久米寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
久米寺
Kumedera1.jpg
本堂
所在地 奈良県橿原市久米町502
位置 北緯34度29分4.43秒 東経135度47分24.11秒 / 北緯34.4845639度 東経135.7900306度 / 34.4845639; 135.7900306座標: 北緯34度29分4.43秒 東経135度47分24.11秒 / 北緯34.4845639度 東経135.7900306度 / 34.4845639; 135.7900306
山号 霊禅山
院号 東塔院
宗派 真言宗御室派
本尊 薬師如来
創建年 7世紀末(白鳳時代[1]
開基 伝・来目皇子、もしくは伝・久米仙人
札所等 西国薬師四十九霊場第7番
仏塔古寺十八尊第9番
聖徳太子霊跡第32番
大和北部八十八ヶ所霊場第88番
大和七福八宝めぐり寿老人
文化財 多宝塔重要文化財
法人番号 3150005004953 ウィキデータを編集
久米寺の位置(奈良県内)
久米寺
テンプレートを表示

久米寺(くめでら)は、奈良県橿原市久米町にある真言宗御室派寺院[2]。本尊は薬師如来坐像[1]。開基(創立者)は聖徳太子の弟の来目皇子(くめのみこ)ともいうが未詳[1]。『扶桑略記』や『今昔物語集』においては娘のふくらはぎに見とれて空から落ちたという久米仙人により創建されたと伝えられる[1]。また、空海ゆかりの寺であり、「真言宗発祥の地」とされる。

歴史[編集]

大和三山の1つ、畝傍山の南方に位置し、橿原神宮からも近い[3]。開基は聖徳太子の弟・来目皇子(くめのみこ)とも久米仙人とも伝わるが、詳細は不明である。また、創建年代は推古天皇2年(594年)ともされるが、これも詳細は不明である。

『和州久米寺流記』には来目皇子の開基を伝える。一方、『扶桑略記』『七大寺巡礼私記』などは当寺を久米仙人と結び付けている。久米仙人の伝説(後述)がフィクションであることはいうまでもなく、創建の正確な事情は不明だが、ヤマト政権で軍事部門を担当していた部民久米部の氏寺として創建されたとする説が提唱されていた[4]。しかし、境内で出土した瓦と同じ木型で作られた瓦が藤原宮興福寺から出土していることなどから、興福寺前身寺院の厩坂寺に比定する学説が現在では有力である[5]。境内には東塔の大きな礎石が残り、境内から出土する瓦の様式から見ても創建は7世紀末(白鳳時代)にさかのぼると思われる。

空海(弘法大師)は当寺の東塔において真言宗の根本経典の1つである『大日経』を感得(発見)したとされている[1]。空海が撰文した「益田池碑銘并序」(ますだいけひめいならびにじょ)には、「来眼精舎」(くめしょうじゃ)として言及されており、空海とは関係があったと思われる。に留学した空海が大同2年(807年)に帰国すると、当寺で真言密教を宣布している。このため、当寺は「真言宗発祥の地」とされ、空海が真言宗を開く端緒を得た寺として知られている[2]

なお、橿原市の隣の明日香村奥山の「奥山廃寺跡」はかつては「奥山久米寺跡」と呼ばれ、久米寺の「奥の院」と考えられていたが、発掘調査の結果、この寺跡は7世紀前半に建立された「小墾田寺」(小治田寺)の跡とみられ、久米寺とは無関係とされている[6]

南に隣接する久米御縣神社は、かつての久米寺の鎮守社である。

久米仙人の伝説[編集]

久米仙人による開基伝承は『扶桑略記』『七大寺巡礼私記』などのほか、『今昔物語集』巻十二本朝仏法部にも収録され、『徒然草』にも言及されている著名な話である。それによると、吉野龍門寺の久米仙人は仙術で空を飛べるようになったが、ある日空を飛んでいる時、川で洗濯をしている女のふくらはぎに見とれて法力を失い、地上に落ちてしまった[1]。久米仙人はその女とめでたく結婚。その後は普通の俗人として暮らしていた。その後、時の聖武天皇が遷都を行うことになり、俗人に戻った久米仙人は遷都のための工事に携わる労働者として雇われ、材木を運んだりしていた。ある日仕事仲間から「お前も仙人なら、仙術を使って材木など一気に運んでしまったらどうだ」とからかわれた。一念発起した久米仙人は7日7晩祈り続けた後、仙力を回復。久米仙人の仙術で、山にあった材木が次々と空へ飛び上がり、新都へと飛んで行った[1]。これを喜んだ天皇は久米仙人に免田30町を与えた[3]。これによって建てたのが久米寺であるという話である[1]

境内[編集]

多宝塔(重要文化財)

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 多宝塔

年中行事[編集]

  • 久米寺練供養(5月3日)

前後の札所[編集]

西国薬師四十九霊場
6 新薬師寺 - 7 久米寺 - 8 室生寺
仏塔古寺十八尊
8 当麻寺西南院 - 9 久米寺 - 10 浄瑠璃寺
聖徳太子霊跡
31 西教寺 - 32 久米寺 - 33 西方院
大和北部八十八ヶ所霊場
87 額安寺 - 88 久米寺 - 番外 東大寺戒壇院
大和七福八宝めぐり寿老人

アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j 『奈良県の歴史散歩 下 奈良南部』奈良県高等学校教科等研究会歴史部会、山川出版社〈歴史散歩 29〉、2007年、11-12頁。ISBN 978-4-634-24829-8
  2. ^ a b 仏塔古寺十八尊霊場会 - 第9番 霊禅山 久米寺
  3. ^ a b 久米寺(橿原市公式サイト)
  4. ^ 福山敏男『奈良朝寺院の研究』(高桐書店、1948);薮中五百樹「奈良時代に於ける興福寺の造営と瓦」『南都仏教』64(南都仏教研究会、1990)、17-51 頁;薮中五百樹「興福寺の前身・山階寺と厩坂寺をめぐって」『仏教芸術』234 号(仏教芸術研究会、1997)、117-140 頁
  5. ^ 森郁夫「興福寺式軒丸瓦」『文化財論叢』(奈良国立文化財研究所、1983)、pp. 571-585 ;山崎信二「藤原宮造瓦と藤原宮の時期の各地の造瓦」『文化財論叢Ⅱ』(奈良国立文化財研究、1995)、pp.249-271 ;奥村茂樹「創建期興福寺の瓦生産」『瓦衣千年―森郁夫先生還暦記念論文集―』(森郁夫先生還暦記念論文集刊行会、1999)、pp.272-285;吉川真司「藤原鎌足と三島別業」『藤原鎌足と阿武山古墳 文化財シンポジウム記録集』(茨木市教育委員会、2009)、31-37 ;新尺雅弘「久米寺式軒瓦の成立と展開」『考古学研究』66-2(考古学研究会、2019)、pp.62-82
  6. ^ 木下正史『飛鳥幻の寺、大官大寺の謎』(角川書店、2005)、pp.121 - 122; 森郁夫『一瓦一説』(淡交社、2014)、pp.64 - 66

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、久米寺に関するカテゴリがあります。