ヘルムホルツ共鳴器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘルムホルツ共鳴器の一例

ヘルムホルツ共鳴器(ヘルムホルツきょうめいき)とは、開口部を持った容器の内部にある空気ばねとしての役割を果たし、共鳴共振)することでを発生する装置[1]で、ヘルムホルツ共振器ともいう[2]

概説[編集]

ヘルムホルツ共鳴器の共振周波数固有振動数)は、容器の内容積と開口部の面積などによって決まる。日常的な例では、びんの開口部に横から息を吹きかけることで、一定の高さの音が発生し、びんの中に水を入れて内容積を減少させると、発生する音が高くなることが確認できる。口腔の内容積やの開き方などを加減して音高を変える口笛も、この一種とみなすことができる[1]

楽器に用いられる最も簡単な共振系であり、オカリナギターヴァイオリンなどの共振系は、ヘルムホルツ共鳴器とみなせる。オカリナの場合は指孔を開閉して、開口部の面積(開いている指孔の面積の総和)を変えることによって音高を変化させる[2]。ギターやヴァイオリンなどの胴体は、これを構成している板材自体も共振系なので、特定の周波数だけでなく、楽器の発生する広範囲の音に対して共鳴するのであるが、ヘルムホルツ共鳴器としての共振(「ヘルムホルツモード」と呼ばれる)も発生しており、それぞれの楽器に固有の音色音量を決める要素のひとつとなっている[3]

ヘルムホルツ共鳴器は、特定の周波数の音に共鳴する性質を利用して、楽音の中に含まれる倍音の検出や、さまざまな混合音の周波数成分分析に用いられていた。今日そのような目的にはスペクトラムアナライザFFTアナライザ)などが使われるようになっているが、現在も楽器はもちろんのこと、スピーカー建築物の吸音装置などの技術として利用されている[1]

固有振動数[編集]

Helmholtz resonator sketch.JPG

体積V の容器(空洞)から、開口部の断面積S 、首の長さL の細いが伸びているとき、容器の内部にある空気はばねとしての役割を果たすので、管の内部に存在する空気塊は、運動方程式

\rho SL\frac{\partial^2 x}{\partial t^2}+\frac{\gamma p S^2}{V}x = 0

にしたがって、あたかも質量 ρSL を持ったピストンのように管の中で剛体的に振動するとみなすことができる[1]。ここで ρ は空気の密度x は空気塊の変位、γ は比熱比p圧力である。この系の固有角振動数

\omega_0 = c\sqrt{\frac{S}{VL}}

となるので、管の開口部などにこの振動数に一致する圧力振動が加えられると、空洞内部で共鳴が発生する。ここでc音速であり、次式で表される。

c = \sqrt{\frac{\gamma p}{\rho}}

ただし、以下の仮定を置いている:

  • LSV である(管の部分の体積は、容器の体積よりはるかに小さい)。
  • 容器内の空気は理想気体であり、かつその圧縮膨張断熱過程である。

一例として、V = 1 L、S = 1 cm2L = 10 cmの容器を常温常圧の空気中で共鳴させると、音速をおよそ 350 m/s として、固有角振動数は ω0 = 350 rad/s 、固有振動数は f0 = ω0 / 2\pi = 55 Hzとなる[4]

開口端補正[編集]

実際には管の内部だけでなく、開口部周辺の空気も付加的に振動するため、管の長さは実測値 L ではなく実効長 L' として、次のように補正する必要がある[1][2][5]

  • びんやフラスコのように、開口部にフランジがない形状の場合、開口部の半径a とすると、
    L' = L + 1.5a
  • オカリナやギターの胴のように、開口部にフランジがある形状の場合、開口部の半径を a とすると、
    L' = L + 1.7a
  • ヴァイオリンの「f字孔」のように、開口部が円形でない場合の近似式は、開口部の面積を S とすると、
    L' = L + \sqrt{{S}}

これは end correction と呼ばれ、縁端補正[2]あるいは開口端補正[5]などと訳されている。

オカリナやギターなどの楽器は、フラスコのような形態とはかなり異なるように見えるが、L の値が小さい(首の長さがたいへん短い)だけであり、共鳴の発生に関して実質的な違いはなく、上記の開口端補正を行えば、概ね正しい共鳴周波数を計算することができる[2][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 平尾雅彦 『音と波の力学』 岩波書店、2013年、83-85頁。ISBN 978-4-00-005129-3 
  2. ^ a b c d e H.F.オルソン(著)、平岡正徳(訳)『音楽工学』 誠文堂新光社、1969年、66頁、78頁。
  3. ^ 安藤由典『新版 楽器の音響学』 音楽之友社、1996年、ISBN 4-276-12311-9。134頁、190頁。
  4. ^ 吉川茂; 藤田肇 『基礎音響学』 講談社サイエンティフィク、2002年、146-149頁。ISBN 4-06-153972-8 
  5. ^ a b c N.H.Fletcher、T.D.Rossing(著)、岸 憲史 他(訳)『楽器の物理学』 シュプリンガー・ジャパン、2002年、ISBN 978-4-431-70939-8、13頁、193頁、223頁。 2012年に丸善出版より再刊 ISBN 978-4621063149