キムチチゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キムチチゲ
キムチチゲ
各種表記
ハングル 김치찌개
漢字 -
発音 チチゲ
ローマ字転写: Gimchi Jjigae
テンプレートを表示
キムチチゲ

キムチチゲ韓国で広く食べられている辛口の鍋料理スープ料理である。その名のとおり白菜キムチが味の主体で、具には肉類または魚介類、野菜豆腐などが使われる。

作り方[編集]

キムチと肉類を炒め、そこに肉などでとっただし汁を注ぐ。醤油・おろしニンニク唐辛子粉などで味を調え、ネギ白菜などの野菜や豆腐といった具を加えて煮る。非常に一般的な料理で、店や家庭によって調理法や具材は多彩である。

使用するキムチは醗酵が進んで酸味が強くなったものでないと、特有の味が出ないとされている。イノシン酸を多く含む炒り子塩辛などと一緒に炒めると、キムチの成分と反応してよりうまみが出る。肉はコクのある豚ばら肉などを使うことが多い。肉以外では缶詰ツナ朝鮮語で「チャムチ(참치)」)がよく使われ、チャムチキムチチゲ참치김치찌개)、あるいは単にチャムチチゲなどと呼ばれる。

供し方[編集]

一般に、ご飯のおかずとして、他のパンチャン(반찬 / 飯饌、惣菜)類と共に供することが多い。食堂などでは一人前から注文することが普通で、トゥッペギ(뚝배기)と呼ばれる小さな鍋で出てくる。もちろん複数人数で鍋を囲んでつつくこともある。

日本におけるキムチチゲ[編集]

日本では一般的にはキムチ鍋と呼ばれている。日本で紹介されるレシピではキムチと肉を炒めるものが少なく、最初から煮込むものが多い。またコクを出すためか辛さを抑えるためか味噌を少量加えるものがある。

関連項目[編集]