津田真澂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

津田 真澂(つだ ますみ、1926年2月25日 - 2005年9月2日経営学者。一橋大学名誉教授。

東京出身。東京帝国大学経済学部卒。武蔵大学講師、助教授、教授、中央大学教授、1970年一橋大学社会学部教授。1989年一橋大を定年退職し、青山学院大学教授、一橋大学名誉教授。1962年「現代アメリカ労働組合の構造」で東京大学経済学博士、1986年「日本的経営の論理」で一橋大社会学博士中央最低賃金審議会会長などを務めた。アメリカ・日本の労働問題研究、日本的経営論。[1]

津田ゼミ出身者として林大樹一橋大学教授や、逢見直人日本労働組合総連合会事務局長などがいる。

著書[編集]

  • 『労働問題と労務管理 経営労務の研究』ミネルヴァ書房 社会科学選書 1959
  • 『労務管理』ミネルヴァ書房 現代経済学全書 1965
  • 『アメリカ労働組合の構造 ビジネス・ユニオニズムの生成と発展』日本評論社 1967
  • 『年功的労使関係論』ミネルヴァ書房 経営経済学選書 1968
  • 『労使関係の国際比較 35か国の比較研究』日本労働協会 1969
  • 『日本の労務管理』東京大学出版会 UP選書 1970
  • 『アメリカ労働運動史』総合労働研究所 1972
  • 『日本の都市下層社会』ミネルヴァ書房 1972
  • 『集団主義経営の構想』産業労働調査所 1973
  • 『日本的経営の擁護』東洋経済新報社 東経選書 1976
  • 『高齢・高学歴下の日本的経営 中年層軸人事への移行』日本経営者団体連盟弘報部 1977
  • 『人事労務管理の思想』有斐閣新書 1977
  • 『日本的経営の論理』中央経済社 1977
  • 『日本的経営の台座』中央経済社 1980
  • 『労使関係』日本経済新聞社 日経文庫 経営学入門シリーズ 1980
  • 『現代経営と共同生活体 日本的経営の理論のために』同文館出版 1981
  • 『人事管理の現代的課題 日本的経営の理論のために』税務経理協会 1981
  • 『日本的経営の進路 経営者への一書』中央経済社 1982
  • 『人事・労務管理』放送大学教育振興会 1985
  • 『経営戦略と基盤人事 新時代の経営に向けて』日本経営者団体連盟弘報部 1987
  • 『人事革命 組織・人が生き返る"クラスター戦略"』ごま書房 1987
  • 『日本的経営の人事戦略』同文館出版 1987
  • 『日本的経営はどこへ行くのか 雇用が変わる人材が変わる』PHP研究所 1987
  • 『企業は人を捨て国を棄てる 「半身雇用」時代を生き抜く思想』ネスコ 1988
  • 『情報化経営の時代 第二の産業革命下での日本的経営の行方』如水会 一橋選書 1989
  • 『日本的情報化経営 二十一世紀型企業への新戦略』プレジデント社 1990
  • 『人工化社会と電脳文化 二一世紀の「こころ」の問題』有斐閣 1992
  • 『人間関係 集団と個人』日本労働研究機構 1993
  • 『日本の経営文化 二十一世紀の組織と人』ミネルヴァ書房 Minerva21世紀ライブラリー 1994
  • 『新・人事労務管理』有斐閣 1995
  • 『日本的経営の原点』生産性出版 2003

共編著[編集]

  • 『コンピュータと人事管理 EDP化のすすめ方』工藤信男共編著 総合労働研究所 1968
  • 『人事・労務管理の基礎知識 理論と実際の総合的理解』白木他石共編 有斐閣ブックス 1976
  • 『定年延長・再雇用制 その取り組み方と実際』編 日本経営者団体連盟弘報部 1981
  • 『現代の日本的経営 国際化時代の課題』責任編集 有斐閣 現代経営学 1982
  • 『現代の労務管理と労使関係 高齢化・高学歴化への適応』責任編集 有斐閣 現代経営学 1982
  • 『日本的経営と産業社会』名東孝二青沼吉松共編 新評論 1982
  • 『現代の経営管理 1 生産・人事労務・原価』清水敏允ほか共著 春秋社 現代経営学 1983
  • 『社会政策の思想と歴史 大陽寺順一教授還暦記念論文集』山田高生共編 千倉書房 1985
  • 『新世代サラリーマンの生活と意見 「団塊の世代」から「新人類」まで』編著 東洋経済新報社 東経選書 1987
  • 『人事労務管理』編著 ミネルヴァ書房 1993
翻訳
  • B.M.フライシャー『労働経済学』総合労働研究所 1974

[編集]

  1. ^ 日本人名大辞典