ハロルド・ファーバーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハロルド・ファーバーマンHarold Farberman, 1929年11月2日 - )はアメリカ合衆国指揮者作曲家打楽器奏者。

打楽器をジュリアード音楽学校で学び、作曲をニューイングランド音楽院タングルウッド音楽センターアーロン・コープランドに師事する。1951年ボストン交響楽団に、正規の最年少の楽団員として入団する。1963年デンバー交響楽団の首席客演指揮者に迎えられ、1967年から1970年までコロラドスプリングス管弦楽団の音楽監督兼指揮者に、1971年から1979年までオークランド交響楽団(現在のオークランド・イーストベイ交響楽団)に就任した。

ファーバーマンは秘曲の録音に積極的なことで知られており、オークランド交響楽団に在任中は、スコット・ジョプリンの歌劇《トリーモニシャ(Treemonisha)》を演奏会形式で上演した。また、ロンドン交響楽団を指揮してグスタフ・マーラーの交響曲全集を、ボーンマス・シンフォニエッタを指揮してミヒャエル・ハイドンの交響曲全集を録音した。レインゴリト・グリエールの《交響曲 第3番 「イリヤ・ムーロメッツ」》を初めてカットなしで全曲録音した。

著名な門人にマリン・オールソップレオン・ボットスタインピーター・ウンジャンらがいる。

作曲家としては、1973年にアカデミー長編ドキュメンタリー映画賞を受賞したドキュメンタリー『ザ・グレイト・アメリカ・カウボーイ』の映画音楽をはじめ、数々の管弦楽曲や室内楽曲を手懸けている。

エミー賞を獲得した女優リサ・クドローは、ファーバーマンの姪である。

外部リンク[編集]