トゥクパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥクパ

トゥクパチベット文字:ཐུག་པ་; ワイリー方式thug pa, Thukpa)は、チベット文化圏で作られる、日本のうどんに似た食べ物。

概要[編集]

一般に汁は塩味で、少しの野菜と、時にマトンヤクの肉が加えられる。伝統的には、日本の手延べうどんと同様の製法で小麦粉を用いて製麺され、肉が入ったものは日本の肉うどんと驚くほど味が似ている。現地では、麺にパスタを用いてもトゥクパと称される。

小麦粉は貴重なため、日常食ではなく、家庭ではハレの日などの特別食で、古い時代に中国から伝わったとされる。家庭での場合は、ひも状に加工せず、すいとんの様にしたものもトゥクパと呼ばれることがあるが、多くの場合、これはスキューと呼ばれる。

トゥクパはチベット食レストランではモモと並んだ2大スターであり、メニューがこの二つしかない場合もある。

関連項目[編集]