一日散歩きっぷ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
一日散歩きっぷ

一日散歩きっぷ(いちにちさんぽきっぷ)とは、北海道旅客鉄道(JR北海道)が発売する特別企画乗車券の名称である。

概要[編集]

  • 発売額:2,260円(こども半額)。[1][2][3]
  • 特定の区間の普通列車快速列車が1日乗り放題となる。
  • 土曜・休日のみ[4]利用可能。なお、以前は夏・冬・春の長期休暇期間や大型連休期間は毎日発売されていた[5]。発売は当日発売のみで、前売りは行っていない。
  • 特急列車急行列車には、急行券特急券を追加購入しても乗車できず、別途乗車券が必要になる(青春18きっぷなどと同様)。
  • 普通列車・快速列車(SLも含む)の指定席は、別途指定席券を購入することで利用可能。
  • 翌日にまたがって運転される列車については、0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効。札幌発の小樽・手稲、岩見沢、苫小牧・千歳、石狩当別・あいの里公園方面の最終列車を利用する場合は日付が変更される駅に注意。
  • 乗車可能な区間および発売エリアの違いで、以下のものが設定されている。
  • 一日散歩きっぷ(道央圏用)
  • 道北一日散歩きっぷ
道南一日散歩きっぷ(現在廃止)
  • 道南一日散歩きっぷ(2004年廃止)
  • 道東一日散歩きっぷ(廃止年不明)
  • 発売箇所は不明。なお、フリー区間は、根室本線新得駅釧路駅根室駅)と釧網本線東釧路駅網走駅)。
  • 廃止以降、2008年4月6日まで「チビッコまわレールきっぷ」で発売。こども単独、こども+おとなの組み合わせで利用することができた。
  • 北海道ダイヤ時刻表1997年8月号によると、フリー区間は根室本線(釧路〜根室)、釧網本線(網走〜東釧路)。発売箇所は釧路駅・網走駅、旅行センター釧路支店・旅行センター網走支店。発売額は、おとな2,040円、こども1,020円。

一日散歩きっぷ(道央圏用)[編集]

発売箇所
フリー区間
○ 新夕張〜新得
○ 占冠〜トマム
× 南千歳〜新得

道北一日散歩きっぷ[編集]

発売箇所
フリー区間

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1996年運賃改定前後で変わらず1997年3月末までは2000円(消費税3%)、1997年4月から2009年3月末までは2040円(途中でエリア拡大も変わらず)、2009年4月から2014年3月末までは2200円(消費税5%)で販売していた。
  2. ^ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2009/090212-1.pdf
  3. ^ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2014/140224-2.pdf
  4. ^ http://www.jrhokkaido.co.jp/network/kipp/pdf/sanpo.pdf
  5. ^ 年末年始の例としては、2011年12月23日〜2012年1月15日。JR時刻表2014年4月号によれば、11月までの土休日と3月26日〜31日、4月26日〜5月6日、7月19日〜8月17日。

外部リンク[編集]