ロイヤル・ホロウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロンドン大学ロイヤル・ホロウェー校Royal Holloway, University of London

Add caption here
校訓 esse quam videri
創立 1985年 — Merger of Bedford College and Royal Holloway College
1900年 — Constituent College of University of London
1879年 — Royal Holloway College
1849年 — Bedford College
学校種別 公立
総長/学長 Professor Paul Layzell
Vice-Principals:
Professor Geoff Ward
Professor Adam Tickel
所在地 イギリス
サリー
エガム
キャンパス
環境
都市近郊
学生数 8,000人
加盟 1994グループ
ロンドン大学
コモンウェルス大学協会
MBA協会(AMBA)
ウェブ
サイト
www.rhul.ac.uk

ロイヤルホロウェイ(Royal Holloway, University of London)ロンドン大学(University of London)を構成するカレッジ(学校)の1つである。美しい校舎と学際教育が特徴であり、世界各国から優秀な生徒を数多く集め、多くの高等機関において極めて高い評価を得ているイギリス屈指の名門校の1つである。とりわけ、社会学・教養学・人文学の分野においては、イギリスのみならず世界最高水準の研究大学の1つとして有名である。Times Higher Education World University Rankings 2014-2015では、International Outlookにおいてイギリス1位・世界5位の評価を得た。

概要[編集]

ロイヤルホロウェイ(Royal Holloway)では現在、世界130カ国から約8000人以上の学生が集まり学んでいる。キャンパスはロンドン近郊のサリー州エガム(Egham)にある。1879年に起業家であり慈善活動家のトーマス・ホロウェイによって創立され、1886年にヴィクトリア女王によって正式に開学された。大学名が「Royal」を冠しているのはそのためである。1900年にロンドン大学に加盟した。ロンドン大学グループ内で最もスポーツが盛んな学校と言われている。 メインキャンパスであるFounder's Buildingは1881年に建築され、フランスにあるChâteau de Chambordという城をモデルにして作られた。大変美しいこの建物はロイヤルホロウェイの魅力の一つである。

沿革[編集]

ロイヤルホロウェイ(Royal Holloway)は1879年に、軟膏などの薬を発明し成功したトマス・ホロウェイ(Thomas Holloway)によって創設された。当初は彼の妻の意向により、女性への高等教育を促すという理念の下、女学校として開設されたが、後に男女共学となった。

特徴[編集]

The Main Gate.

ロイヤルホロウェイは研究と指導法で高い評価を得ている。大学卒業生の失業率は長年極めて低いとされ、卒業後の非雇用率はわずか3.2%となっている。 2006年の公式統計によれば卒業生の雇用率がロイヤルホロウェイはイングランドとウェールズの合計90大学中で2番目に高かった。 また2005年の国内調査によればロイヤルホロウェイの学生満足度がイギリスの全大学の中で5番目であった。

学部[編集]

人文・社会科学学部[編集]

  • クラシック
  • ドラマ・演劇
  • 英語
  • ヨーロッパ研究
  • 歴史
  • メディア
  • 近代言語、言語、文化
  • 音楽
  • 哲学
  • 政治・国際関係
  • 社会福祉

経営・経済学部[編集]

  • 犯罪社会
  • 経済
  • 経営

理学部[編集]

  • 生物
  • コンピュータ
  • 地政
  • 地理
  • セキュリティ・グループ
  • 数学
  • 物理
  • 心理

ランキング[編集]

Times Higher Education World University Rankings 2014-2015によれば、ロイヤルホロウェイは留学生や海外出身のスタッフの比率やクロスボーダーの学術研究のレベルをはかるInternational Outlookにおいて、全英首位・世界5位というトップレベルの水準を維持している。国際色の高さや他国からの留学生へのサポートの質の良さはもちろんのこと、2010年にはタイムスによる世界大学ランキング(Times Higher Education World University Rankings)にてイギリスにて13位、ヨーロッパにて22位、世界88位に選ばれており、留学生比率の高さと学術的評価の高さの両方を世界最高水準のレベルに保っている。2007年、タイムス紙はロイヤルホロウェイを国内12位に格付けし、テレグラフ紙は13位、グッドユニバーシティガイド(The Good University Guide)は11位とした。 ロイヤルホロウェイは現在ロンドン大学グループ20校の中で、LSE、 UCLキングスカレッジに次いで4番目に位置している。

海外協定校[編集]

ロイヤルホロウェイ(Royal Holloway)は、在学生向けに世界各国の難関大学に1年間留学する機会を提供する"Study Abroad"プログラムを用意している。提携校の中には、イェール大学も含まれる。

外部リンク[編集]