子思

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

子思(しし、紀元前492年 - 紀元前431年[1])は、中国春秋時代儒者の人。孔鯉(伯魚)の子。孔子の孫。氏は孔、名は(きゅう)、は子思、尊称は子思子。後世の儒教では道統の継承者で四聖の一人「述聖」として崇敬される[1]

生涯[編集]

幼くして父と祖父を失ったため孔子との面識はほとんどないが、曾子の教えを受け儒家の道を極めた。その後、各国を遊学したのち、魯の穆公に仕えた[2]

著作[編集]

礼記』中庸篇(つまり四書の『中庸』)は古くから子思の作と伝わっていた[3]。また、子思の学派の著作に『子思子』があったとされるが散佚してしまった[4]。現代の推定では、『礼記』のうち中庸篇を含む四篇(中庸篇、表記篇、坊記篇、緇衣篇)が、『子思子』から転載したものとされる[4]。この推定は、『隋書』音楽志が伝える南朝梁沈約の説に由来する[5][6]

『子思子』の輯佚書として以下がある。

  • 藤原正『子思子』岩波書店〈岩波文庫〉、1935年。ISBN 9784003322116。(清末の黄以周の輯佚書をもとに、上記四篇のほか類書等所引の佚文や『孔叢子』の関連章をまとめ、それらの訓読文を載せる。)

思孟学派[編集]

史記』孟子荀卿列伝などによれば、孟子は子思の学派から儒学を学んだとされる[7]。このことから、儒家内の子思と孟子の学派は思孟学派と通称される[8]。『荀子』非十二子篇では、敵対する思孟学派を非難する際に、「五行」説という邪説をといた学派として非難している[8][9]。ただし、『荀子』は「五行」説がどのような説かは述べなかった[8]

20世紀末、新たに発見された出土文献(馬王堆帛書および郭店楚簡)の『五行英語版』という文献が、その「五行」説について述べた文献と推定されて、思孟学派が注目されるようになった[8][10](内容は「木火土金水」の五行説とは異なるが、関連を指摘する学者もいる[8][11])。なお、思孟学派に関する出土文献は他にも、郭店楚簡『性自命出』と上博楚簡『性情論』(どちらも内容が『中庸』や性善説と類似する)[6]や、郭店楚簡『魯穆公問子思』[12]がある。

出典[編集]

  1. ^ a b 大成殿に祀られているもの|史跡湯島聖堂|公益財団法人斯文会”. www.seido.or.jp. 2020年12月7日閲覧。
  2. ^ 韓非子』難三「魯穆公問於子思曰……」など
  3. ^ 史記』孔子世家「子思作中庸」など
  4. ^ a b 子思』 - コトバンク
  5. ^ ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:隋書/卷13
  6. ^ a b 西山尚志「諸子百家はどう展開したか」『地下からの贈り物 新出土資料が語るいにしえの中国』中国出土資料学会、東方書店、2014年、93頁。ISBN 978-4497214119
  7. ^ ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:史記/卷074
  8. ^ a b c d e 近藤浩之;西信康「先秦~秦漢代 (特集 学界時評)」『中国研究集刊』第56号、大阪大学中国学会、2013年、 9-12頁、 doi:10.18910/58716
  9. ^ ウィキソースのロゴ 中国語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります:荀子/非十二子篇
  10. ^ 西信康『郭店楚簡『五行』と伝世文献』北海道大学出版会、2014年。ISBN 9784832967991
  11. ^ 武田時昌『術数学の思考 交叉する科学と占術』臨川書店、2018年、38;42。ISBN 9784653043751(木火土金水の五行説が形成される「思想的基盤」の一つとして)
  12. ^ 楚簡文字解読実習 | 中国出土文献研究会”. www.shutudo.org. 2020年12月7日閲覧。

関連項目[編集]