フリカッセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鶏肉のフリカッセ(甘酢ソース仕立て)

フリカッセ(仏 fricassée)とはフランスの家庭料理で白い煮込み。バター等の油でたまねぎをしんなりするまで炒め、鶏肉魚介類を加えて絡めて炒め、ワインやブイヨン、ローリエを入れ、煮立ったら生クリームを加えて作る料理である。このとき、色を白いままに保つためたまねぎは焦げないように注意する。

西洋風雑煮とも呼ばれる。生クリームではなくケチャップカレー粉を加える場合もある。

古代ギリシアの喜劇作家アリストファネスの作品「女の議会」には、「ありとあらゆる種類の食材を含んだ料理」(、脳髄、蜂蜜ピクルス、骨髄、アニス酒などの17種類からなる煮込み料理)として登場している。