佐久間レールパーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 佐久間レールパーク
SakumaRailPark.jpg
施設情報
専門分野 鉄道車両
管理運営 東海旅客鉄道(株)
開館 1991年平成3年)4月21日
閉館 2009年(平成21年)11月1日
所在地 431-3905
静岡県浜松市天竜区佐久間町半場15-3
位置 北緯35度5分7.84秒 東経137度48分9.44秒 / 北緯35.0855111度 東経137.8026222度 / 35.0855111; 137.8026222
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

佐久間レールパーク(さくまレールパーク)は、静岡県浜松市天竜区東海旅客鉄道(JR東海)飯田線中部天竜駅構内にあった鉄道車両博物館

概要[編集]

1991年平成3年)4月21日中部天竜機関区の跡地を利用して開設された鉄道車両博物館で、昭和初期 - 中期を中心に活躍した貴重な車両が十数両展示されていた。また、屋内には日本最大のプラレールNゲージの大パノラマ、それに各種模型、実物部品、飯田線の歴史を示す写真展示があった。

当時、JR東海社長(現・相談役)であった須田寛の一声によって、この施設は計画された。複数の候補地の中から、前述の様に車両を展示できるスペースが備わっていた事や、佐久間ダム建設にあたって飯田線が活用された事もあり、この地に建設された。

しかし、2008年(平成20年)5月22日に展示車両の大半をリニア・鉄道館 〜夢と想い出のミュージアム〜金城ふ頭駅名古屋市港区〉周辺に2011年3月14日開館)に移転する計画が佐久間地域自治センターで開かれた佐久間地域協議会でJR東海から発表された。これにより当施設は2009年(平成21年)11月1日をもって閉館し、18年半にわたる歴史に幕を閉じた[1][2]

営業[編集]

開館時の営業状況を記す。

  • 所在地:静岡県浜松市天竜区佐久間町半場15番地3 中部天竜駅構内
  • 開館日:土曜・日曜・祝日振替休日(春・夏休みも) ※ 毎年12月から翌年2月までは休館
  • 開館時間:10時00分 - 16時00分
  • 入場料金
    • 大人(12歳以上)140円
    • 小人(7歳以上) 70円
    ※ 6歳以下は無料
    • 中部天竜駅への入場扱いとなるので、同駅で有効な乗車券(中部天竜発着および同駅を通過する乗車券)を持っていれば無料だった。

閉館イベント[編集]

当施設の閉館を前に、様々なイベントが行われた。

  • スタンプラリー
  • 佐久間レールパーク号 - 閉館年の2009年(平成21年)に117系を使用し、臨時快速列車として、名古屋 - 中部天竜間で運転された(一部指定席)。なお、途中から月ごとに変わる特製ヘッドマークが先頭車前面に装着された。
  • フィナーレイベント - 2009年(平成21年)10月31日11月1日の2日間開催され、当施設自体を無料開放させた。

なお、同日には、前述の「佐久間レールパーク号」に加え、117系・211系キハ75形による臨時快速列車「佐久間レールパークフィナーレ号」が豊橋 - 中部天竜間で運転された。

展示車両[編集]

2005年(平成17年)4月から2009年(平成21年)11月1日までの展示車両は次のとおりである。なお、前述のとおり、大部分がリニア・鉄道館〜夢と想い出のミュージアム〜に移転収蔵されている。かつてはキハ82形が展示されていたこともあった(現在は美濃太田車両区→リニア・鉄道館にて保存)。リニア・鉄道館での展示予定でない車両は2010年(平成22年)7月中に解体された。(※はリニア・鉄道館に移動した車両)

新幹線電車[編集]

電気機関車[編集]

電車[編集]

気動車[編集]

客車[編集]

貨車[編集]

解体された車両[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]