藤原宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤原宮 大極殿院閤門跡
列柱は実際位置から南30メートルで標示。奥に大極殿跡(樹叢)。

藤原宮(ふじわらのみや)は、古代の日本で大和の藤原の地(現在の奈良県橿原市)に営まれた宮殿である。5世紀のものと、7-8世紀(694年から711年まで)のものの2つがある。

最初の藤原宮は、允恭天皇の妃、弟姫(衣通郎姫)のために建てられたと伝えられる。『日本書紀』によれば、姫が住んだのは允恭天皇7年(418年)12月から8年(419年)2月までのわずかな期間で、その後天皇の居所からさらに離れた河内の茅渟に移された[1]。これは多分に伝説的なものである。

二度目の、有名な藤原宮は、持統天皇が造った藤原京の宮殿である。持統天皇4年(690年)10月29日に太政大臣高市皇子が宮の場所を視察し、8年(694年)12月6日に天皇が遷った[2]。和銅3年(711年)3月10日に元明天皇が平城宮に遷るまで用いられた[3]。宮地は発掘調査されている。詳しくは藤原京を参照のこと。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』巻第13、允恭天皇7年12月壬戌朔条、8年2月条。
  2. ^ 『日本書紀』巻第13、持統天皇4年10月壬申条、8年春12月乙卯条。
  3. ^ 『続日本紀』巻第5、和銅3年3月辛酉条。

参考文献[編集]