ウデムシ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウデムシ目
Amblypigid.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 鋏角亜門 Chelicerata
: クモ綱 Arachnida
: ウデムシ目 Amblypygi
  • ウデムシ科
  • カニムシモドキ科

ウデムシ目(ウデムシもく、Amblypygi、別名に無鞭目)は、節足動物門鋏角亜門クモ綱に所属する分類群であり、カニムシモドキとも言われる。ただし、カニムシとは形態的類似性は低く、系統的にも近縁ではない。偏平で丈夫な体と、横に張り出した長い足を持ち、その外貌は他に類するものがないほど異様である。小さいものでは体長5mm程度だが、大きいものは体長4cmを越え、しかも足は体長の2〜4倍以上あるため、陸生の節足動物としては大型の種を含む。

形態[編集]

分類学上、クモ形類の中ではクモ目に近縁な生物で形態にも類似点が多いが、出糸能力はない。

胴部は腹背に偏平で、頭胸部(前体)と腹部(後体)に分かれる。頭胸部と腹部との間は、クモほどではないがくびれる。

頭胸部は平たく頑丈な構造の頭胸甲に覆われており、前方中央1対と左右とに3対単眼を配置する。付属肢として1対の鋏角触肢、4対の歩脚をもつ。鋏角は小鋸歯が並ぶ鎌状に近い鉗脚構造で小さく目立たない。 触肢は左右に大きく張り出し、強大な鎌状になっている。鎌の内側には大小の鋭い鋸歯が並び、小動物の捕獲に向いた造りとなっている。 歩脚(歩肢)は頭胴長に対し非常に細長く、大きく横に張り出し、アシダカグモのように関節が前方に向いている。第一脚は特に細長くて歩行には用いず、先端部がのように伸びて昆虫の触角のような感覚器官として用いられる。

腹部は体節に分かれ、付属肢はなく腹側に呼吸器官として書肺を2対もつ。

生態[編集]

森林朽ち木の隙間や、樹皮上、洞穴などに生息する。夜行性で、昼間は物陰に隠れる。種類によっては、洞穴の壁に張りつき、天井もはい回る。肉食性で、昆虫などを捕食する。

配偶行動として、婚姻ダンスを行う種が知られている。 卵は卵塊として雌が腹につけて保護する。生まれた幼生は雌の背中に登り、しばらくはそこで過ごす。

人間との係わり[編集]

人間の生活との係わりはほとんどない生物だが、熱帯産の大型クモ類や甲虫類同様に観賞用に飼育されることがある。

分布と分類[編集]

世界中の熱帯地方に広く分布する。ウデムシ科カニムシモドキ科の2科からなり、合わせて約六十種。日本には分布しない。

参考文献[編集]

  • 内田亨監修 『動物系統分類学』第7巻(中A)「真正蜘蛛類」、中山書店。