蘇慧倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
蘇慧倫(ターシー・スー)
プロフィール
出生: 1970年10月27日(45歳)
出身地: 台湾の旗 台湾台北市
職業: 女優歌手
各種表記
繁体字 蘇 慧倫
簡体字 苏 慧伦
拼音 sū huì lún
和名表記: ターシー・スー
発音転記: スー・ホェルン
英語名 Tarcy Su
テンプレートを表示

蘇 慧倫(スー・ホェルン、通称:Tarcy Su(ターシー・スー)、1970年10月27日-)は、台湾歌手女優である。

来歴[編集]

台北市出身。子供の頃より京劇などを習っていた。華岡芸術学校(高校)で演劇を専攻。在学中に友人の紹介もあり台湾ロックレコードにスカウトされ、18歳で歌手デビュー。卒業後半年でファーストアルバムをリリース。以後次々とアルバムがヒット。1990年代の台湾でトップアイドルとして活躍。だが2000年頃よりアイドルとしてのレッテルと脱アイドル指向の本人とのギャップが生じ、やがて5年近くアルバムリリースをやめ、もっぱら俳優業に専念。2006年、環球レコードに移籍。アルバム「蘇慧倫」で歌手としてカムバック。映画「深海 Blue Cha-Cha」などでの演技の評価も高い。
2014年3月、1歳上の実業家男性と入籍した事を報告した。[1]

エピソード[編集]

  • 2006年にたまたま上海を訪れた時に知ったテレビ番組で、上海の3歳の男の子の骨髄ドナーを探している事を知り、台湾のテレビ番組にてドナーを募った事がある。そして、その努力が報われて台湾から骨髄適合者が見つかり、上海の男の子は無事救われた。なお、その骨髄を台湾から輸送する際、中国と台湾は政治的に対立中ということもあって上海への直行便が無く、香港経由で届けられた。その時に蘇慧倫自身も同行した。政治的な対立を超えて人間の情の厚さを感じるエピソードである。

アルバム[編集]

映画[編集]

  • 1993年「宝島 トレジャー・アイランド」(只要為你活一天)
  • 1997年「藍月」
  • 2004年「心戀」
  • 2006年「深海 Blue Cha-Cha」(深海)
  • 2007年「神も人も犬も」(流浪神狗人)

TVドラマ[編集]

  • 2002年「追夢」
  • 2003年「似水年華」「星星知我心」「ラヴトレイン 心動列車」
  • 2005年「心動列車 第二單元」「醋溜族」
  • 2008年「ハチミツとクローバー

書物[編集]

  • 1995年「戀戀慧倫寫真集」
  • 1996年「蘇慧倫演唱經典樂譜第一集:就要愛了嗎」
  • 1996年「蘇慧倫演唱經典樂譜第二集:愛我好嗎」
  • 2000年「花樣攝影集」


  1. ^ 台湾ドラマ「ハチクロ」のターシー・スー、43歳で実業家と結婚&妊活も” (2014年3月10日). 2014年3月11日閲覧。