ギュスターヴ・シャルパンティエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギュスターヴ・シャルパンティエ
Gustave Charpentier
Gustave Charpentier LOC.jpg
基本情報
出生 1860年6月25日
フランスの旗 フランス、ディウーズ
死没 1956年2月18日(満95歳没)
フランスの旗 フランスパリ
ジャンル オペラ
職業 作曲家

ギュスターヴ・シャルパンティエGustave Charpentier,1860年6月25日 - 1956年2月18日パリ)は、フランスオペラ作曲家

略歴[編集]

ディウーズにてパン職人の家庭に生まれる。リールの音楽学校に学んだ後、1881年パリ音楽院に入学。ジュール・マスネに作曲を師事し、1887年カンタータ《ディドー》(Didon )でローマ大賞を受賞。ローマ滞在中に交響詩《イタリアの印象》(Impressions d'Italie )を作曲し、オペラ《ルイーズ》(Louise )の台本作成と作曲にも着手した。

帰国後は、ボードレールヴォルテールのテクストにより歌曲の作曲を続けていたが、ようやく《ルイーズ》が完成すると、パリオペラ=コミック座に受理され、公演の準備が進められた。このオペラは、パリの労働階級の日常を写実的に描き出しているので、フランスにおける最初のヴェリズモ・オペラと見なされることがある。《ルイーズ》は1901年2月2日アンドレ・メサジェの指揮で初演され、オペラ=コミック座で20世紀で最初に上演された新作オペラとなった。この作品はたちまち成功を収め、世界各地で演奏されるようになり、ギュスターヴ・シャルパンティエの名を広めた。また、当時の上演で主役を演じた、スコットランド往年の名ソプラノメアリ・ガーデンにとってもルイーズは当たり役となった。 1939年にはグレース・ムーアの主演で映画化もされた。《ルイーズ》は今日なお時おり上演されるだけでなく、このオペラのアリア《今日からは》(Depuis le jour )は、リサイタルの演目としても人気がある。

1902年にシャルパンティエはミミ・パンソン音楽院(Conservatoire Populaire Mimi Pinson)を開設し、パリの職業婦人に無料で芸術教育を行おうとした。しかしながら作曲家としては不毛になっていた。《ルイーズ》の続編《ジュリアン》は、1913年の初演では《ルイーズ》ほどの大成功をおさめず、すぐに忘れられた。シャルパンティエは、その後しだいに作曲しなくなっていった。

作品[編集]

オペラ作品[編集]

  • ルイーズ Louise1900年
  • ジュリアン、または詩人の生活 Julien, ou La vie du poète1913年
  • 下町の恋模様 L'amour au faubourg1913年
  • オルフェオ Orphée1931年

管弦楽曲[編集]

合唱曲[編集]

  • 交響劇「詩人の生涯」– 1892年
  • 狂った印象 – 1894年
  • ヴァトーに寄せるセレナード – 1896年

歌曲[編集]

関連項目[編集]