歌劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オペラハウスから転送)
移動: 案内検索

歌劇場(かげきじょう)は、オペラ及びバレエの上演を目的とする劇場オペラハウスとも呼ぶ[1]

概説[編集]

劇場内には、舞台と客席の間に低くした部分を設けてここにオーケストラと指揮者を置き(オーケストラピット、略してピット)、円滑な場面転換のために3面・4面舞台を有する。通常の劇場やコンサートホールでも、舞台または客席の一部の床を低くしてオーケストラピットを設けられるように作られているものがある。

楽器の演奏や歌唱の演出に適合するように、音響特性の面で考慮されている[1]

定義[編集]

日本でいう「歌劇場」は厳密な定義に従えば、単にオペラ・バレエが上演可能な「建物」のことだけを指すのではなく、独力で継続的にオペラ・バレエを上演し、それらを運営することの出来る組織を持っているものを指す。現に世界の多くの歌劇場には、音楽監督ないし常任の指揮者、専属のオーケストラ合唱団が設置されている。ウィーン国立歌劇場の専属オーケストラであるウィーン国立歌劇場管弦楽団は特に有名で、このオーケストラの団員がコンサート活動を行うのがウィーン・フィルハーモニー管弦楽団である。しかし、広義の意味で単に「オペラ団体」(歌劇団、英:opera company)を指す場合もある。「歌劇場」とあった場合、「建物」「オペラ団体」のいずれを指しているのか注意が必要である。

種類[編集]

主要な歌劇場[編集]

詳細は歌劇場の一覧を参照。

日本 (3面・4面舞台を持つ施設として定義した場合)

ドイツ

オーストリア

イタリア

フランス

スイス

スウェーデン

スペイン

イギリス

ロシア

アメリカ合衆国

オーストラリア

脚注[編集]

  1. ^ a b 『建築大辞典 第2版 普及版』彰国社 p.261 1993年

関連項目[編集]