アーバンネットワーク運行管理システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アーバンネットワーク運行管理システム(アーバンネットワークうんこうかんりシステム)とは西日本旅客鉄道(JR西日本)がアーバンネットワーク各線に導入している、列車の進路をコンピュータにより自動制御する運行管理機能と旅客に対して運転状況を自動的に案内する機能をもつ列車運行管理システム (PTC) の一種である。通称、SUNTRAS (Safety Urban Network TRAffic System) サントラス。

概要[編集]

このシステムのメリットには、ダイヤ復旧の迅速化などがある。運行状況から信号・ポイント制御などをすべて大阪総合指令所のコンピューターで一元管理し、モニタで列車の在線位置を表示している。ダイヤ乱れの時などダイヤを変更する際は指令所でダイヤ変更を行い、変更後のダイヤもコンピュータにより管理・予測するようになっている。

阪和線では関西空港線開業を機に超高密度運行に対応するために従来の列車集中制御装置(CTC)を発展・統合させた「阪和線運行管理システム」(初代)を導入した[1]。その後、東海道山陽本線琵琶湖線JR京都線JR神戸線)にも阪和線のシステムを改良したうえで、新機能として構築された「線路保守作業管理システム」を統合した「JR京都・神戸線運行管理システム」を導入した[2]。複々線区間を走行する列車種別の違う路線を総合的に管理する点で、阪和線に導入されたシステムよりも高い信頼性が要求された。さらにその後導入された「大阪環状・大和路線運行管理システム」「JR宝塚・JR東西・学研都市線運行管理システム」および2013年に更新された「阪和線運行管理システム」(2代)には、トラブル発生時における列車の駅間での停止ならびに列車無線の輻輳を回避する目的で、絶対信号機のない駅(停留所)を中心に「抑止表示器」が新機能として追加されている(後述)。

阪和線では、当時としては最新鋭のシステムであったSUNTRASは鳴り物入りで導入された。しかしながら導入当初はシステム障害やシステムダウンによりたびたび制御不能に陥り、ポイント切り替えを手動で行うなどトラブルが頻発した。2000年代においても2005年10月と2007年7月にシステムの不具合で大規模な障害を引き起こしている。

導入路線[編集]

阪和線運行管理システム(初代)
阪和線:天王寺駅 - 和歌山駅
阪和線運行管理システム(2代)
導入区間は初代に同じ。
  • 発車標は区間内の全駅に設置、放送も全駅統一。なお、鳳駅5番のりばには発車標はないが、駅自動放送はシステム更新時に他のホームと同様のものに変更されている。
JR京都・神戸線運行管理システム
北陸本線・東海道本線・山陽本線(琵琶湖線・JR京都線・JR神戸線):近江塩津駅 - 上郡駅
赤穂線相生駅 - 西浜駅[5]
  • 有年駅の放送はシステム対応のものではなく、発車標は駅舎内に小型のものがあるのみ。また、赤穂線と北陸本線のシステム対応放送導入は相生駅・播州赤穂駅・米原駅・長浜駅のみで、それ以外の駅には発車標も未設置。
大阪環状・大和路線運行管理システム
大阪環状線:全線
関西本線大和路線):JR難波駅 - 加茂駅
桜島線(JRゆめ咲線):全線
おおさか東線放出駅構内をのぞく全線
片町線支線:正覚寺信号場 - 平野駅
  • 平城山駅の放送はシステム対応のものではなく、発車標も未設置。
JR宝塚・JR東西・学研都市線運行管理システム
福知山線(JR宝塚線):尼崎駅(構内をのぞく) - 新三田駅
JR東西線:尼崎駅構内をのぞく全線
片町線(学研都市線):支線および木津駅構内をのぞく全線

主な機能[編集]

機能の比較[編集]

機能 阪和線システム
(初代)
阪和線システム
(2代)
JR京都・神戸線
システム
大阪環状・大和路線
システム
JR宝塚・JR東西・
学研都市線システム
列車遅延・
運休などの案内
×[6]
抑止表示器の設置 × ×

列車遅延の案内[編集]

大阪駅での遅れ表示

次の電車が何分遅れで到着するか即座に計算し、各駅の旅客案内情報処理装置 (PIC) を通じて発車標には遅れ時分が、3分以上2時間未満の場合は「遅れ約30分」「30 minutes behind」など、2時間以上の遅れの場合は「遅れ120分以上」「120 minutes over」と表示され、また駅自動放送でも「約30分遅れて運転しております。(到着まで、約○分です。)ご迷惑をおかけしますが、しばらくお待ちください」と案内される。事故や天災などで大幅な遅れが出ている場合はこれに加えて「到着まで約15分」「15 min. until arrival」などと表示する。この表示の時には、時刻の表示欄が空白となる。また、乗務員区所の運行情報表示装置(TID) にも表示を自動で行う。

抑止表示器[編集]

異常時などのダイヤ乱れで、列車が駅間で長時間停車することを回避させるために設置されている。通常は無表示(右上に点のみ点灯している)の状態であるが、乗務員への通告には抑止連絡解除整理(整理の場合、調整時間が交互に表示。例えば、2分の場合は2'00と表示)が表示される。また、時間調整が秒単位で指示される。設置線区は以下の通り。

  • おおさか東線:放出駅・久宝寺駅をのぞく各駅
  • 大阪環状線:全駅
  • 関西本線(大和路線):JR難波駅・天王寺駅・平野駅・久宝寺駅・柏原駅王寺駅奈良駅木津駅・加茂駅をのぞく各駅
  • 片町線(学研都市線):木津駅・祝園駅・JR三山木駅・同志社前駅 - 長尾駅・四条畷駅・住道駅・放出駅・鴫野駅をのぞく各駅
  • 福知山線(JR宝塚線):尼崎駅・塚口駅・北伊丹駅・川西池田駅・宝塚駅・新三田駅をのぞく各駅
  • 阪和線(2013年以降):美章園駅・南田辺駅・長居駅・浅香駅・新家駅・和泉鳥取駅・山中渓駅・六十谷駅・紀伊中ノ島駅[7]

案内放送[編集]

基本的に、予告放送・接近放送・到着放送・停車中放送・出発放送・啓発放送を行う。また、到着列車の遅れや運転休止、行先・のりば変更などを駅自動放送で自動的に案内する機能のほか、英語による予告放送・接近放送・停車中放送も大阪環状線は一部の駅で、その他の線区では一部の主要駅で行っている[8]が、初代阪和線システムではこれらの機能に対応した駅自動放送はなかった[9]。発車放送はシステムにより自動的に作動するタイプと車掌が押ボタンを押下するタイプがある。

なおこれらの放送は、システムを導入している区間の駅にシステムを導入していない線区が乗り入れていても、一部の例外[10]をのぞき、駅全体でシステム対応の放送が流れる。

  • JR京都・神戸線システム、JR宝塚・JR東西・学研都市線運行管理システム、阪和線システム(2代)

阪和線システム(初代)[編集]

列車が停車する際駅で流れるBGM

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

初代阪和線システムでは、予告放送(和歌山駅のみ)・接近放送・停車中放送(天王寺駅・鳳駅のみ)・発車放送の冒頭にいずれも同じメロディが流れていた。大阪支社管内は2000年頃まで、和歌山支社管内は2002年頃まで、2打点チャイムが用いられていた。また入線時にもメロディが使用されていたが、停車列車と通過列車でメロディが使い分けられていた。

接近放送は各駅で行われていたが[11]、発車放送は待避列車など長時間停車する列車のみ[12]行われていた。

普通列車の放送は、美章園駅・南田辺駅・長居駅・我孫子町駅・上野芝駅・津久野駅は「普通」、それ以外の駅は「普通列車」と言いまわしが異なっていた[13]。なお、かつては「各駅停車」という言い回しを行う駅もあった。先着案内は、堺市駅では接近放送時に、天王寺駅と鳳駅(上りのみ)では停車中放送時に行われていた(接近放送時に先発列車となっている場合、先着案内は接近放送時に行われる場合があった)。

接近放送では、下りの関空・紀州路快速の場合は停車駅の案内が省略され、それぞれの乗車位置案内が行われていた。一部の駅は「○両で」の部分が無く、「○○行きがまいります(または、はいります)」という放送になっていた。また列車によっては停車駅や乗車位置の案内が省略される場合もあった。

システム導入当時には運行されていなかったダイヤの案内も行うため、アクセントが不自然な放送が多かったほか、音声の違う文言をつなぎ合わせている部分もあり、関空快速の単独列車での「関空快速」の部分など、音程が変わる放送もあった。

2012年3月14日頃から順次、接近放送での「危険ですからホームの内側にお下がりください」という文言が、一部駅をのぞいて他のシステムと同様に「危ないですから、黄色い点字ブロックまでお下がりください」へ変更された。

特殊なものとして和歌山駅では特急列車の自由席、指定席などの案内が予告放送時に流れていた。また天王寺駅では到着時に乗り換え案内の放送[14]が流れていた。

また、和歌山駅では阪和線以外のきのくに線・和歌山線においても同様の自動放送が行われていた。

JR京都・神戸線システム[編集]

JR京都・神戸線システムでは、予告放送・接近放送の本文に先立って、JR神戸線では「さざなみ」のメロディが[15]、JR京都線・琵琶湖線(大阪駅・京都駅をのぞく)では4打点チャイムが流れる。また、接近放送のあとにもメロディまたはチャイムが流されるが、停車列車と通過列車でメロディは分けられていない。なお、以下の駅の接近メロディは他駅と異なり、その駅でのみ使用されている。

導入当初、「黄色い線までお下がりください」の後に「電車が(列車が)まいります(通過します)。ご注意ください」という放送であったが、2006年12月20日ごろより「○番のりばに(○番のりばを)電車が(列車が)まいります(通過します)。ご注意ください」に、2011年3月26日頃より「黄色い線までお下がりください」から「危ないですから、黄色い点字ブロックまでお下がりください」に変更されている。

次の停車駅が終点の特急列車でも自由席・指定席などの案内放送があり「お待たせいたしました」という放送も流れる。駅到着後に回送列車になる列車でも、「乗り降り の際 足元にご注意下さい」という放送が流れていたが、2012年3月のダイヤ改正を期に「お降り の際は 足元にご注意下さい」へと修正された。また、一部の駅では先着案内[16]が行われる。

特急・急行・回送列車の場合は、電車であっても例外なく「電車」を「列車」と置き換えて案内される[17]。ただし、新快速・快速の通過の場合は、発車標では「列車」、自動放送は「電車」となる。またドア付近に段差がある場合は予告放送の後にその旨が、乗車券のほかに特急券などが必要な列車の場合も駅によって放送される。

なお以下の駅では、ほかの駅とは異なった案内放送を行う。

  • 京都駅:駅名連呼・忘れ物注意・足元注意等の放送に続いて、乗り換え路線(他社局路線および特急「はるか」への乗り換え案内を含む)の案内を行っている。システム導入前の自動放送で乗り換え案内が入っていたため、それを引き継がせたものといえる。なお、この駅では優等列車や新快速・快速系統列車の停車駅案内は省略される(発車標にも表示されない)
  • 吹田駅:最寄施設への出口案内の放送を行っている。吹田駅中央改札口は南側にしか出口がなく、吹田年金事務所・吹田市民病院など北側にある施設へは遠回りとなるため、北側にも出口のある東改札口(吹田北口)から出場するよう案内している。

大阪環状・大和路線システム[編集]

基本的にJR京都・神戸線システムと同じ放送を行っているが、接近放送の停車列車のメロディと通過列車のメロディは使い分けられている。また、「電車(列車)がまいります(通過します)。ご注意下さい。」と、回送列車の場合は「回送電車がまいります。ご注意下さい。」および、終着駅での「当駅止まりの電車がまいります。ご注意下さい。」は2回繰り返す。なお、2011年3月から順次、「黄色い線までお下がりください」から「危ないですから、黄色い点字ブロックまでお下がりください」に変更されている。

発車放送は、「○番のりばから、普通 ○○行が発車します。ドアが閉まります。ご注意下さい。」と「ドアが閉まります。ドアが閉まります。ご注意下さい。」に使い分けられており、大阪環状線の全駅・大和路線の一部の駅・おおさか東線の全中間駅では後者の放送となっている。[18]大和路線(一部除く)・おおさか東線・JRゆめ咲線の発車放送は前者のものでシステムにより自動的に放送されているものの、大阪環状線の各駅では回送列車の発車時をのぞき、これまで通り車掌扱いによる押ボタンを押下することにより行われている。

奈良駅および木津駅では、加茂行き列車が加茂駅で伊賀上野柘植亀山行き列車に連絡している場合、予告放送にてその旨の案内を行う。

また、各行先への当日最終列車については、その旨を案内したうえで、乗り遅れのないように促す放送が流れる。

JR宝塚・JR東西・学研都市線システム[編集]

音声はJR京都・神戸線システムと同じ担当者である。大阪環状・大和路線システムとは異なり、当駅止まりの電車や回送列車の場合でも「電車(列車)がまいります。ご注意ください」を2回繰り返す。予告放送では、快速から普通への連絡案内や女性専用車の案内が追加されている。JR宝塚線内の快速停車駅においては、篠山口行きが終点の篠山口駅で福知山行き列車に連絡している場合、予告放送にてその旨の案内を行う(JR京都・神戸線システムを採用する大阪駅および尼崎駅でもこれと同様の放送が行われる)。

京橋駅および放出駅には、大阪環状線各駅に設置されているものと同様の押ボタンがあり、車掌が押下すると、乗車促進ベル鳴動後に「ドアが閉まります、ドアが閉まります。ご注意ください」と放送される。なお、導入当初の「黄色い線までお下がりください」という言い回しは、2011年3月下旬に、北新地駅をのぞいて「危ないですから、黄色い点字ブロックまでお下がりください」に改められ、さらに2012年3月には大阪天満宮駅も北新地駅と同じ言い回しに改められている[19]

放出駅3・4番のりばでは、到着放送時に乗り換え案内を行う。また、宝塚駅2番のりばおよび四条畷駅1番のりばでも、当駅折り返しの電車に限り、到着放送時に乗り換え案内を行っている。

阪和線システム(2代)[編集]

音声の担当者はJR宝塚・JR東西・学研都市線システムと同じで、言い回しもほぼ同じであるが、メロディは初代阪和線システムのもの(音程はやや低くなっている)を使用している。ただし、停車中放送[20]・発車放送時のメロディはシステム更新時に廃止された。杉本町駅の1・3番のりば(通過専用ホーム)にはホーム柵があり、点字ブロックがないため、列車通過前には「危ないですから、黄色い点字ブロックまでお下がりください」の代わりに「危ないですから、ホームの内側にお下がりください」と放送される。

先着放送については初代より詳細になったほか、新たに快速から普通への連絡案内が追加されている。

天王寺駅2・5・6・9番のりば(降車専用ホーム)および鳳駅5番のりば(羽衣線ホーム)[21]では、到着放送時に乗り換え案内を行う[22]。ただし天王寺駅では大阪環状線方面への乗換案内のみ行われる。

歴史[編集]

  • 1993年平成5年)7月1日:阪和線天王寺駅 - 和歌山駅間に「阪和線運行管理システム」(初代)を導入。
  • 2002年(平成14年)7月29日草津駅 - 西明石駅間に「JR京都・神戸線運行管理システム」が導入[23][24]
  • 2006年(平成18年)9月1日、「JR京都・神戸線運行管理システム」が北陸本線・東海道本線(琵琶湖線)近江塩津駅 - 草津駅間、山陽本線(一部、JR神戸線)西明石駅 - 上郡駅間、赤穂線相生駅 - 西浜駅[5]間に拡大。
  • 2007年(平成19年)3月18日:米原駅 - 相生駅間および長浜駅・播州赤穂駅・上郡駅にて放送更新。
  • 2008年(平成20年)3月15日:おおさか東線の部分開業にあわせて「大阪環状・大和路線運行管理システム」が先行導入[25][26]
  • 2009年(平成21年)10月4日:「大阪環状・大和路線運行管理システム」が本格運用開始。
  • 2011年(平成23年)3月8日:「JR宝塚・JR東西・学研都市線運行管理システム」が運用開始[27]
  • 2013年(平成25年)9月28日:阪和線天王寺駅 - 和歌山駅間の「阪和線運行管理システム」を2代目のものに更新[28]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日立評論 1994年5月号 (PDF) - 日立製作所 p.42 - p.43
  2. ^ 日立評論 2003年8月号 (PDF) - 日立製作所 p.43 - p.46
  3. ^ a b c かつて大阪環状線や大和路線の一部の駅に設置されていた、種別・行先・在線位置のみを表示する簡易型タイプがホーム上にあり、コンコースには詳細表示タイプの機種が設置されていた。
  4. ^ 詳細表示の可能な機種であるが、表示内容については、改札口付近に設置されているものは行先表示が省略されており、またホーム上に設置されているものは列車接近表示・自社の案内広告・啓発案内などに限られていた。
  5. ^ a b JR西日本2006年9月定例社長会見インターネット・アーカイブ)によれば米原駅 - 近江塩津駅間の延長は2006年10月1日、赤穂線は相生駅 - 備前福河駅間の導入であるが、「データで見るJR西日本」では、相生駅 - 西浜信号場間となっている。
  6. ^ 2009年に六十谷駅に設置された発車標には、列車遅延時に遅れ時分が行先欄に表示されていたが、阪和線内では発車標の表示形式の個体差が駅ごとに大きく、運行管理システムによるものなのかは不明である。
  7. ^ これら以外の停留所であった駅は、踏切長時間鳴動対策のため、駅前後にある既存の閉塞信号機を絶対信号機とすることで対応している。
  8. ^ 英語放送については特急列車などのみに限定している駅もある。
  9. ^ 代わりに、阪和線の主要駅では、停車駅・先着列車・回送列車などに関する情報が、発車標に英語で表示されていた。
  10. ^ 加古川駅の加古川線のりばの放送はシステム対応のものではない。鳳駅の羽衣線のりばの放送も、初代阪和線システムではシステム対応のものではなかった。また兵庫駅の和田岬線のりばには自動案内放送はなく、発車ベルが鳴動するのみ。なお、大阪駅京橋駅天王寺駅は線区ごとに異なるシステムの放送が採用されている。
  11. ^ 一部の駅では、21時以降は接近放送が流れなかった。
  12. ^ 鳳駅では5番のりばをのぞくすべての列車で使用されていた。
  13. ^ 杉本町駅は種別・行き先を言わない簡易型放送だった。
  14. ^ 1・2番のりば到着時は詳細型、5・6・9番のりば到着時は簡易型の乗換案内であった。
  15. ^ a b 著作権料高かった? さくら夙川駅メロディー廃止 - 神戸新聞 2010年4月14日
  16. ^ この場合、当該駅に止まらない列車に乗り換えた場合が先着となるケースでは緩急接続駅ではなく先着列車が停車する直近の駅で乗り換えるようにアナウンスが入る。
  17. ^ その逆パターンとして、姫路駅の姫新線ホームでは、気動車による普通列車でも「列車」ではなく「電車」と案内される。ちなみに、大阪環状・大和路線システムが導入されている加茂駅では、気動車列車を「列車」と案内している。
  18. ^ おおさか東線は、開業当初は発車時の放送もJR京都・神戸線システムと同じく、前者の放送となっていた。
  19. ^ 北新地駅および大阪天満宮駅にはホームドアがあるため、「危ないですから、ホームのドアから離れてお待ちください」に変更された。
  20. ^ 停車時間によるが停車中放送は時間をおいて繰り返し流される。
  21. ^ システム更新前は乗換案内はおろか到着放送すらなく、放送も独自の仕様だった。
  22. ^ 鳳駅3番のりばでも、当駅折り返しの天王寺行き到着時に限り乗り換え案内を行う。
  23. ^ 『JR気動車客車情報』'03年版 ジェー・アール・アール 2003年 ISBN 4-88283-124-4
  24. ^ 日立評論 2003年1月号 (PDF) - 日立製作所 p.75
  25. ^ 大阪環状・大和路線運行管理システムの使用開始について - 西日本旅客鉄道プレスリリース(インターネット・アーカイブ)
  26. ^ 日立評論 2010年1月号 (PDF) - 日立製作所 p.60 - p.61
  27. ^ 2011年2月定例社長会見 - 西日本旅客鉄道プレスリリース(インターネット・アーカイブ)
  28. ^ 2013年9月定例社長会見 - 西日本旅客鉄道プレスリリース

関連項目[編集]