外国人研修制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

外国人研修制度(がいこくじんけんしゅうせいど)とは、開発途上国への国際貢献と国際協力を目的として、日本の技術・技能・知識の修得を支援する制度である。

歴史[編集]

1960年代後半に、海外進出した日本企業が現地法人から現地社員を招聘し、技術や知識を習得した現地社員が、帰国後、その技術を母国(開発途上国)で発揮させたことから、国際貢献と国際協力の一環として1981年に在留資格が創設された。

外国人研修制度の推進団体である財団法人国際研修協力機構(JITCO)は、研修生・技能実習生の受入れを行おうとする、あるいは行っている民間団体・企業等や諸外国の送出し機関・派遣企業に対し、総合的な支援・援助や適正実施の助言・指導を行っている[1]。また、研修生・技能実習生に対し、その悩みや相談に応えるとともに入管法令・労働法令等の法的権利を保障し、研修・技能実習の成果向上、研修生・技能実習生の受入れ機関と送出し機関等を支援している。1993年には、「学ぶ活動」である研修に加えて、「労働者として」実践的な技能・技術を修得するための技能実習制度が導入された。2010年7月1日に出入国管理及び難民認定法 が改正され、生産活動などの実務が伴う技能習得活動は技能実習制度に一本化された。ただし、在留資格としての「研修」は廃止されず、座学など実務が伴わない形での技能習得のみが認められる資格として存続する。

理念と基本枠組み[編集]

「外国人研修生」は、民営または国公営の送出し機関から送出されて来日し、日本側の受入れ機関において研修する。研修生の滞在期間は、基本的には1年以内である。開発途上国への技術移転を確実に行うため研修計画が作成され、研修生はこれにそって研修する。その後、国の技能検定基礎2級相当に合格する等、所定の要件を満たした場合には、同一機関(会社)で実践的な技術習得のために雇用関係の下で更に2年間滞在することが可能となる。これを技能実習といい、研修・技能実習と合わせると最長3年間の滞在期間となる。受入れ方式は大きく二種類に分かれ、事業協同組合や商工会議所等がそのメンバーである企業等と協力して行う研修生を受入れる形態を「団体監理型」といい、受入れ機関の合弁企業・現地法人・一定の取引先企業等から企業単独で受入れる形態を「企業単独型」という。受入れが可能な研修生数は、原則として、受入れ企業の常勤職員20名に付き、研修生1名である。ただし、「団体監理型」では、受入れ可能な人員の枠が緩和されている。近年、「団体監理型」による研修生の受入れが拡大しているが、問題点も多い。

制度の問題点[編集]

近年では研修生の急増に比例するように、人権蹂躙や事件が多発している。

典型的な事例は、パスポート取上げ、強制貯金、研修生の時間外労働、権利主張に対する強制帰国、非実務研修の未実施、保証金・違約金による身柄拘束、強制帰国を脅し文句に使って性行為を迫るような性暴力などで、2006年にはトヨタ自動車の下請け企業23社での最低賃金法違反、また岐阜県内の複数の縫製工場では時給300円で残業させていたことなどが報道された。ただし、来日前の契約では研修生本人たちが進んでこの金額での労働に同意していた事実も数多く存在する[2][3]

また、制度の趣旨と実態の乖離も指摘されている。いわゆる3K職種など日本人労働者を確保できなかったり、中国などの外国製品との価格競争にさらされている中小企業が、本来の目的である国際貢献ではなく、低賃金の労働力確保のために本制度を利用するケースが目立ち、研修生の中にも技能修得ではなく「出稼ぎ」として来日する者がいる[4]

このほか、1997年、技能実習期間を1年から2年に延長するときの国会論議を契機にKSD中小企業経営者福祉事業団(当時)と自民党議員の贈収賄事件が発生した(KSD事件)。

また、愛媛県今治市の杉野綿業(タオル製造会社)で、経営者が、中国人研修生3人に対し、未払い賃金を支払うよう労働基準監督署から是正勧告を受けたが、支払いを免れるため、研修生3人を騙して中国へ連れて行き、置き去りにするという事態も発生している[5]2013年4月3日には、実習先の長崎県長与町の企業から給与が10万円しか支払われず、また寮の居住費や仲介業者への支払いなどを天引きされたことで事実上1万円程度しか支払いを受けられなかったなどとして、バングラデシュ国籍の女性が、当該の企業と仲介業者などを相手取り京都地裁に訴訟を起こしている[6]2015年6月には、技能実習で来日し茨城県行方市内のシソ農家で働いていた中国人女性が、セクシャルハラスメントを受けた上、残業代も一部のみにとどまっているなどとして、水戸地方裁判所に当該のシソ農家およびその農家が加盟する受け入れ団体『協同組合つばさ』に対する訴訟を提起。また、この女性を助けようとして受け入れ団体を解雇されたとして、団体の元職員も訴えを起こしている[7]

米国務省の国別人権報告書では2006年版報告書からこの制度(Foreign Trainee)の問題を取り上げ、非人権的な状況に置かれている研修生の状況把握や問題解決などを指摘。2010年には技能実習制度(Technical Intern)を追加し指摘は続いている[8][9][10][11][12][13][14][15][16][17][18][19][20][21][22][23][24][25][26]。同じく人身売買に関する2007年版報告書からの制度(Foreign Trainee)の問題を取り上げ、非人権的な状況に置かれている研修生の状況把握や問題解決などを指摘、同年7月1日には米国務省マーク・レーゴン人身売買監視・対策室長が来日して日本側に制度の廃止を提案した。2010年には技能実習制度(Technical Intern)を追加し、2013年に(Foreign Trainee)は言及されなくなったもの指定は続いている[27][28][29][30][31][32][33][34][35]

元法務副大臣の河野太郎議員(自民党)は自身のブログにて、本制度も含めた日本の外国人労働者受け入れ政策を「ほとんどイカサマ」と発言するなど[36][37][38]、問題認識は広がりつつある。しかしながら、政府の審議会・研究会やプロジェクトチームでは存続・拡大路線が主流であり、研修・技能実習の期間を最大5年に拡大することや再研修が議論されている。確かに円満な研修・技能実習を実施している企業もあり、受け入れ企業のみならず研修生からも期間延長や再入国を求める声がしばしば聞かれるが、制度拡大と同時に、上記のような人権侵害の防止も必須の課題である[39]

こうした問題事例の多発を受け、法務省は2007年12月26日に「研修生及び技能実習生の入国・在留管理に関する指針」を改訂した[40]。上記問題点でも挙げられている受け入れ機関による研修生のパスポートの保管について、研修生本人の要望があったとしても認めないとするなど従来よりも厳しい内容となっている。本指針に違反する行為があれば、3年間の研修生受け入れ停止などの処分を受けることとなる。

しかしながら、2011年6月27日に米国務省は、世界各国の人身売買の実態をまとめた年次報告書を発表したが、この中で日本について外国人研修制度に関し、人身売買という状態の一因となる借金による束縛、移動の制限、賃金残業代の未払い、詐欺、研修生を他の雇用主の下で働かせるなどの悪用事例が報告されているとし、2001年の年次報告書から続くTier 2「人身売買撲滅のための最低基準を十分に満たしていないが、満たすべく著しく努力している」国に分類した。

制度改正の動き[編集]

改正までの経緯[編集]

高まる批判を背景に2006年12月には規制改革・民間開放推進会議が答申において、2009年の通常国会までに研修生保護に関する法案を国会に提出するように求め、改革への取り組みが本格化した。

厚生労働省は省内に研究会を設け、改正案として、団体監理型の研修の代わりに技能実習を3年として労働法令による保護を強化することなどを盛り込んだ中間報告書を2007年5月に公表した[41]

経済産業省も研究会を設置し、最初の1年の研修期間はそのままとする一方、研修生の相談窓口などの保護制度の強化、また技能実習終了時に技能評価試験を課し、合格者にはより高度な実習を受けるために再来日する機会を認めるとした改正案を2007年5月に公表した[42]

また自民党は外国人研修・技能実習制度を抜本的に見直し、移民庁の設置を含む外国人定住を推進する法律について検討を行っており、上記の規制改革・民間開放推進会議の答申通り、2009年の通常国会への提出を目指している[43]。ここでいう移民とは永住者ではなく「一定期間の間、日本で働く外国人」を指しており、実質的には厚生労働省の改正案の骨子である「研修廃止・技能実習3年化」に近い。また移民庁設置は、外国人研修・技能実習制度の所管官庁が法務省や厚生労働省・経済産業省など複数にまたがってしまい、研修生の権利保護や失踪防止などの措置が十分に行えなかった反省を反映したものと思われる。

入管法改正[編集]

2009年3月6日、以下の内容を含む出入国管理及び難民認定法改正案が閣議決定され[44]、4月24日より衆議院法務委員会にて審議入りした。自民党・民主党などの与野党多数の賛成により、6月18日に衆院本会議、7月8日に参院本会議で可決されて成立した。2010年7月1日には、技能実習制度関連の改正が施行された。

  • 在留資格「技能実習」の創設(従来は1年目は「研修」、2,3年目は「特定活動」)
  • 研修生は入国後2ヶ月間は講習を受講(母国で1ヶ月の講習により、入国後の講習を1ヶ月まで短縮可能)。内容は日本語や生活習慣、法令等に関する知識など。
  • 講習修了後は、企業との雇用契約に基づく(最低賃金等の労働法令が適用された)技能修得活動に従事可能。
  • 入国後2年目以降は1年目に修得した技能を要する業務に従事可能。
  • 期間は、講習及びその後の活動を合わせて最長3年間。
  • 受け入れ団体の企業に対する指導・監督・支援の強化。
  • 不正行為を行った企業の受け入れ禁止期間を従来の3年から5年に延長。

関連統計[編集]

「法務省出入国管理関連統計」によると、外国人研修生の入国は年々増加しており、2005年で83,319人、そのうち、財団法人国際研修協力機構(JITCO)が支援した研修生総数は57,050人(団体監理型:49,480人、企業単独型:7,570人)となっている。(2006年度版JITCO白書より)入国する外国人研修生の国籍は、中国が55,156人と全体の66.2%を占める。(2005年) ほかにインドネシアタイベトナムネパールなどからの受け入れもある。 [1]

関連図書[編集]

  • 外国人研修・技能実習事業実施状況報告 JITCO白書
  • 今野浩一郎佐藤博樹編『外国人研修生 研修制度の活用とその実務』(東洋経済新報社、1991年10月)ISBN 978-4-492-55190-5
  • 建設業外国人問題研究会『建設業における外国人労働者問題と外国人研修生の受入れ』(大成出版社、1998年7月)ISBN 978-4-8028-8263-7
  • 外国人研修生問題ネットワーク『まやかしの外国人研修制度』(現代人文社、2000年5月)ISBN 978-4-87798-019-1
  • 外国人研修生問題ネットワーク『外国人研修生時給300円の労働者 壊れる人権と労働基準』(明石書店、2006年6月)ISBN 978-4-7503-2359-6
  • 安田浩一『外国人研修生殺人事件』(七つ森書館、2007年)ISBN 978-4-8228-0738-2
  • 榑松佐一『トヨタの足元で ベトナム人研修生・奪われた人権』(風媒社、2008年11月)ISBN 978-4-8331-1080-8
  • 「外国人労働者問題とこれからの日本」編集委員会『〈研修生〉という名の奴隷労働 外国人労働者問題とこれからの日本』(2009年2月、花伝社)ISBN 978-4-7634-0537-1
  • 外国人研修生問題ネットワーク『外国人研修生時給300円の労働者2 使い捨てをゆるさない社会へ』(明石書店、2009年3月)ISBN 978-4-7503-2948-2
  • 安田浩一『ルポ 差別と貧困の外国人労働者』(光文社新書、2010年)ISBN 978-4-334-03568-6

報道[編集]

経済連携協定

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国際研修協力機構(公式サイト)
  2. ^ 連合|連合の外国人労働者問題に関する当面の考え方(外国人労働者)
  3. ^ 連合|新たな外国人研修・技能実習生制度の追加政策について(外国人労働者)
  4. ^ 日本の農業を支えているのは劣悪環境に耐え忍ぶ外国人研修生 - ビジネススタイル - nikkei BPnet
  5. ^ 賃金未払い:「100万円渡す」研修生だます 愛媛・タオル会社、払わず中国に放置 毎日新聞 2008年4月26日
  6. ^ 外国人実習生:未払い賃金求め提訴 長崎の会社に 毎日新聞 2013年4月3日
  7. ^ 提訴:技能実習中国人「セクハラと賃金未払い」 茨城 毎日新聞 2015年6月27日
  8. ^ Human Rights Reports
  9. ^ Japan - 2006 Country Reports on Human Rights Practices
  10. ^ Japan - 2007 Country Reports on Human Rights Practices
  11. ^ 2008 Human Rights Report: Japan
  12. ^ 2009 News Archives | 東京, 日本 - 米国大使館 - 国務省、2008年国別人権報告書を発表
  13. ^ 2009 Human Rights Report: Japan
  14. ^ 過去の記事一覧 | 東京, 日本 - 米国大使館 - 2009年国別人権報告書 発表
  15. ^ 2010 Human Rights Report: Japan
  16. ^ 大使館からのニュース | 東京, 日本 - 米国大使館 - 2010年国別人権報告書を発表
  17. ^ Country Reports on Human Rights Practices for 2011
  18. ^ 大使館からのニュース | 東京, 日本 - 米国大使館 - クリントン国務長官、2011年国別人権報告書を発表
  19. ^ Country Reports on Human Rights Practices for 2012
  20. ^ 大使館からのニュース | 東京, 日本 - 米国大使館 - 国務省、2012年国別人権報告書を発表
  21. ^ Country Reports on Human Rights Practices for 2013
  22. ^ その他の分野 | 東京, 日本 - 米国大使館 - 2013年国別人権報告書―日本に関する部分
  23. ^ Country Reports on Human Rights Practices for 2014
  24. ^ 大使館からのニュース | 東京, 日本 - 米国大使館 - 国務省、2014年国別人権報告書を発表
  25. ^ Country Reports on Human Rights Practices for 2015
  26. ^ 大使館からのニュース | 東京, 日本 - 米国大使館 - 2015年国別人権報告書を発表
  27. ^ Trafficking in Persons Report
  28. ^ Country Narratives -- Countries H through P - Trafficking in Persons Report 2007
  29. ^ Country Narratives -- Countries H through R - Trafficking in Persons Report 2008
  30. ^ Trafficking in Persons Report 2009 Country Narratives -- Countries D Through K
  31. ^ Trafficking in Persons Report 2010 Country Narratives -- Countries G Through M
  32. ^ Trafficking in Persons Report 2011 Country Narratives -- Countries G Through M
  33. ^ 大使館からのニュース | 米国大使館 東京・日本 - 2011年人身売買報告書を発表
  34. ^ Trafficking in Persons Report 2012 Country Narratives -- Countries G Through M
  35. ^ 大使館からのニュース | 米国大使館 東京・日本 - 2012年人身売買報告書を発表
  36. ^ 外国人労働者の受け入れを本音で議論しよう|河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり(河野太郎発行メルマガ「ごまめの歯ぎしり」ブログ版、2006年9月29日)
  37. ^ FCCJ - Press Conference: Taro Kono, Member of the House of Representatives, LDP
  38. ^ ▶ Taro Kono: An LDP skeptic voices his views, especially on economic measures - YouTube
  39. ^ 第一東京弁護士会「外国人研修生・技能実習生制度に対する意見書」2009年3月10日
  40. ^ 法務省入国管理局:「研修生及び技能実習生の入国・在留管理に関する指針(平成19年改訂)」の策定について
  41. ^ 厚生労働省:「研修・技能実習制度研究会中間報告書」の公表について
  42. ^ 経済産業省:報道発表「外国人研修・技能実習制度に関する研究会とりまとめ報告」
  43. ^ 自民、外国人定住へ基本法・「移民庁」設置など検討 日本経済新聞 2008年5月5日
  44. ^ 「研修・技能実習制度の現状及び制度改正の概要について」 法務省(高度人材受入推進会議第4回実務作業部会 平成21年3月24日)