黄式三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黄式三

黄 式三(こう しきさん、Huang Shisan1789年 - 1862年)。字は薇香、号は儆居儒学者

浙江省定海庁紫微郷(現在の舟山市定海区)出身。幼年より読書に励み、1832年貢生となった。1834年郷試に赴くが、母の死で帰郷した。以後科挙を受験せず、学問に没頭した。50歳より『尚書』『春秋』を研究し、60歳より『易経』を研究した。阿片戦争中の1840年にイギリス軍が定海を攻撃した際には、韓愈にならって『五箴』を作って世に警告した。子の黄以周も儒学者で、父の学問を継いだ。

著作[編集]

  • 『論語後案』
  • 『詩叢説』
  • 『詩序通説』
  • 『春秋釈』
  • 『周季編略』
  • 『儆居集経説』
  • 『史説』
  • 『書啓蒙』
  • 『黄氏塾課』