林ももこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
林桃子から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
林 ももこ
別名 林 桃子
はいじ
生誕 11月24日
出身地 日本の旗 日本東京都
ジャンル J-POP
アニメソング
職業 シンガーソングライター
作詞家
作曲家
担当楽器
ギター
ピアノ
活動期間 (ソロとしては)2009年 -
レーベル CAMエンタテインメント
共同作業者 Wonder-holic( - 2011年)
marhy
六ツ見純代
多田彰文
etc.
公式サイト 林ももこオフィシャルウェブサイト

林ももこ(はやし ももこ 、11月24日 - )は歌手シンガーソングライター作詞家作曲家。M*cube、キュア・レインボーズのメンバー。楽曲提供の際は「林桃子」名義での活動もある。

来歴[編集]

3歳の時に美空ひばりの映画を両親に見せられ、「東京キッド」を人生最初に覚えることとなる。

小学生時代からさまざまなオーディションを受けながら各雑誌の読者モデルなどを経て「やりたいのは歌だ!」と自身の方向性を見出す。

2005年、「はいじ」名義でWonder-holicで活動。2006年、「林桃子」名義で作詞家として中森明菜へ「紅夜 -beniyo-」を提供する。

2009年1月、Wonder-holicとしての活動停止。2月、「林桃子」名義で、テレビアニメ『フレッシュプリキュア!』の主題歌「You make me happy!」発売。同月、「林ももこ」名義でソロ活動開始。

人物[編集]

ブロッコリーが好き過ぎて作ってしまったオリジナルキャラクターの『ブロコさん』が存在する。

実は引っ込み思案で大の野菜と飛行機好き。桃はそんなに好きでもない。

親戚にお笑いコンビ流れ星のちゅうえいがいる。

作品[編集]

林ももこ名義

シングル[編集]

  1. EXIT
    • 2009年12月23日発売
    1. EXIT
    2. 落書き
    3. おやすみ

ミニアルバム[編集]

  1. 君の傘
    • 2010年11月24日発売
    1. 君の傘
    2. ジンジャエール
    3. Walk In The World
    4. Busstop
    5. はじまり
  2. 桜色
    • 2011年12月16日発売
    1. カラフル
    2. 恋するマルゲリータ
    3. 風穴
    4. 屑星
    5. 桜色
    6. 笑顔の行方

アルバム[編集]

  1. TAKEOFF!!
    • 2013年9月15日発売
    1. 巻き戻せなくても
    2. TAKEOFF!!
    3. 話したくなったよ
    4. 空想☆ハレーション
    5. 君と出逢わなかった僕
    6. コンビニ
    7. Starfish
    8. my wish
    9. おかえり。
    10. EXIT ~Reborn~
  1. CIRCLE
    • 2014年10月11日発売
    1. CIRCLE
    2. 君とロケット
    3. Tokyo
    4. 日当たりの良すぎる部屋
    5. カナリヤ
    6. SPARKLE!!
    7. 彗星カウントダウン
    8. 繊細ヒーロー
    9. It's all right!
    10. LAST PLANET
    11. 君がいた月
    12. ひかり電車
    13. 星の降らせ方

カヴァー曲[編集]

REBECCA土橋安騎夫プロデュースの元、同バンドの「WHITE SUNDAY」をカバー。アルバム『THE BEST OF ALL TIME』に収録、2012年発売。

歌唱参加[編集]

iPhone、iPod touch および iPad 対応の知育アプリ『おやこでリズムえほん』にて歌唱参加。

林桃子名義

シングル[編集]

  1. 『You make me happy!』
  2. 『H@ppy Together!!!』

アルバム[編集]

  1. 『フレッシュプリキュア! ボーカルアルバム1 ~太陽の子供たちへ~』(2009年7月23日)
    • Special Thanks
    • (^^)ハナマルスマイル(^^) ※M*cube名義(茂家瑞季・工藤真由・林桃子)
  2. 『フレッシュプリキュア! ボーカルアルバム2 ~笑顔のおくりもの』(2009年11月26日)
    • いつもココロにほほえみを
    • ハピネス☆Wonder land~笑顔のおくりもの~
      • (※いずれもM*cube名義)

映画主題歌[編集]

映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!

映画 フレッシュプリキュア! おもちゃの国は秘密がいっぱい!?

  • ED曲『H@ppy Together!!! for the Movie』参加

映画 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ! 世界をつなぐ☆虹色の花

『プリキュアオールスターズDX the DANCE LIVE ~ミラクルダンスステージへようこそ~』


楽曲提供[編集]

2005年

  • 猫叉Master(佐藤直之)作曲の任天堂Wiiゲームソフト「Elebits」(KONAMI)のテーマソング「The Smile of You」日本語ver.共作で作詞。(heidy名義) 

2006年

2012年

2013年

  • KONAMIから発売の猫叉Master(佐藤直之)のアルバム「Crevice」収録「WORLD COLOR」「Rainbow after snow」の作詞・歌唱担当。「Rainbow after snow」はアーケードゲームbeatmania IIDX 20 tricoro及び、jubeat saucerでプレイができる。
  • 同社発、REFLEC BEAT colette内楽曲「Flying Soda」に猫叉Master feat.林ももことして作詞・歌唱。(後にサントラに収録。)
  • テレビアニメドキドキ!プリキュアのボーカルアルバム「Jump up, GIRLS!」にて、「夏の流星群」、「I'm home」(本人歌唱)楽曲提供。
  • KONAMI発のアーケードゲームREFLEC BEATにてQrispy Joybox feat.林ももことして「ロボット☆ライフ」に作詞・歌唱参加(後にサントラ発売、フルバージョンが収録された)

2014年

  • 週刊少年ジャンプで連載されていた『WILD HALF』の舞台主題歌「君のそばで」工藤真由作曲、コーラス参加

2015年 KONAMIから発売の猫叉Master(佐藤直之)のアルバム「follow slowly」収録「Flying Soda」(full ver.)の作詞・歌唱担当。

出演[編集]

【2009年】[編集]

東京国際アニメフェア@東京ビッグサイト出演 KIDS STATION『アニぱら音楽館』出演 フレッシュプリキュアミュージカルショー(梅田芸術劇場神戸文化会館浜松アクトシティ富士ロゼシアター郡山文化会館岩手県民会館等)出演 よみうりランドオープンシアターEASTにて単独でのフレッシュプリキュアミニライブ出演 フレッシュプリキュアクリスマスコンサートスペシャル出演(和歌山ABCアドベンチャーホール)

【2011年】[編集]

【2012年】[編集]

  • 全国各地を廻る「桜前線ツアー」を慣行。終了後、「桜前線報告会」なる裏ワンマンライブを開催。

大盛況を迎える。

  • 和歌山マリーナシティで年末開催のFM802カウントダウンライブでは東京組としてmihimaru GTと共に登場。

【2013年】[編集]

  • 5月から毎月主催2マンライブを慣行。8月にはばんばひろふみをゲストに迎え、大阪ライブハウスSOMAにてワンマンライブを慣行。
  • ライブサーキット2013ファイナルを渋谷O-nestにて終了させる。
  • 和歌山マリーナシティで年末開催のFM802カウントダウンライブでは和歌山ゆかりのアーティストやSEAMO等と会場を大いに湧き上がらせた。

【2014年】[編集]

  • 朝日放送で毎週日曜日放送のアニメ『ドキドキ!プリキュア』のアルバム収録曲「夏の流星群」「I'm home」を楽曲提供、歌唱担当。 『プリキュアメドレー2013 ver.』で歌唱参加。 スクウェア・エニックスから発売されたスマホ向けアクションゲーム『GUNS&SOULS』にて[モモコ・デュメル]として本人をモチーフにしたキャラクターのテーマソングを担当。 秋から初の東名阪ワンマンツアーを開催。数百人を動員。

【2015年】[編集]

  • KONAMI発売の猫叉Master氏のアルバム「Fllow Slowy」収録「Flying Soda(作詞)」「TWINKLING」歌唱担当。オリコンチャートを賑わす。 映画「プリキュアオールスターズ春のカーニバル」では林ももこ歌唱のフレッシュプリキュアED「Youmake me happy!!」が使用され、世代を超えたファンに届けることとなる。 2015年TRYANGLE企画を旗揚げ。二ヶ月に一度開催さまざまなアーティストとのコラボレーションやリリースを展開。アニメソングからシンガーソングライターシーンへと幅広く活動。

【2016年】[編集]

  • 自身初となるホールワンマンライブ『林ももこ Concert 2016-CLEAR-』を渋谷マウントレーニアホールにて開催。大盛況の内に幕を閉じる。また同日5枚目のアルバム『I:』発売。現在もライブやイベントを中心に活動中。

外部リンク[編集]