ソリャンカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリーブが入ったソリャンカ

ソリャンカ[1]ウクライナ語: Солянка / Solyanka [ソリャーンカ])は、ウクライナ料理の一つで、香辛料を多用した味の濃いスープである。

概要[編集]

ソリャンカは、ボルシチと並び東欧を代表する料理であり、左岸ウクライナスロボダ・ウクライナの農村に伝わるスープである。19世紀までは「セリャーンカ」(Селянка)と呼ばれた。[2]二日酔いに効くスープとして好まれた。

Fish solyanka

ソリャンカの歴史は新しく、近世にウクライナのボルシチロシアシチーの融合から生まれたスープだと考えられている。18世紀後半のロシア女帝エリザヴェータと関係が深かったウクライナ・コサック出身のロズモーヴシクィイ家は、ロシアの朝廷にウクライナ料理を流行させた。その結果、ソリャンカはロシアの貴族によっても好まれるようになり、ロシア料理の一つとしても知られるようになった。ロシアにおいては「ソリャンカ」は訛って「サリャンカ[3]と発音されている。このスープは諸国にも伝わり、今日ではアメリカ合衆国ドイツ (とくに旧東ドイツ)、東欧諸国などにおいても食べられている。

ソリャンカは、ブイヨンの違いからのソリャンカ、のソリャンカと、のソリャンカという三つの種類に分けられる。ピクルスオリーブキャベツレモンクワスマリネの茸を加えるので、スープは塩辛い。また、トマトビーツコショウ人参などが加えられているためスープの色はしばしば赤っぽくなっている。香辛料として黒胡椒、パセリ、セロリなどがよく使われる。食べる際にはスメタナサワークリーム)を加えるのが一般的である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ソリャーンカとも。
  2. ^ 「セリャーンカ」という名はウクライナ語の「セロー」(Село: )に由来している。
  3. ^ サリャーンカとも。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]