ノーマン・デル・マー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノーマン・ルネ・デル・マー CBE(Norman René Del Mar CBE,1919年7月31日1994年2月6日)は、イギリス指揮者音楽学者

ロンドンのハムステッド生まれ。ホルン奏者としてロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団に入団した後、トーマス・ビーチャムの助手となり、1947年に指揮者としてデビューした。エルガーヴォーン・ウィリアムズブリテンなど、イギリス音楽を得意とした。BBCプロムスの常連であり、1973年、1975年、および1983年には有名なラストナイトを担当した。

また、音楽学者としても著名で、特にリヒャルト・シュトラウスの権威であり、彼に関する研究書を3冊書いている。その他ベートーヴェンブラームスマーラー等に関する著作も多数ある。作曲も行い、「ホルンと弦楽のためのアレグロ・コンチェルタンテ」はDuttonレーベルからマーティン・イェーツ指揮ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団の演奏で録音がされている。

ドイツ・グラモフォンEMI等と契約し、エルガーやチャイコフスキーを始め数多くの録音を行っている。

1950年代から1960年代にかけて、ギルドホール音楽学校の教授を務め、1972年から1990年まで王立音楽大学で教鞭を執っている。 1975年にCBEを受勲。[1]

ハートフォードシャーのブッシーにて没。[2]

[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ [2]