フェリシティ・ロット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

デイム・フェリシティ・アン・エミウィーラ・ロットDame Felicity Ann Emwhyla Lott, DBE, FRCM [1] , 1947年5月8日 - )は、イギリスチェルトナム出身のソプラノ歌手

教育[編集]

早くから音楽的才能を現し、5歳でピアノを学び始めた。ヴァイオリンも演奏し、12歳で歌のレッスンを開始した。1969年ロンドン大学ロイヤル・ホロウェイ校を卒業し、フランス語ラテン語の学位を取得したが、1967-68年からの課程の一部でフランスグルノーブルの音楽院で歌のレッスンを受けている。1973年、プリンシパル賞を受賞して王立音楽アカデミーを卒業した。

経歴[編集]

1975年イングリッシュ・ナショナル・オペラモーツァルト魔笛』のパルミーナ役でデビューを果たした。1976年にはロイヤル・オペラ・ハウスヘンツェ "We Come to the River" の初演に出演。1977年にはストラヴィンスキー放蕩者のなりゆき』のアン・トゥルーラヴ役でグラインドボーン音楽祭に初出演し、同音楽との長きにわたる関係が始まった。

コヴェント・ガーデンと緊密な関係を築き、ブランシェ(『カルメル派修道女の対話』)、エレン・オーフォード(『ピーター・グライムズ』)、エーファ(『ニュルンベルクのマイスタージンガー』)、アルマヴィーヴァ伯爵夫人(『フィガロの結婚』)、元帥夫人(『ばらの騎士』)などの役を演じ、ウィーンミラノパリブリュッセルミュンヘンハンブルクドレスデンニューヨークシカゴなど世界の主要なオペラハウスに出演した。

フェリシティ・ロットは『4つの最後の歌』やさまざまな歌曲、『ばらの騎士』元帥夫人、『カプリッチオ』伯爵夫人役、『アラベラ』のタイトル・ロールなど、リヒャルト・シュトラウス作品で特に著名となった。その後オペレッタにも出演し、『こうもり』のロザリンデに加え、オッフェンバックの『美しきエレーヌ』、『ジェロルスティン大公妃殿下』のタイトル・ロール、グラインドボーンではフランツ・レハールメリー・ウィドウ』のタイトル・ロールを歌った。ドイツ物のオペラ、オペレッタ、歌曲を得意とする英国人は少なくないが、彼女は加えてフランス物にも強みを発揮、50代に入ってなお多くの代表的舞台をものにする息の長さも見せている。

コンサート歌手としても国際的な評価を得、BBCプロムスへのレギュラー出演のほかザルツブルク音楽祭ザルツブルク復活祭音楽祭にも出演し、ベルリン・フィルウィーン・フィルコンセルトヘボウ管弦楽団シカゴ交響楽団など多くのメジャーオーケストラ、カルロス・クライバーゲオルク・ショルティベルナルト・ハイティンクヴォルフガング・サヴァリッシュズービン・メータジェームズ・レヴァインアンドレ・プレヴィンネーメ・ヤルヴィクラウス・テンシュテットアンドルー・デイヴィスクルト・マズアフランツ・ウェルザー=メストサイモン・ラトルといった指揮者と共演した。シュトラウス、シューベルト、シューマンブラームスらのリート同様フランス歌曲も得意とし、イギリス歌曲のレパートリーでは特にベンジャミン・ブリテンの歌曲を好んだ。彼女はソングメイカーズ・アルマナック(The Songmakers' Almanac)の創立メンバーである。同アンサンブルのグレアム・ジョンソン( Graham Johnson)は学生時代からの伴奏者で、多くのリサイタルで共演した。メゾソプラノのアン・マレー(Ann Murray)、バリトントーマス・アレン(Thomas Allen)、オーストリアのメゾソプラノ、アンゲリカ・キルヒシュラーガー(Angelika Kirchschlager)とのデュエット・リサイタルも行った。

ロンドン・フィルハーモニー合唱団・管弦楽団とのモーツァルト『レクイエム』ニ短調ほか数多くのレコーディングを行い、アカデミー賞8部門を受賞した映画『アマデウスオリジナル・サウンドトラックのソリストとしてもフィーチャーされている。

受賞歴[編集]

フェリシティ・ロットは数多くの栄典を授けられている。サセックスラフバラーロンドンレスターオックスフォード大学ロイヤル・スコティッシュ・アカデミー・オブ・ミュージック・アンド・ドラマの名誉博士号、1990年にはフランスの芸術文化勲章オフィシエ2001年に同レジオンドヌール勲章シュヴァリエを授与され、1990年 CBE1996年には DBE に叙された。1986年にはアンドルー王子の結婚式で歌った。2003年、デイム・フェリシティはバイエルン宮廷歌手(Bayerische Kammersangerin)の称号を授与された。彼女はブリティッシュ・ユース・オペラの副総裁である。

2009年秋、大学の名誉研究員を務めていた [2] ロイヤル・ホロウェイの客員教授に任命されたと発表された [3]

家族[編集]

俳優のガブリエル・ウールフ(Gabriel Woolf)と結婚し、娘エミリー(Emily Woolf, 1984年 - )がいる。

ディスコグラフィ[編集]

(主な録音)

Johann Sebastian Bach :

Ludwig van Beethoven :

Johannes Brahms :

Benjamin Britten :

Emmanuel Chabrier :

  • Musique Adorable! - Graham Johnson (piano) (2000/2001, Hyperion)

Marc-Antoine Charpentier :

Gustave Charpentier :

Ernest Chausson :

  • Songs - Graham Johnson (piano) (1999, Hyperion)

Frederick Delius :

Edward Elgar :

  • Coronation Ode - Philip Ledger (cond.), Cambridge University Musical Society, New Philharmonia Orchestra (1977, EMI)
  • The Spirit Of England - Richard Hickox (cond.), London Symphony Chorus, Northern Sinfonia (1987, EMI)

Gabriel Fauré :

  • The Complete Songs - Graham Johnson (piano) (2004, Hyperion)

Charles Gounod :

  • Songs - Graham Johnson (piano) (1993, Hyperion)

Georg Friedrich Handel :

Reynaldo Hahn :

  • Songs - Graham Johnson (piano) (1995, Hyperion)

Franz Joseph Haydn :

  • Missa In Angustiis "Nelson Mass" - Trevor Pinnock (cond.), The English Concert Choir, The English Concert (1986, Archiv)

Franz Lehár :

Gustav Mahler :

William Mathias :

  • Lux Aeterna - David Willcocks (cond.), The Bach Choir, Choristers of St. George's Chapel, London Symphony Orchestra (1984, Chandos)

Wolfgang Amadeus Mozart :

Jaques Offenbach :

Francis Poulenc :

Henry Purcell :

Maurice Ravel :

Franz Schubert :

  • The Songmakers' Almanac: Schubertiade - The Songmakers' Almanac (1981, Hyperion)
  • Schubert Edition Vol. 19 - Graham Johnson (piano) (1992, Hyperion)

Robert Schumann :

Richard Strauss :

Igor Stravinsky :

  • The Rake's Progress (DVD) - Bernard Haitink (cond.), The Glyndebourne Chorus, London Philharmonic Orchestra (1975, Arthaus)

Ralph Vaughan Williams :

Antonio Vivaldi :

  • Sacred Choral Music Vol. 1 - Vol. 5 - Vittorio Negri (cond.), John Alldis Choir, English Chamber Orchestra (1976-1980, Philips)

Hugo Wolf :

  • Mörike-Lieder / Goethe-Lieder - Geoffrey Parsons (piano) (1988, Chandos)
  • Italienisches Liederbuch - Graham Johnson (piano) (1993/1994, Hyperion)

Various Composers :

  • Favourite English Songs - Graham Johnson (piano), (1988, Chandos)
  • Sweet Power Of Song - Ann Murray (mezzo soprano), Graham Johnson (piano) (1991, EMI)
  • On Wings of Song - Ann Murray (mezzo soprano), Graham Johnson (piano) (1991, EMI)
  • Champagne - Armin Jordan (cond.), Orchestre de la Suisse Romande (1994, Virgin Classics)
  • Chausson - Ravel - Duparc - Armin Jordan (cond.), Orchestre de la Suisse Romande (2002, aeon)
  • Voices of our Time - Love Songs round the Clock (DVD) - Graham Johnson (piano), (2002, TDK)
  • Women's lives and loves - Angelika Kirchschlager (mezzo soprano), Graham Johnson (piano) (2005, Hyperion)
  • Cantare - Isabelle Moretti (harp) (2009, naive)

脚注[編集]

  1. ^ "Dame Felicity Lott" - Co-Opera Co.
  2. ^ "Honorary Fellows of Royal Holloway" - Royal Holloway, University of London
  3. ^ Royal Holloway, London (November 2009). Higher. Egham, Surrey: Royal Holloway College Alumni Association. 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]