黄以周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黄以周

黄 以周(こう いしゅう、Huang Yizhou1828年 - 1899年)。字は元同、号は儆季または哉生末の儒学者

浙江省定海庁紫微郷(現在の舟山市定海区)出身。黄式三の子。1870年挙人となる。はじめ浙江省分水県(現在の桐廬県)の訓導をしていたが、寧波知府宗源瀚に請われて弁志精舍を主宰した。その後江蘇学政黄体芳の創設した南菁書院で講師を15年間務めた。学風は漢学宋学にこだわらず、ただ三礼を追究するものであった。『礼書通故』100巻を著し、古代の礼制・学制・封国・官職・田賦・楽律・刑法・名称・卜占などを考察し、従来の注の誤謬を正した。その他の著作に『礼説』『礼説略』『礼易通詁』がある。