ブライデン・トムソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ブライデン・ジャック・トムソン(Bryden Jack Thomson, 1928年7月16日 - 1991年11月14日)は、イギリス指揮者スコットランドサウス・エアーシャーエア出身。

略歴[編集]

1977年から1985年まで、BBCノーザン・オーケストラBBCウェールズ・ナショナル管弦楽団アルスター管弦楽団などのイギリス国内有数のオーケストラを指揮した。短期間ロイヤル・スコティッシュ管弦楽団の首席指揮者にも就任したことがある(ちなみに、同楽団の音楽監督に就任したスコットランド人の指揮者は、トムソンを含めても2人しかいない)。1984年から1987年までアイルランド国立交響楽団の首席指揮者に就任した。

トムソンはイギリス音楽の解釈で名を馳せた。シャンドスよりリリースされたレイフ・ヴォーン・ウィリアムズアーノルド・バックスの交響曲全集は高く評価されており、バックスの交響詩の録音も良く知られている。最後の録音はカール・ニールセンの交響曲第4番「不滅」第6番「素朴」であり、どちらの解釈も評論家から比類ないと評価された。

アイルランドダブリンに客死した。蒐集した楽譜は、新進指揮者を支援するためのブライデン・トムソン財団に遺贈された。

[編集]

外部リンク[編集]