子游

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

子游(しゆう、紀元前506年 - 紀元前443年?)は、中国春秋時代儒学者で、孔子の弟子のひとり。文学(学問の才能)に優れていたといい、孔門十哲のひとりに数えられる。子游は、姓は(げん)、名は(えん)。の人で、名の伝わる70人あまりの孔子の弟子(七十子)の中では唯一南方の出身。のちに帰郷して江南に儒学を広めたとされ、「南方夫子」と呼ばれた。

論語』ではの武城(現在の山東省臨沂市平邑県)の邑の長官を務め、礼楽を以て民を教化していたという記載がある(雍也第六)。

関連項目[編集]

  • 奉賢区 - 上海市の行政区画。子游がこの地で学問を教えたという伝承に因む。