アイリッシュシチュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アイリッシュシチュー

アイリッシュシチュー: Irish stew)は、アイルランド料理である。

概要[編集]

アイルランドにおける伝統的な料理であり、家庭の数だけレシピがある[1]。日本料理の肉じゃがに例えられることもある[1]

羊肉(マトン)の風味によく合う料理と言われ、子羊の肉(ラム)はあまり使用されない[2]。伝統的にはマトンか子ヤギの肉が使われるが、手に入りにくい場合は牛肉かラムで代用する[3]。肉を牛にするとビーフシチューになり、牛肉を入れる場合にはビールを入れて肉を柔らかくする[3]

作り方[編集]

角切りの羊肉(主に首肉が使用される[4][2])、輪切りのタマネギジャガイモ香辛料としてタイムパセリ胡椒スープストックで煮たシチュー。切り分けた羊肉、タマネギ、ジャガイモを交互に重ね、弱火で煮込んで完成となる[2]

材料は炒めず、ブイヨンルウを加えずに煮込んで白く仕上げる点が特徴である。味付けは基本的に塩コショウでシンプルにされるが、家庭によっては牛乳を加えてクリームシチュー風にする場合もある[3]。伝統的には、香辛料で風味と香りを付けたムラサキキャベツマリネが付け合せにされる[2]

アイリッシュシチューにニンジンを入れるかどうかについてはアイルランド人の間で意見が分かれている[4]。また、カブによく似た野菜であるターニップが具材に使われることもある[1]。ニンジンやカブなど野菜は別茹でして皿に盛り付けるのが正式な食べ方とされているが[5]、これらの野菜を別茹でするかについても意見が分かれる[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 食事・料理”. アイルランド政府観光庁. 2012年1月閲覧。
  2. ^ a b c d 「IRISH STEW」『新ラルース料理大事典』2巻、p.580
  3. ^ a b c d 海老島均、山下理恵子編著『アイルランドを知るための70章』、p.235
  4. ^ a b 玉村『世界の野菜を旅する』、p.84
  5. ^ 河野友美編『料理用語』、p.3

参考文献[編集]

  • 海老島均、山下理恵子編著『アイルランドを知るための70章』(エリア・スタディーズ, 明石書店, 2011年8月)
  • 河野友美編『料理用語』(新・食品事典13, 真珠書院, 1994年6月)
  • 玉村豊男『世界の野菜を旅する』(講談社現代新書, 講談社, 2010年6月)
  • 「IRISH STEW」『新ラルース料理大事典』2巻、580頁(辻調理師専門学校 辻静雄料理教育研究所訳, 同朋舎メディアプラン, 1999年3月)