マケドニア共和国のユーロビジョン・ソング・コンテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マケドニア共和国
Flag
加盟放送局 Makedonska Radio Televizija (MKRTV)
国内選考大会 スコピエ・フェスト
出場
出場回数 16
初出場 1998
最高順位 第12位、2006
最低順位 準決勝16位、2011
外部リンク
MKRTV page
Eurovision.tvのマケドニア共和国のページ

マケドニア共和国のユーロビジョン・ソング・コンテストРепублика Македонија на Евровизија)では、マケドニア共和国におけるユーロビジョン・ソング・コンテストについて述べる。マケドニア共和国は、「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」(略称: FYR Macedonia[1])の呼称でユーロビジョン・ソング・コンテストに参加している[2]

マケドニア共和国はユーロビジョン・ソング・コンテスト1998で大会に初出場したが、ユーロビジョン・ソング・コンテスト1996でも予選に参加している。参加したのはカリオピの「Samo ti」(Само ти)であったが、決勝に進むことはできなかった。

マケドニア共和国が最高の順位につけたのは、ギリシャアテネで開かれたユーロビジョン・ソング・コンテスト2006であり、エレナ・リステスカが「Ninanajna」(Нинанајна)を歌い、12位となった。2008年までの間、翌年大会で自動的に決勝進出が決まる10位以内に進むことは一度もなかったが、ユーロビジョン・ソング・コンテスト2008を除いて1998年以降全て決勝進出を決めている。2008年大会に参加したのはタマラ・トデフスカヴルチャクアドリアン・ガジャの3人で、彼らは準決勝では電話投票で10番目となった。決勝に進出できる10組のうち、最後の1組は電話投票ではなく審査員の推薦によって選ばれる。このとき審査員がスウェーデンを選んだため、彼らは決勝進出を果たすことができなかった。

マケドニア国営放送(Makedonska Radio Televizija; MKRTV)がこの大会を放送し、大会に参加するマケドニア共和国代表は、マケドニア国営放送のスコピエ・フェストによって選ばれる。財政難のためにスコピエ・フェストはたびたび中断されており、そのため2004年から2007年まではマケドニア代表はスコピエ・フェストの枠外にて選ばれている。

マケドニア共和国が1991年に独立を宣言する前、マケドニアはユーゴスラビア社会主義連邦共和国の構成国・マケドニア社会主義共和国であり、他のユーゴスラビア構成諸国とともにユーゴヴィジヤJugovizija)と呼ばれるユーゴスラビア国内選考に参加していた[3]。また、マケドニアの作曲者たちは他のユーゴスラビア諸国の代表の曲を制作してきた[4]。しかし、マケドニアからはユーゴスラビア代表としてユーロビジョンに参加することはできなかった。1980年には、マケドニア代表のマヤ・オジャクリエフスカ(Маја Оджаклиевска / Maja Odžaklijevska)がユーゴスラビアの国内選考で優勝したものの[3]、この年ユーゴスラビアはユーロビジョン・ソング・コンテスト1980には参加しなかった。

参加者[編集]

アーティスト 言語 決勝 得点 準決勝 得点
1996 カリオピ
Kaliopi
Калиопи
マケドニア語 "Samo ti"
Само ти
予選敗退 26 14
1997 不出場 準決勝なし
1998 ヴラド・ヤネフスキ
Vlado Janevski
Владо Јаневски
マケドニア語 "Ne zori, zoro"
Не зори, зоро
19 16
1999 不出場
2000 XXL
XXL
マケドニア語、英語 "100% te ljubam"
100% те љубам
15 29
2001 不出場
2002 カロリーナ・ゴチェヴァ
Karolina Gočeva
Каролина Гочева
マケドニア語 "Od nas zavisi"
Од нас зависи
19 25
2003 不出場
2004 トシェ・プロエスキ
Toše Proeski
Тоше Проески
英語 "Life" 14 44 10 71
2005 マルティン・ヴチッチ
Martin Vučić
Мартин Вучиќ
英語 "Make My Day" 17 52 9 97
2006 エレナ・リステスカ
Elena Risteska
Елена Ристеска
英語、マケドニア語 "Ninanajna"
Нинанајна
12 56 10 76
2007 カロリーナ・ゴチェヴァ
Karolina Gočeva
Каролина Гочева
マケドニア語、英語 "Mojot svet"
Мојот свет
14 73 9 97
2008 タマラ・トデフスカヴルチャクアドリアン・ガジャ
Tamara Todevska, Vrčak and Adrian Gaxha
Тамара Тодевска, Врчак & Адријан Гаџа
英語 "Let Me Love You" 準決勝敗退 10 64
2009 ネクスト・タイム[5][6]
Next Time
マケドニア語 "Nešto što kje ostane"
Нешто што ќе остане
[5][6]
10 45
2010 ジョコ・タネスキ feat. ビリー・ズヴェル & ダミャン・ペイチノスキ[7][8]
Gjoko Taneski, Billy Zver & Damjan Pejčinoski
Ѓоко Танески, Били Звер & Дамјан Пејчиноски
マケドニア語 "Jas ja imam silata"
Јас ја имам силата
[7][8]
15 37
2011 ヴラトコ・イリエフスキ
Vlatko Ilievski
Влатко Илиевски
マケドニア語、英語 "Rusinka"
Русинка
16 36
2012 カリオピ
Kaliopi
Калиопи
マケドニア語 "Crno i belo"
црно и бело
13 71 9 53
2013 エスマ・レジェポヴァ & ヴラトコ・ロザノスキ
Esma Redžepova & Vlatko Lozanoski
Есма Реџепова & Влатко Лозаноски
マケドニア語、ロマ語 "Pred da se razdeni
Пред да се раздени
"
準決勝敗退 16 28
2014 ティヤナ・ダプチェヴィッチ
Tijana Dapčević
Тијана Дапчевиќ
英語 "To the Sky" 13 33
2015 ダニエル・カイマコスキ
Daniel Kajmakoski
Даниел Кајмакоски
英語 "Autumn Leaves" 15 28
2016 カリオピ
Kaliopi
Калиопи
マケドニア語 "Dona"
Дона

投票履歴(1998年 - 2015年)[編集]

マケドニア共和国から高得点が送られた国々:

順位 得点
1 トルコの旗 トルコ 79
アルバニアの旗 アルバニア 79
2 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ 66
3 セルビアの旗 セルビア 57
4 クロアチアの旗 クロアチア 56

マケドニア共和国に高得点を送った国々:

順位 得点
1 クロアチアの旗 クロアチア 57
2 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ 43
3 スロベニアの旗 スロベニア 37
4 アルバニアの旗 アルバニア 30
5 セルビア・モンテネグロの旗 セルビア・モンテネグロ 27

注: 得点の合計は決勝のときのもののみであり、準決勝のものは含まない。

脚注[編集]

  1. ^ Eurovision.tv: Macedonia
  2. ^ Participating member of EBU
  3. ^ a b Jugovizija statistics by year, Eurodalmatia official ESC fan club, Dalmatia, Croatia
  4. ^ Official Site of OGAE FYR Macedonia, see section: Jugovizija.
  5. ^ a b Klier, Marcus (2009年2月21日). “FYR Macedonia: Next Time to Eurovision”. ESCToday. 2009年2月21日閲覧。
  6. ^ a b Fisher, Luke (2009年2月21日). “Next Time to represent FYR Macedonia in Moscow”. Oikotimes. 2009年2月21日閲覧。
  7. ^ a b Siim, Jarmo (2010年2月20日). “Gjoko Taneski takes the FYR Macedonia ticket to Oslo”. European Broadcasting Union. 2010年2月20日閲覧。
  8. ^ a b Grillhofer, Florian (2010年2月20日). “FYR Macedonia sends Gjoko Taneski to Eurovision”. ESCToday. 2010年2月20日閲覧。