純明孝皇后

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

純明孝皇后 閔氏(じゅんめいこうこうごうびんし、スンミョンヒョファンフミンシ、朝鮮語表記:순명효황후 민씨、1872年11月20日(陰暦10月20日)-1904年11月5日(陰暦9月28日))は、大韓帝国第2代皇帝(李氏朝鮮から通算して第27代君主)、純宗の最初の妃。 本貫は驪興閔氏。諡号は敬顯成徽純明孝皇后

生涯[編集]

1872年に陽德坊桂洞で誕生する。1882年に10歳で、2歳年下の世子(後の純宗)と婚礼を挙げ、世子嬪となる。この婚礼は、純宗の生母である王妃閔氏の意向が関わっていたという。義母である王妃も彼女と同じく、驪興閔氏の出身であり、また、実兄が、後嗣の無い王妃の実家に養子入りした縁もあった。 1897年に大韓帝国が成立し、夫が皇太子となった為、皇太子妃となった。 1904年、慶運宮康泰室で病の為、死去。享年32歳。なお、子女は無かった。 まだ純宗が即位する前に死去した為、生前皇后になることができなかった。初め京畿道楊州の裕康園に葬られ、1907年に純宗が即位すると裕陵に変わった。1926年南揚州市金谷洞に移され、現在は純宗と共に眠っている。また、諡号も皇太子妃のまま亡くなった為純明妃であったが、純宗即位に伴い皇后に格上げされた。

家族[編集]

登場作品[編集]