ソルロンタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
先農湯
Korean.food-Seolleungtang-01.jpg
各種表記
ハングル 설렁탕
漢字 설렁湯
発音 ソルロンタン
ローマ字転写: Seolleongtang
テンプレートを表示

ソルロンタンは、韓国の代表的な料理のひとつ。・骨を長時間煮込んで作る、乳白色のシンプルなスープ料理。似た料理としてコムタンがあり、両者とも長時間かけて煮出したスープではあるが、コムタンと比べ骨が多く入っており、骨髄まで煮出され白濁しているのが特徴。

調理法・食べ方[編集]

の骨や各部位の肉、舌、内臓を大きな鍋に入れ、水で10時間以上煮立てる。ゆでてスライスした肉類、素麺などを入れた器に、できあがった乳白色のスープを注ぎ、薬味の刻みネギを乗せて白飯とともに供する。

調理時にはほとんど味付けを行わず、食卓でコショウ、粉唐辛子などを加え、好みの味に調節して食べる。副菜として、特に大根のキムチ(カクトゥギ)が欠かせないと言われる。白飯やゆでたを入れてもいい。

由来[編集]

諸説あるがよく知られているのは、朝鮮王朝時代に、農事に関する祭祀が執り行われた先農壇(現在のソウル特別市東大門区祭基洞)で、祭祀の後に人々にふるまわれていた料理だったという説。「先農壇」のスープなので「先農湯(ソンノンタン)」だったのが「ソルロンタン」になった、などといわれている。現在は「雪濃湯」と漢字をあてることが多い。また、モンゴルのスープ料理が高麗末期に伝わったという説などもある。

外食産業におけるソルロンタン[編集]

家庭ではなかなか味が出しにくい料理で、専門店や一般的な食堂で食されることが多い。注文すればすぐに出てくる簡便さから、朝食・昼食などとして広く食べられ、価格も安い。韓国統計庁では生活物価指数を測定する代表的な品目のひとつとしている。

韓国では老舗やチェーン店などの専門店が、早朝から、あるいは24時間で営業している。これらの店ではスープと白飯のセットが出され、テーブルには大量の白菜キムチ、カクトゥギが置かれていることが多い。

外部リンク[編集]