ソーダブレッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
全粒粉のソーダブレッド
"griddle cake"タイプのソーダブレッド

ソーダブレッド(Soda bread)とは、膨張剤としてイースト菌の代わりに炭酸水素ナトリウム(重曹)を用いたクイックブレッドの一種である。伝統的なソーダブレッドの材料は、小麦粉、炭酸水素ナトリウム(重曹)、食塩バターミルクである。レーズン、鶏卵、様々なナッツ等が加えられることもある。

ドウの中のバターミルクに含まれる乳酸は、炭酸水素ナトリウムと反応して二酸化炭素の小さな泡を作る。アイルランドでは、小麦粉として薄力粉が用いられ、グルテンの多いパンに比べてケーキに近い食感を持つ。

種類[編集]

アイルランド中で、様々な種類のソーダブレッドが好まれている。ソーダブレッドは、全粒粉を使ったものも精白粉を使ったものもある。

アルスターでは、全粒粉を使ったものはwheaten breadと呼ばれ、通常甘い味が付けられている。"soda bread"という言葉は精白粉を使ったものに限られる。さらに南部では、全粒粉のものはbrown sodaとして知られる。

ソーダブレッドは、ローフかまたは"griddle cake"という形に作られることが多い。ローフは球形に作られ、パンの上部が十字にカットされる。"griddle cake"はアルスターではfarlと呼ばれ、平たいタイプである。鉄板で調理され、四隅から裂いて食べられる。

ダンパーオーストラリアの伝統的なソーダブレッドで、アイルランドからの移民によって持ち込まれたと考えられている。

歴史[編集]

ソーダブレッドの歴史は、炭酸水素ナトリウムがアイルランドに伝来した1840年頃に遡る。

ソーダブレッドの十字の切れ目の重要性については、いくつかの説がある。この十字は悪魔を避けるためや妖精を追い出すためと信じられている。しかし、実際はパンがよく膨らむように空気を循環させるためであると考えられる。またスライスする際の目安としても役に立っている。

ソーダブレッドはいつしかアイルランドの主食となり、現在でも国中の家庭で広く作られている。

アイルランドの朝食では、紅茶とポークソーセージまたはマーマレードを添えたブラウンブレッドが良く食べられる。

ソーダブレッドは、アルスターのフル・ブレックファストの重要な要素となっている。

外部リンク[編集]