火の鳥2772

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
火の鳥 (漫画) > 火の鳥2772
火の鳥2772 愛のコスモゾーン
監督 手塚治虫
杉山卓
脚本 手塚治虫
杉山卓
製作 市川喜一
明田川進
出演者 塩沢兼人
三輪勝恵
音楽 樋口康雄
撮影 八巻磐
編集 井上和夫
配給 東宝
公開 日本の旗 1980年3月15日
上映時間 122分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

火の鳥2772』は、手塚治虫の代表作の一つ『火の鳥』シリーズの映像化作品の一つで、1980年に公開された手塚の原案・構成・総監督による劇場用アニメーション映画である。副題は「愛のコスモゾーン」。手塚自らが映像化した唯一の『火の鳥』である。

1980年にサンディエゴ・コミック・コンベンション・インクポット賞と第1回ラスベガス映画祭動画部門賞を受賞している。

作品解説[編集]

  • 漫画を原作とした他の『火の鳥』の映像と違って、永遠の生命を持ち、その生き血を飲んだ生き物が不老不死になれる火の鳥を狂言回しにした共通したテーマを持ちながらも、漫画の未来の部分をひとまとめに総括したともいうべきオリジナルストーリーによるアニメ映画となっている。広告で「スケールの大きなストーリー展開と奥深いテーマを味わうことが出来る、 手塚アニメの総決算とも言える内容」と評されていた。
  • 本作はフルアニメーションに挑戦、キャラクターごとに専任のアニメーターを配するキャラクターシステムを採用、ロトスコープ、スリット・スキャンなど当時の最新技術の導入、オープニングの火の鳥が飛ぶシーン、映画の最初の方に出てくる主人公ゴドーと女性型育児ロボット、オルガが乗ったリニアカーをひたすら追う都市の大俯瞰の光景、強制労働キャンプでの群衆シーンなど見所が多い。また、昔の映画に出てくる、白地に黒文字のタイトルが手塚には鮮烈で、「それを一度やってみたい」と思い、『火の鳥2772』で「そうした」ということ。
  • 手塚が雑誌「スーパーマン」1979年の正月号で小野耕世との対談を行った際に小野が手塚のSF漫画「旋風Z」に出てくる主人公とジェットに変身できる母親ロボットの関係が好きだと言ったが、この時既に手塚の中にはジェット2世という名称でオルガの構想ができていた。また、昭和初期の海野十三SF小説、『地球要塞』に出てくるアンドロイド、オルガ姫からの影響もあるようだ。オルガはジェットや車などに変身できるが、後半に出てくる火の鳥も変幻自在に変身でき、手塚の変身願望(あるいは変形願望)が全編にあふれている。
  • バイタリティあふれる男性的な火の鳥は、市川崑監督の実写版の『火の鳥』のアニメの部分をアメリカに持ち込み、その反応(火の鳥が女性的すぎる、もっとGODでなくてはならない)から生まれたという。
  • ゴドーの名前についてはNHK600 こちら情報部』の手塚特集に出演した手塚は『ゴドーはゴット(神)から来ている』と発言している[要出典]
  • 手塚の漫画『七色いんこ』にてサミュエル・ベケットによる戯曲ゴドーを待ちながら」をモチーフとした回にオルガがゲスト出演しているが、ゴドーは出ていない。オリジナルは二人の男がただひたすらゴドーを待っているがゴドーはついに現われないという話である。
  • 一説には、作品の中に出てくる労働キャンプがソ連シベリア強制収容所と比較されて、ソ連の全体主義への批判があると言われている。さらに、世界が一つに統合された未来社会という設定は今問題となっているグローバリズムのなれの果てともとれ、重大な問題提起をしているともいわれる。
  • 手塚はこの作品の狙いをファンタジーと言い、系列として『やぶにらみの暴君』に属するもので、SFとして評価されたくないと強調している。
  • この映画では、さまざまな形の愛が火の鳥を主軸として描かれており、手塚の分身とも言われるサルタと火の鳥の関係性、優しさと勇敢さを兼ね備えた少年が主人公であること、母性への賛歌など手塚らしさがふんだんに入っており、特にラストシーンでは母性の賛歌が象徴的に描かれている。

カットされたシーン[編集]

劇場公開前に何度か行われた試写会の内容と、最終的に仕上げられた劇場版122分のフィルムではカットされたシーンがいくつか存在する。具体的には宇宙人クラックが大なめくじに乗ったシーンなどである。その他ところどころアテレコの声がずれていたり、画面がなかったりしている。また、試写会での映像とDVDの121分決定版の映像とは違うシーンがあり、エンディングタイトルでの日の出は、劇場版のフィルムではヴァイオリンの音に合わせるようにゆっくりとそのシーン全部を使って日がのぼっていたが、DVDでは途中で切れており、一気に日がのぼっている。その他にも火の鳥と誤って捕獲しようとした鳥のデザイン自体も劇場版のものと全く違うなど、リテイクされた箇所がある。

  • 1983年のテレビ放送にあたり、手塚の手により122分の映画を94分と大幅にカットされる。ビデオとLD化されたのはこの短縮版であり、不自然な流れの作品となっている。とりわけ顕著なのは地球の再生とゴドーとオルガの再生の順番が入れ替えられた辺りで、元の音楽を直していないのでぶつ切りになってしまっている点である。:2001年スカイパーフェクTV!で劇場版が放送されるまで、完全な『火の鳥2772』はフィルムコミックでしか観られないものとなっていた。
  • 2003年7月にようやく本作のノーカット完全版と称する121分バージョンが東宝によってDVD化。多くのカットされたシーンが復活したものの当初劇場版は122分のはずであり、DVDでは121分と1分少なく、ゴドーが「火の鳥と戦う-戦って死んでいく ぼくの人生はそれだけなのか? 」と悩み、サルタ博士に励まされる声のシーンや、クラックがゴドーにゲームを挑むシーンが抜けている。

本作に対する手塚の評価[編集]

1980年に劇場で初公開されたが、演出が黄金時代のハリウッド映画やカートゥーンそのままであまりにも古い、ストーリーが単調で冗長、絵のクォリティがばらばら、フルアニメーションを理解しておらず人物の輪郭線が微妙に揺れている、など酷評されることが多く、また作品のペシミズムを批判する声などもあった。手塚は「公開は10年早かった」と語っており、漫画版「2772編」の構想は1989年のミュージカル火の鳥公演時にあったという。

音楽[編集]

樋口康雄によるBGMは、ディズニーを尊敬する手塚の意図に合わせ、当時のアニメ映画の音楽の主流だったロック調にせず、主題歌もあえて作らず、全編クラシック調で、弦楽器と木管楽器の柔らかい音で作曲された。もっとも、ハリウッド大作の伝統であるクラシック調がSFにマッチすることは前々年の「スターウォーズ」が確認しており、その後の多くのSF映画も追随しているところであるが、本作は骨太なシンフォニーではなく繊細なヴァイオリン協奏曲のスタイルを取ったところにオリジナリティがある。冒頭部分はセリフのない音楽のみで進められる。

1979年7月にニューヨーク・フィルハーモニア室内管弦楽団特別演奏会で初演された樋口のヴァイオリン協奏曲「KOMA」を手塚が気に入ったのがきっかけで彼の採用となり、映画にも「KOMA」が使われた。『火の鳥2772』の音楽の録音時は、NHK交響楽団の楽団員も含む、当時最高の演奏者が集められ、オーケストラを構成したという。当時17歳でヴァイオリンソロ担当の千住真理子の演奏は、一つ一つの音に意味のある存在感のある音を紡ぎ、主人公ゴドーの人生観、愛などを切々と謳い上げる。優しい音のオーケストラとのハーモニーが共に響き合い、手塚のテーマの一つ、生命の賛歌を表現しており、樋口の音楽はこのアニメ映画の魅力の半分とも言える。

音楽に関しては、いろいろなエピソードがある。

  • 銀河鉄道999」のヒットでその頃話題のゴダイゴが『火の鳥2772』制作発表の席にまで出て抱負を述べていたが、手塚はそれをおろし樋口一本でいった。
  • 公開に合わせて、千住真理子NHK交響楽団による演奏がNHKのテレビ番組で放送されたこともあったという。[要出典]
  • 徹子の部屋」劇場公開に合わせ手塚が出演、本作への想いを語り、樋口の音楽を絶賛し、黒柳徹子はNHKのテレビ番組「ステージ101」の時から樋口と知り合いであると語った。なお、この回も含めた「徹子の部屋」は放送20周年を記念してビデオ化された。
  • 手塚が国連を訪問して『火の鳥2772』を上映したところ、音楽について彼に質問が殺到したという。それに対し手塚は「海外で音楽への質問をあんなに受けたのは、冨田勲さんと樋口さんの音楽だけです」と答えていた。
  • 24時間テレビ 「愛は地球を救う」で放送された手塚アニメ「ブレーメン4 地獄の中の天使たち」を放送後に手塚が個人的に作品を修正する際、この作品でも音楽を担当した樋口が『火の鳥2772』の音楽をつけ、新たに使用した場面がある。

ストーリー[編集]

22世紀のはじめ……

世界が統一されて地球連邦となり、極度に合理化された未来社会-そこは元老院に属するひとにぎりのエリート達によって支配される世界だった。

人間は人口過剰を防ぐため、限られた人数だけが試験管ベビーとして生まれ、一人一人がコンピューターの精密な適性検査によって将来の仕事を決められ、専門教育を受けて育つ。育児ロボット・オルガに育てられ、宇宙ハンターとして成長したゴドー・シンゴもそんな一人だった。

宇宙ハンター訓練所で射撃の腕を教官のボルカンに見込まれて、特訓を課されるが、そのいずれにもゴドーは優秀な成績をおさめた……生きた宇宙人を使った射撃訓練以外は。ボルカンに叱責されても、彼はおびえている宇宙人を目の前にして、銃の引き金を引くことができなかった。手本と称して宇宙人達を粉々に撃ち砕くボルカン。その夜、悪夢にうなされるゴドーの心の中に非情な管理体制に対する反発が芽を出し始めていた。彼を理解しようとするオルガ。翌朝、訓練所の前でゴドーとボルカンが衝突した時、オルガの心の中に今までにない感情がわき起こり、次の瞬間、ボルカンの乗った車を高くさし上げて走り出し、橋の欄干に置いてきてしまった。

ある日ゴドーは、科学センター長官のロックに、特別任務として謎の宇宙生命体2772の捕獲を命令される。見返りとして街の外へ出る許可をもらうゴドー。初めて見る海や花に「きれいだ」と心動かされるが、自分の身分では許されない罪を犯すことになるとは知るはずもなかった、まして、そのことでオルガが一人、心を痛めるとは……。

ゴドーはロックの許婚である上流階級の娘レナと恋愛事件を起こし、罰としてアイスランドの強制労働キャンプへ送られてしまう。キャンプは非常に過酷な環境だった。そこで出会った奇妙な老人、サルタ博士は政府に批判的な言動をしたかどでキャンプ送りになったのだった。

サルタにより、地球が亡びかけていることを知ったゴドー。彼がロックに捕獲するよう命令された宇宙生命体2772、つまり"火の鳥"は、宇宙生命のすべてにかかわるエネルギー体で、サルタは火の鳥の生き血を元老院がひとりじめにしようとしている、自分は世界中の人間、生き物にそれを分析してわけあたえてやりたいと言うのだった。

サルタの言葉にうたれたゴドーは、協力することを申し出た。そこにはゴドーの居場所を知ってやって来たオルガも、レナのペットだった留学生の宇宙人ピンチョもいた。大地震の混乱に乗じてスペース・シャーク号を奪うことに成功したゴドー達は、伝説の火の鳥を捕まえ、地球を救うべくはるか広大な宇宙へ飛び立った。

登場人物[編集]

ゴドー
声:塩沢兼人
試験管ベビーとして生まれ、宇宙科学センターから送られてきた育児ロボット・オルガによって宇宙ハンターとして育てられる。繊細な優しい心を持ち、行動力に富んでいるが、無鉄砲なところもある。危機に瀕した地球を救うため、オルガやサルタ博士達と共に火の鳥を求めて宇宙へ旅立って行く。火の鳥に肉迫するこの物語の主人公。
オルガ
声:三輪勝恵
宇宙ハンター育成用育児ロボット。変身能力があり、ジェットや車、水中スクーター、トランクに変身できる。欠陥ロボットであったために、ゴドーに対し規則から外れた優しさを示すことがあり、それがゴドーが心優しい少年に育つ理由となる。ゴドーへの愛に目覚め、一人苦しむ。ゴドーが火の鳥の正体に近づくための重要な役割をになっている。
サルタ
声:熊倉一雄
手塚の分身と言われる、大きな鼻に特徴があるキャラクター。世界的な科学者であるが、政府に批判的な言動をしたために、アイスランドの強制労働キャンプに送られてしまう。後にゴドーと共にキャンプを脱走、火の鳥と闘って凄絶な死をとげる。
ブラック・ジャック
声:伊武雅刀
労働キャンプの所長。知的で骨のある男性だが、その過去は不明。反体制派と見られている。ブラック・ジャックなりの考え方で地球の将来を憂えているためか、ゴドーとサルタの労働キャンプ脱出を見逃す。
ロック
声:池田秀一
科学センターの長官で、知能指数300という超英才少年。ゴドーと同じく試験管ベビーとして生まれ、実はゴドーと兄弟(同じ人物の精子と卵子から産まれたという意味)。レナの婚約者。レナとの婚約もレナの父・イート卿の身内になるため。冷徹功利、徹底した合理主義精神の持ち主であくなき権力への野心を秘めている。
レナ
声:藤田淑子
元老院、科学センターの長老・イート卿の娘でロックの許婚。非人間的な環境になじめず、ゴドーと恋に落ちる。上流階級に生まれ、性格は育ちのいい娘特有の主体性のなさが目立つ。ゴドーとの恋愛を強引に引き裂かれ、傷心のうちにロックと結婚させられるが、やがてロックの忠実な妻となってしまう。
バン(ヒゲオヤジ)
声:大塚周夫
涙星と呼ばれるレグルス23番惑星に住む世捨て人。宇宙生物センターを作り、宇宙生物達の世話と研究をしている心優しい人物。サルタの古い友人。ゴドーに宇宙生命体2772の居場所を知っている宇宙人・プークスを紹介する。
ピンチョ
声:高橋和枝
ピンチョ星の宇宙人。留学生として地球に来て、レナのペットとして飼われていたかわいい犬のような容姿。始終掃除をする変な癖がある。彼らの星では他者を綺麗にしてあげる事が最大の愛情表現とされており、その種類に応じたブラシを複数持っている。人間の行動を判断する能力があり、ゴドーやサルタ達の労働キャンプ脱走の時に活躍する。
クラック
声:大竹宏
涙星でバンの宇宙生物センターにいた宇宙人で牧童をしていた。サイコロのような形をしている。ゴドー達と言葉が通じないプークスの通訳として、ゴドーと共にスペース・シャーク号に乗り込む。性格は悪くないのだが、短気で怒りっぽいのが玉にキズ。苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)の風呂に入る。
プークス
バグパイプのような形ののんびり屋の宇宙人。この映画では、彼の声は効果音のみで処理されている。バンの宇宙生物センターで火の鳥の居場所を知っていると紹介される。プークスの知っている火の鳥こそ温泉星のクレーターに棲む2772だった。
イート卿
声:久松保夫
元老院議長。最上流階級に属している実力者。レナの父。ロックの優秀な頭脳に盲目的に期待をよせて、娘のレナとロックを結婚させることによってさらに強力な権力を握ろうとしている。
ブーン
声:小林修
労働キャンプの警備隊隊長。サルタの信念やブラック・ジャックの考えに理解を示しサルタに協力するが、職務には忠実で、そのために対立する。取り締まりは厳しいが、憎めない人物。
ボルカン
声:森山周一郎
宇宙ハンター訓練所の教官。射撃の標的の宇宙人を殺すことを楽しむ、冷酷無比な人物。ゴドーと衝突する。労働キャンプ送りになったゴドーの代わりに宇宙生命体2772捕獲に行き、戦死する。
火の鳥
声:竹下景子
「コスモゾーン2772」と呼ばれている未確認宇宙生命体。エネルギーが枯渇し、危機に瀕した地球を救うための鍵を握っている。映画の後半でゴドー達と闘う火の鳥は、自由に姿を変えながらすさまじい形相で逆襲してくる。しかし、たった一つ、火の鳥にも弱点があった。

スタッフ[編集]

漫画[編集]

マンガ少年』にてメカデザインの御厨さと美による漫画化作品が連載された。2007年に文庫版が発売された。

手塚本人による漫画化の話も何度かあり、亡くなる直前『野性時代』に連載されていた『太陽編』の次作『2772編』として予定されていたが、実現しなかった。

外部リンク[編集]