざな)である点から、孔子自身が選んだ人選ではなく、第三者による撰であるとするのが定説である(孔子ならば弟子に対しては字ではなく諱で呼ぶため)。

徳行[編集]

言語(弁舌の才)[編集]

政事[編集]

文学(学問の才)[編集]

孔門十二哲[編集]

開元8年(720年)以降、孔門十哲と曽子を特別に重要な弟子として孔子とともに廟で祀るようになった[1]。その後、誰が祀られるか時代によって多少の変更があったが、朝では、四聖(顔回曽子子思孟子)と十二哲に整理された。十二哲は十哲から(すでに四聖に含まれている)顔回を除き、子張朱子有若を加えたものである[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 唐会要』巻三十五・褒崇先聖。
  2. ^ 大清会典事例』巻四百三十六・先師廟制。