カレカレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
盛り付けられたカレカレ

カレカレ(Kare-kare)は、シチューに似たフィリピン料理である。ピーナッツソース、様々な野菜牛テール牛肉、そして時にもつトライプを使って作られる。肉としては、ヤギ肉やまれに鶏肉も使われる。しばしばエビペーストと一緒に食べられる。トウガラシで味付けしたり、カラマンシージュースがかけられることもある。伝統的に、フィリピン(特にパンパンガ州)の祭りは、カレカレがないと終わらない。アメリカ風のものは、牛テールを牛肉に変えることもある。

歴史[編集]

カレカレの起源については、いくつかの説がある。1つは、パンパンガ州で最初に作られたというもので、もう1つは、スペイン人の到来以前にマニラに居住していたモロ人の食文化に由来するものであるという説である。フィリピン人にとっては国民食となっており、海外に移住したフィリピン人も好んで食べている。

調理[編集]

カレカレとホワイトソースをかけた牛タンパンシットの食卓

皮がついたまま2インチの長さに切った牛テールとトライプは柔らかくなるまで茹でる。牛のスネ肉が加えられることもある。肉が柔らかくなり、スープがゼラチン質になったら、炒って挽いたピーナッツ(またはピーナッツバター)と同じく炒って挽いたもち米を加えてスープにとろみをつける。また着色のためにアナトーを加える。よく使われる野菜は、若いバナナつぼみナスサヤマメハクサイ等である。温かいまま、塩を振って焼いたエビのペーストを添えて出されることが多い。

関連項目[編集]