佐藤博樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 博樹(さとう ひろき、1953年2月17日 - )は、日本社会学者中央大学大学院戦略経営研究科教授。東京大学名誉教授

東京都生まれ。一橋大学大学院社会学研究科で労働問題の津田真澂教授に師事[1]し、専門は産業社会学。近年は人的資源管理・労使関係に関する研究が多い。冲永賞受賞。

学歴[編集]

職歴[編集]

受賞[編集]

著書[編集]

共著[編集]

編著[編集]

  • 『パート・契約・派遣・請負の人材活用』(日本経済新聞社[日経文庫], 2004年)
  • 『変わる働き方とキャリア・デザイン』(勁草書房, 2004年)

共編著[編集]

  • Japanese Labour and Management in Transition: Diversity, Flexibility and Participation, co-edited with Mari Sako, (Routledge, 1997).
  • 武川正吾)『企業保障と社会保障』(東京大学出版会, 2000年)
  • 石田浩池田謙一)『社会調査の公開データ――2次分析への招待』(東京大学出版会, 2000年)
  • 岩井紀子)『日本人の姿――JGSSにみる意識と行動』(有斐閣, 2002年)
  • 玄田有史)『成長と人材――伸びる企業の人材戦略』(勁草書房, 2003年)
  • 佐藤厚)『仕事の社会学――変貌する働き方』(有斐閣, 2004年)

脚注[編集]