毎日放送制作土曜夕方6時枠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
毎日放送制作土曜夕方6時枠
ジャンル クイズ / アニメ / 特撮
放送時間 土曜 18:00 - 18:30(30分)
放送期間 1992年10月3日 - 2008年3月29日(725回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 毎日放送(MBS)
出演者 (番組による)

特記事項:
1.クイズは初期に放送された『新伍のワガママ大百科』(1993年6月終了)のみ。以後、アニメないしは特撮を放送。
2.2002年10月開始の『機動戦士ガンダムSEED』以降は、「土6」の通称でアニメ枠として定着。
テンプレートを表示

本項では、1992年10月3日から2008年3月29日までの間、MBS制作、TBS系列各局で毎週土曜夕方6時00分 - 6時30分(18時00分 - 18時30分)に放送されていた番組放送枠について記述する。

2002年10月以降はテレビアニメ枠として定着し「土6」(どろく)の通称で知られていた[1][2]

枠の歴史[編集]

枠開始[編集]

元々は、1975年10月4日から1992年9月26日までTBS製作枠の長寿番組『料理天国』を17年に渡り放送した。同番組終了に伴いMBS製作枠となり、山城新伍司会によるクイズ番組新伍のワガママ大百科』が1993年6月26日まで9ヶ月間放送された。なお、この枠は『私はナンバーワン』→『アップダウンクイズ[3]』→『クイズ!!ひらめきパスワード』(本番組まで日曜19時枠)→『近藤正臣の味覚人情報』(木曜19時30分枠)から引き継がれた大阪本社制作枠だった。

アニメ枠の成立[編集]

作品名 放送期間 話数
3丁目のタマ うちのタマ知りませんか? 1993年7月3日 - 8月28日 全9話
ムカムカパラダイス 1993年9月4日 - 1994年8月27日 全51話
愛と勇気のピッグガール とんでぶーりん 1994年9月3日 - 1995年8月26日
ママはぽよぽよザウルスがお好き 1995年9月2日 - 1996年8月31日 全52話

特撮「平成ウルトラマンシリーズ」・アニメ「ゾイド」枠[編集]

「ウルトラシリーズ」「ゾイドシリーズ」時代の作品一覧
作品名 放送期間 話数 備考
ウルトラマンティガ 1996年9月7日 -
1997年8月30日
全52話 ウルトラマンシリーズ30周年記念作品。
ウルトラマンダイナ 1997年9月6日 -
1998年8月29日
全51話
ウルトラマンガイア 1998年9月5日 -
1999年8月28日
ゾイド -ZOIDS- 1999年9月4日 -
2000年12月23日
全67話 当初は1年間(4クール)の予定であったが、
玩具・作品共に人気を得たため、約5クールに延長され、当枠最長の放送期間となった。
ゾイド新世紀スラッシュゼロ 2001年1月6日 -
6月30日
全26話 2クール放送。
ウルトラマンコスモス 2001年7月7日 -
2002年9月28日
全65話
(初回放送全60話)
ウルトラマンシリーズ35周年および円谷英二生誕100周年記念作品。
主演の杉浦太陽傷害恐喝容疑で2002年6月8日に逮捕されたため、同年6月15日から7月13日まで代替放送(『ウルトラマンM78劇場 Love & Peace』、『コスモス』特別総集編(「コスモス最大の危機」と「コスモス最後の戦い」)、『ウルトラマンネオス』第1〜2話)を行った。
その後被害者が「事件の一部を虚偽と認める陳述書」を提出したため不起訴処分に、恐喝についても起訴猶予処分となり事件は解決したため7月20日放送分より再開されたが、放送予定だった5話分が未放送となった。
ウルトラマンシリーズとしては最長の5クール放送となった。

アニメ枠「土6」としての定着[編集]

ウルトラマンコスモス』終了後、2002年10月に三度アニメ枠となり、ガンダムシリーズの新作であった『機動戦士ガンダムSEED』が始まると同枠の様相が一変する。最高8%・平均6.2%の視聴率を記録し、関連商品も大ヒットしたことから、フジテレビ系列月曜夜9時ドラマ枠(通称:月9。げつく、げっく)になぞらえ、「土6」と呼ばれるようになった[1]。以降「土6」の通称とともにアニメ枠として定着し、MBSサイドでは「アニメのゴールデン枠」と表現するようになった[2]

『ガンダムSEED』から『BLOOD+』は1年間の放送、『天保異聞 妖奇士』から『機動戦士ガンダム00』は半年の放送を行った。

各番組に共通するスポンサーはバンダイSony Music(SME)グループであり、関連商品も発売されていた。

「土6」定着以降の作品一覧

※全番組字幕放送実施。

作品名 放送期間 話数 備考
機動戦士ガンダムSEED[4] 2002年10月5日 - 2003年9月27日 全50話 PHASE-30 「閃光の刻」で当枠通算500回達成。
鋼の錬金術師 2003年10月4日 - 2004年10月2日 全51話
機動戦士ガンダムSEED DESTINY[4] 2004年10月9日 - 2005年10月1日 全50話
BLOOD+ 2005年10月8日 - 2006年9月23日
天保異聞 妖奇士 2006年10月7日 - 2007年3月31日 全25話 この作品以降、データ放送を実施するようになった。この作品から2クール放送になる。
地球へ… 2007年4月7日 - 9月22日 全24話 16:9SDマスター。
機動戦士ガンダム00
(ファーストシーズン)
2007年10月6日 - 2008年3月29日 全25話 「土6」枠最終作品にして唯一のハイビジョン制作・放送。
間をおいて後述の「日5」枠にてセカンドシーズンを放送している。
本放送終了後にBS-i(現・BS-TBS)でも遅れネット

番組枠の終了、「日5」へ[編集]

TBSは2008年4月改編でこれまで日曜17時30分 - 18時24分枠で放送してきた『JNN報道特集』を曜日移動・時間拡大の上で4月5日より土曜17時30分 - 18時50分枠にて『報道特集NEXT』(現在は『報道特集』)としてリニューアルし、それにともなって本枠は事実上交換の形で4月6日より日曜17時00分 - 17時30分枠(通称「日5」(にちご)へ移動した[1]

枠移動に合わせて千葉繁ゆかなナレーションを担当の、2002年以降の「土6」枠作品を回顧しながらの『コードギアス 反逆のルルーシュR2』の開始告知をかねた枠移動告知CMが流された。

同時ネット化の進展[編集]

TBS制作『料理天国』の頃から、先述のCBCなど一部地域ではこの時間帯にて自社ローカル番組などを放送していた関係で1週間遅れでの時差ネットを行っていた(殆どの地域は土曜17時30分枠であったが、CBCのみ同時間帯に『天才クイズ』を放送していた関係で土曜17時枠での放送であった)。

その後、CBCを含めMBSとの同時ネットに切り替わった地域(局)は増加した。

『ウルトラマンコスモス』放送途中(2002年4月頃)から同時ネット化
1993年4月 - 2002年3月までこの時間帯は自社制作の情報番組を放送していたため17時30分からの1週遅れネットだったが、『アンカー!』(2002年4月 - 2006年3月)開始に伴い放送枠を交換し同時刻ネットに戻った。
2002年9月28日の『ウルトラマンコスモス』最終回から同時ネットに移行。同日は17時からその直前回を含む2本を続けて放送した(その日の同時ネット地域は17時30分からの放送だった)。
『機動戦士ガンダムSEED』開始と共に同時ネット化
かつてはニュース以外はフジテレビ系とのクロスネットFNS[5]にも加盟)だった。しかしJNN排他協定との関係上、フジテレビ側から求められたFNN[6]への加盟が出来なかったために1987年9月限りでFNS脱退を余儀なくされた。こうした経緯からスポンサードセールス等の条件が他のTBS系列局と異なっていたため、土曜日の17時台と18時台前半を引き続き優先購入していたフジテレビ系列の番組・自社制作番組・JNN九州山口ブロックネット番組の遅れネットなどの枠としていたほか、それ以外のローカル枠もこの時間帯の番組はほとんどネットしていなかったが『ウルトラマンコスモス』の途中から同時ネットに移行した。ただ、『ガイア』までの『ウルトラシリーズ』については学校の長期休暇時に集中放送していた。
『鋼の錬金術師』中盤(2004年4月)から同時ネット化
  • 青森テレビ(ATV)(2004年3月末までこの時間帯はフジテレビ制作『サザエさん』を放送していたが、放送枠交換を実施)
『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』中盤(2005年4月)から同時ネット化
『BLOOD+』中盤(2006年4月)から同時ネット化
1982年10月 - 2006年3月まで自社制作のニュース番組を放送していた為に、この時間帯は長らく遅れネットだった。2006年4月にニュース番組終了の為、その後は同時ネットとなる。
最後まで1週遅れネット
途中から1週遅れネット
1996年4月 - 1997年3月までは『ニュースエコー』の土曜版(1996年3月までは17:30 - 18:00)を18時00分 - 18時30分に放送(アニメと枠交換)していたため、1週遅れでの放送となった(『ママぽよ』途中から『ティガ』途中まで)。1996年3月までの『オールスター感謝祭』放送日の土6枠番組は翌日曜または5日遅れの木曜17:00開始など日時は変動していた。
『ウルトラマンティガ』途中までは同時ネットだったが、1997年4月にスポーツ情報番組『HOT DOG』(風見しんご司会)をスタートさせて以降1週遅れとなった(それまで放送していたニュース番組RCCニュースサタデー』は夕方5時30分枠で、時間短縮後の『RCCニュース』は17:50枠であった)。

備考[編集]

  • 『鋼の錬金術師』以降の作品は『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』を除いて第1話放送前にPR番組を自局および一部のネット局で放送するのが恒例となっている[8]。『BLOOD+』と『天保異聞 妖奇士』は放送中にもナビゲーション番組が放送された(関東では独立U局でも放送)。また、一部のMBS製作作品についても同様にPR番組やナビゲーション番組が放送された。
  • 毎年春・秋に放送される期首特番『オールスター感謝祭』が放送される日は30分繰り上げて17:30 - 18:00に放送されていた。
  • 以後MBS制作アニメは日5から移動したアニメサタデー630の第1部(6:30-7:00)まで9年間放送してなかった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c TBS 春の番組改変 「土6」枠移動「日5」へ - 『アニメ!アニメ!』2008年2月6日付
  2. ^ a b 土6アニメ、「地球(テラ)へ…」がTV放送後に無料BB配信 - 『AV Watch』2007年4月5日付
  3. ^ アップダウンクイズ途中の1975年3月30日まではNETテレビ(現:テレビ朝日)系。
  4. ^ a b 番組スポンサーとしてNTT西日本ではキャラクター同士の掛け合いCMが流れた(チューリップテレビSBSテレビより西の地域)。NTT東日本ではキャラクターによる『フレッツスクウェア』での先行配信紹介CMが流れた(BSNテレビSBCテレビより東の地域)。
  5. ^ フジテレビをキー局とする、ニュース以外の番組供給を目的としたネットワーク。
  6. ^ フジテレビをキー局とする、ニュース供給を目的としたネットワーク。
  7. ^ 本枠作品の再放送は、一部が腸捻転時代にMBSと系列関係だった広島ホームテレビ(HOME。テレビ朝日系列)で実施された。
  8. ^ 『天保異聞 妖奇士』と『機動戦士ガンダム00』の場合は第1話放送前週に通常の放送枠で全国ネット

枠の変遷[編集]

毎日放送TBS 土曜18:00枠
前番組 番組名 次番組
料理天国
(1975年10月 - 1992年9月)
【ここまでTBS制作】
土6
(1992年10月 - 2008年3月)
【本期間のみ毎日放送制作】
報道特集NEXT

報道特集

※17:30 - 18:50
(2008年4月 - )
【ここから再びTBS制作】