あんこ (相撲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あんこ型から転送)
移動: 案内検索

あんことは、肉付きが良く丸い体型をした力士を指す相撲用語。和菓子の「餡子」ではなく、魚の「アンコウ」のような体型に喩えた言葉である。逆に、痩せ型の力士をそっぷと呼ぶ。

概要[編集]

あんこは伝統的に理想の力士像とされてきたが、近代相撲では動きが鈍いあんこ体型が上位に食い込むことは非常に難しくなってきている。また、あんこが過ぎるとバランスが悪くなり、自身の体重によって立ち回りが悪くなったり足腰を痛めやすくなったりする。

あんこが顕著な力士の一例[編集]

派生語[編集]

あんこは日本のプロレスでも同様の意味で使われている。

あんこ型レスラーの一例[編集]