チヒルトゥマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チヒルトゥマ
種類 スープ
発祥地 グルジアの旗 グルジア
主な材料 肉 (羊肉もしくは鶏肉)、鶏卵

チヒルトゥマラテン文字:Chikhirtma、グルジア語: ჩიხირთმა)は伝統的なグルジアスープである。チヒルトゥマは野菜のベースがほぼ全くないスープとして記述される。

チヒルトゥマは鶏肉羊肉を用いることもある)の出汁から作り、これにほぐした卵黄のみのこともある[1])で味わいを濃厚にしたスープである。調理していない卵を温度の高い出汁と一体化させていく技術は比較的難易度が高い。この技術はは古代ペルシアに現れ、出汁と卵を一体化させることを目的としている。

このため、卵はボウルに割り入れて少量の生温い出汁と撹拌し、その後に少量の小麦粉(伝統的にコーンミールを用いる)と有機酸(ザクロもしくはレモン汁、ワイン、ヴィネガーなど)を加えていく。この撹拌は5~7分行い、温度の高い出汁を徐々に加えて撹拌していく。

出汁をとった肉を取り出す前に小麦粉と玉ねぎを加え、その後スープに沈める。グルジアの家庭に一般的にある食材以外では、ハーブや香辛料(チリパウダーマリーゴールドコリアンダーバジルパセリセロリの葉など)、シナモンペパーミント、そしてコリアンダーシードは必ずと言っていいほど加える。

脚注[編集]

  1. ^ Jennifer Eremeeva (2013年11月6日). “Chikhirtma: The ultimate comfort food”. Russia Beyond The Headlines. 2014年7月4日閲覧。

外部リンク[編集]