全日本建設交運一般労働組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
全日本建設交運一般労働組合
(建交労)
All japan Construction, transport and General workers' Union
設立年月日 1999年平成11年)
加盟団体数 500支部・分会
組合員数 約4万3,000人
国籍 日本の旗 日本
本部所在地
〒169-0073
東京都新宿区百人町4丁目7-2全日自労会館
加盟組織 全国労働組合総連合
公式サイト 全日本建設交運一般労働組合

全日本建設交運一般労働組合(ぜんにほんけんせつこううんいっぱんろうどうくみあい、英語All japan Construction, transport and General workers' Union)は、1999年に結成された労働組合の全国組織で、正社員、パート、派遣など雇用形態を問わず、ひとりでも入れる労働組合である。正式の略称を建交労(けんこうろう)としている。ナショナルセンターの全国労働組合総連合(全労連)に加盟している。

概要[編集]

以下の3つの組合が統合され結成された。

建設一般[編集]

組合員約4万3,000人、44都道府県本部500支部・分会  

  • 1947年:全日本土建一般労働組合(全日土建)として結成
  • 1952年:全日本自由労働組合(全日自労)と名称を変更
  • 1980年:全国建設および35の地方労組と合同して全日自労建設一般労働組合(建設一般全日自労)
  • 1991年:農村労連と組織合同を行って全日自労建設農林一般労働組合(建設一般)

運輸一般[編集]

沖縄をのぞく全県に約200支部2万1,500人で構成

  • 1946年:結成された全貨労連(全国貨物自動車労働組合連合会)が源流
  • 1960年:トラック運輸労働者の砦として、全自運(全国自動車運輸労働組合)に発展
  • 1977年:4つの地方労組と合同して、全日本運輸一般労働組合(運輸一般)

全国鉄動力車労働組合(全動労)[編集]

  • 1974年3月:「人権と民主主義擁護・全国鉄労働者の組織統一」を旗印に結成

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]