シュトゥットガルト州立歌劇場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Staatstheater Stuttgart, Opernhaus


シュトゥットガルト州立歌劇場(Staatstheater Stuttgart)は、ドイツバーデン=ヴュルテンベルク州シュトゥットガルト市にある歌劇場。シュトゥットガルト国立歌劇場ヴュルテンベルク州立歌劇場などとも呼ばれる。ベルリン国立歌劇場などドイツ圏の他の大規模オペラハウスとは異なり、一般演劇やバレエも包括する総合劇場であり、厳密にはシュトゥットガルト州立劇場と訳すのが正しいが、総監督はオペラ、演劇、バレエそれぞれに置かれているので、一般にはシュトゥットガルト劇場オペラ部門という意味合いで表記の名称を用いている。

概要[編集]

演劇場
室内楽劇場の入り口

創立は1912年であるが、前身の宮廷劇場は18世紀初頭から存在していて、通算して350年以上が経っている。リヒャルト・シュトラウスの歌劇「ナクソス島のアリアドネ」やカール・オルフの歌劇諸作品の初演を行っている。歴代の指揮者はフリッツ・ブッシュフェルディナント・ライトナーカルロス・クライバーがその下で第一指揮者:カペルマイスター)、ヴァーツラフ・ノイマンシルヴィオ・ヴァルヴィーゾデニス・ラッセル・デイヴィスガブリエル・フェロらが務めた。クラウス・ツェーラインがオペラ総監督でローター・ツァグロセク音楽監督の時代(1997年 - 2006年)に、「年間最優秀オペラハウス」に5度も選ばれるなど数々の栄誉に浴している。2007年よりマンフレート・ホーネックが音楽監督に就任した。

歌手ではウォルフガング・ヴィントガッセンフリッツ・ヴンダーリッヒが専属歌手をしていたことでも知られている。

主なレコーディングとして、ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」、ベルント・アロイス・ツィンマーマンのDVD「兵士たち」、ルイジ・ノーノの「不寛容」や「愛に満ちた偉大な太陽の下で」、ヘルムート・ラッヘンマンの「マッチ売りの少女」などがある。

付属オーケストラシュトゥットガルト州立国立管弦楽団(Staatsorchester Stuttgart)の名称で知られる。総勢130人、6管編成。オーケストラ単独での録音には、ツァグロセク指揮でベートーヴェン交響曲第3番マーラー交響曲第2番などがある。

オーケストラの特徴は、ホルンの強奏がドイツ圏のオーケストラでも最も強いほうに属し、も最も厚いほうに属する。現代音楽に関しては、必要な技術が放送交響楽団並みに整っていて、この歌劇場の最も得意とする分野である。

産業都市のシュトゥットガルトにあるので経済的にはとても豊かであり、委嘱活動が非常に盛んでチケット単価も他のドイツの歌劇場よりも安めに設定されている。

外部リンク[編集]