エレナ・リステスカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エレナ・リステスカ
Елена Ристеска
Elena risteska.JPG
基本情報
生誕 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビアマケドニア社会主義共和国スコピエ(現マケドニア共和国)
(1986-04-27) 1986年4月27日(34歳)
出身地 北マケドニア共和国の旗 北マケドニア
ジャンル ポップ・ミュージックR&Bヒップ・ホップ
職業 歌手
レーベル M2プロダクション
共同作業者 ダルコ・ディミトロフ

エレナ・リステスカマケドニア語:Елена Ристеска、ラテン文字転写Elena Risteska, 1986年4月27日 - )はマケドニア共和国歌手ソングライターユーゴスラビア社会主義連邦共和国マケドニア社会主義共和国スコピエ(現マケドニア共和国)出身。

来歴[編集]

デビューまで[編集]

幼い頃から音楽に関心の高かったエレナは、1994年に民俗舞踊のクラブ"Kocho Racin"に入り、歌手などとして活動していた。1996年には「Mak-Karaoke Show」でテレビに初出演。この頃から英語フランス語を学びはじめ、また民俗舞踊クラブの一員としてブルガリアを訪れている。1998年には国内外の多くのコンテストに参加し、賞を受けている。2000年にはクラブの一員としてブルガリアチェコトルコを訪れている。

デビュー後[編集]

2002年にはマケドニア共和国の音楽ベースのリアリティ・ショー番組「Play - Search For A Star」に参加、優勝し、大きく知名度を上げている。デビュー曲「Ona Drugoto」(他の事)はヒットとなり、デビュー・アルバム『Den i Nok』は売り上げを大きく伸ばした。エレナはまたソングライターとしても活動し、4Play、ランベ・アラバコスキ(Lambe Alabakoski)、Aleksandra Pileva、Maja Sazdanovska、Robert Bilbilov、Verica Pandilovska、アドリアン・ガジャ、Emil、Anja Veterovaなどのアーティストに歌を提供している。

マケドニアでの大成功に引き続いてエレナは国外へもプロモーション活動を広げ、2004年にはルーマニアブラショフチェルブル・デ・アウル国際音楽祭に参加、2005年にはモンテネグロヘルツェグ・ノヴィで行われたスンチャネ・スカレで「Ni na nebo, ni na zemja」を披露した。エレナのビデオクリップはMTV Adriaでも流れるようになり、国外での知名度も上昇していった。

ユーロビジョン・ソング・コンテスト2006[編集]

2006年3月4日、エレナは「Ninanajna」を歌ってユーロビジョン・ソング・コンテストのマケドニア代表選考を勝ち抜いた。この曲はダルコ・ディミトロフのプロデュースによるもので、歌詞はヴルチャクによって書かれた。この曲はアップテンポのポップな曲で、R&Bやダンスミュージックなどの要素を織り交ぜたものだ。ユーロビジョン・ソング・コンテストでは決勝進出を決め、12位の好成績を残した。これは、同コンテストでのマケドニアの順位として過去最高である。

2006年以降[編集]

2006年には、ダルコ・ディミトロフのプロデュース曲「Ne Mogu」でスンチャネ・スカレ・フェスティバルに参加。また、アルメニアエレバンを訪れ、ユーロビジョン・ソング・コンテスト2006のアルメニア代表Andréのコンサートにゲスト出演した。10月にはダルコ・ディミトロフのプロデュースによる新曲「Esen Vo Mene」を発表。同年松には2枚目のアルバム『192』をリリース。同アルバムにはユーロビジョン参加曲の「Ninanajna」や先の新曲「Esen vo Mene」、「Ne Mogu」などを収録している。ちなみに、192とは、マケドニア共和国で警察を呼び出す電話番号である。

2007年にはユーロビジョンのマケドニア代表を選ぶフェスティバル・スコピエ・フェスト2007にソングライターとして参加、ランベ・アラバコスキの曲「Belo e se」の作詞を担当した。この曲はフェスティバルで3位入賞した。

同じく2007年のフェスティバル、スンチャネ・スカレでは、ボスニア・ヘルツェゴビナのロック・グループレギナと共演し、彼らのヒットソング「Ljubav nije za nas」を共に歌った。この曲はその年の最優秀デュエット曲に選ばれた。

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Den i Nok(2003年)
  • 192(2006年)
  • Milioner(2008年)
  • The Very Best of ... Elena Risteska(2009年)

脚注[編集]

外部リンク[編集]