西武バス飯能営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西武バス飯能営業所入口
飯能営業所所属車両

西武バス飯能営業所(せいぶバスはんのうえいぎょうしょ)は、埼玉県飯能市美杉台にあり、西武バスのうち飯能市・入間市狭山市所沢市などの西武池袋線沿線地域と、東京都青梅市西多摩郡瑞穂町周辺の路線を担当する営業所である。最寄り停留所は美杉台ニュータウンである。

敷地内には、子会社である西武総合企画飯能営業所を併設している。2000年から2010年まで西武自動車(3代目)飯能営業所を併設していた。また、秩父地区の一部路線を管轄する支所を擁していた。本項では、これらについても扱うこととする。

概要[編集]

1989年平成元年)4月1日飯能駅北口(現在は駅ビル「西武飯能PePe」敷地の一部となっている)に設けられていた狭山営業所飯能支所(元・<旧>飯能営業所)と、青梅市日向和田に設けられていた青梅営業所を統合した上で、飯能市美杉台へ移転・開設されたのが現在の飯能営業所である。

沿革[編集]

飯能・青梅のバス草創期から終戦まで[編集]

所管地域である飯能・青梅地区の路線の歴史は古く、昭和初期から武蔵野鉄道(現在の西武池袋線の前身)によって運行されていた路線に遡る。その多くは同鉄道が独自に開設したのではなく、いくつかの中小事業者の路線を引き継いだものである。

現在の西武バスにつながる最古の路線のひとつとして、東京で1921年大正10年)に本橋トクによって開業された武蔵境 - 田無町(現・ひばりヶ丘)の路線(西武バス滝山営業所の項を参照)と並び、埼玉の飯能地区においても、1925年(大正14年)に大井八郎によって開業された入間川(現・狭山市) - 豊岡町(現・入間市) - 飯能の路線が記録に残されている[1]

この地域で中心的存在であったのが「青梅自動車」で、近藤熊次によって1928年(昭和3年)に創業され、1933年昭和8年)には「青梅 - 飯能」「青梅 - 金子 - 豊岡町(現・入間市)」「青梅 - 御岳」に路線を開業した[1]。当初は近藤が運転手で妻が車掌を勤め、青梅鉄道(JR青梅線の前身)に対抗すべく、武蔵野鉄道との格安乗り継ぎ切符を発行していたことなどの記録が、青梅市の歴史資料に残されている。

武蔵野鉄道は1933年昭和8年)、飯能 - 狭山、豊岡町 - 狭山、飯能 - 吾野の路線を開業し[1]、翌1934年には吾野共同自動車組合を譲受して、吾野・高麗坂戸方面にも路線網を広げていった。また1926年(大正15年)に開業した秩父自動車との連絡によって秩父方面への足も築いている。

その後1930年代には各地で中小バス事業者の競争が激化するようになり、1933年(昭和8年)「自動車交通事業法」が交付され、交通企業の合理化と交通事業の統制を目的として、一路線一事業者の原則が示された。こうした時勢化で各地で自主統合への機運が高まり、この地域でもバス事業者の統合が進んだ[1]

青梅自動車は青梅電気鉄道(電化により青梅鉄道から改称)に並行する路線を同社に譲渡。その後武蔵野鉄道は1930年代に青梅自動車を、1940年代には秩父自動車を買収し、青梅・飯能・狭山・秩父エリアに路線網を築くに至った。なお1932年(昭和7年)より、経営難に陥った武蔵野鉄道の経営に箱根土地が参加している[1]

1938年(昭和13年)「陸上交通事業調整法」が発布、戦時体制下での交通事業者の統合が進められ、西武においても箱根土地主導での統合が進められた(詳細は西武バス西武鉄道の項を参照)。戦時中は路線の休廃止や車両の代燃化なども余儀なくされた[1]

青梅営業所統合・移転から現在まで[編集]

終戦後は、1953年に青梅 - 立川間の運行が開始されたのに続き、成木小作方面へ路線を拡張、1961年には - 小河内ダム間の急行運転を開始するなど、長距離路線や急行路線も含めて路線網を拡張していった。

しかし1970年代からバス事業は全体的な低迷期に入り、西武バスでは採算性の悪い青梅営業所の路線を整理することとなった。また旧・飯能営業所管内でも、青梅 - 立川の路線を当時の立川営業所(初代)と共同運行していたが、それらの長距離路線もモータリゼーションによって定時運行が困難になり衰退していった。

1975年(昭和50年)、青梅営業所は都営バス青梅支所へ青梅市内の成木・吉野・小作方面の路線を譲渡し、飯能駅・入間市駅発着路線を残すのみとなり、路線網を縮小した。

旧・飯能営業所は、1975年に狭山台団地そばに開設された狭山営業所の支所となり、「狭山営業所飯能支所」として、「万年橋 - 青梅駅 - 柳川 - 岩井堂 - 加治橋 - 飯能駅線」「青梅駅 - 七日市場 - 中神 - 入間市駅」「箱根ケ崎駅 - 元狭山 - 二本木 - 入間市駅線」の運行を青梅営業所との共管で担当した。

1989年(平成元年)4月1日、飯能駅の橋上駅舎化と南口開設にともない、狭山営業所飯能支所を飯能駅北口より飯能市美杉台へ移転の上青梅営業所と統合(西武日向和田車庫は閉鎖)、現在の新・飯能営業所の体勢となった。

青梅営業所・飯能支所の統合により、青梅営業所に所属していた車両のナンバープレートは、多摩・八王子ナンバーから所沢ナンバーへ変更された。飯能支所に在籍していた大宮ナンバーの変更は行われなかった。

1995年1月16日国際興業バス西浦和営業所川越分車庫(当時の名称)管轄であった日高市高萩駅周辺の路線撤退により、西武バス飯能営業所・川越営業所が国際興業バスの路線の運行を引き継いだ。

2006年4月1日、高萩駅周辺を運行する飯53・53-1系統、国際興業から移管された高萩01・02・03系統はイーグルバスへ移管された。

2008年7月18日より、川越営業所狭山営業所管内と同時にPASMOSuicaによる乗車システムが稼動した。これにより、西武バス一般路線全線において前記ICカードでの乗車が可能となった。

現行路線[編集]

飯能駅 - 美杉台ニュータウン線[編集]

  • 飯20:飯能駅南口 - 飯能駅入口 - ひかり橋 - 美杉台ニュータウン
  • 飯20:飯能駅南口 → 飯能駅入口 → ひかり橋 → 美杉台ニュータウン(深夜バス
  • 飯21:飯能駅南口 - 飯能駅入口 - ひかり橋 - 美杉台ニュータウン - ユーエイキャスター前
  • 飯22:飯能駅南口 - 飯能駅入口 - ひかり橋 - 美杉台ニュータウン - ユーエイキャスター前 - クラウンパッケージ前

現・飯能営業所および飯能駅南口の開設とともに設定された。美杉台地区の山の上へ移転した飯能営業所から飯能駅発着の各系統の出入庫路線としても活躍していた[2]。飯20沿線には企業の研修所があり、片道輸送とはなっていないため、輸送効率の良い路線である。大河原の工業団地への足としても機能し始め、2014年のダイヤ改正では、日中も1時間に1往復は運行されるようになった。

開通当初から5時台の始車と23時台の終車までの運行を実施していることに加え、国際興業バス飯能営業所から日高地区の路線を移管されてからは運行時間帯をさらに拡大し、出入庫を兼ねた運行本数の増回もあって、利便性の高い路線となった。

2017年3月25日より、飯22系統が運行開始された[3]

2017年11月1日から、「大河原工業団地東」は「ユーエイキャスター前」へ名称変更となった[4]

飯能駅 - 岩井堂 - 河辺駅線[編集]

  • 飯41:飯能駅南口 - 加治橋 - 阿須 - 前ヶ貫入口 - 岩井堂 - 岩蔵温泉 - 柳川 - 東青梅 - 総合病院前 - 河辺駅南口
  • 飯41-1:飯能駅南口 - 加治橋 - 阿須 - 前ヶ貫入口 - 岩井堂 - 岩蔵温泉 - 柳川 - 東青梅駅北口
  • 飯42:飯能駅南口 - 加治橋 - 阿須 - 前ヶ貫入口 - 岩井堂

青梅自動車によって開設された飯能 - 青梅の路線をベースとする歴史の古い路線で、柳川・小曽木地区を走った最初の路線。「小曽木郷誌」によれば、戦前から終戦直後までの状況について「当初は本数が多く期待されたが、後に時間の不正確さや戦時中の代燃車運行、1日数回に減便されたことに対する利用者の不満が高まった。しかし、都営バスの開通による競争で改善されるようになった(要旨)」と記されている。戦前の飯能 - 青梅線は、「飯能昭和史年表」によれば畑トンネル(飯能市下畑)を経由していたが、戦後になってから西武がこの経路での運行を廃止したため、1955年に国際興業バス飯能営業所の前身である名栗林材交通が飯能駅 - 間野線を開通させ、トンネル経由の運行を復活させたということである。1989年3月31日まで、飯41は青梅営業所が管轄していた。

1987年10月1日より都営バスに合わせ、柳川 - 岩井堂において平日の一部時間帯を除きフリー乗降制の運用を開始。並行して、時に二輪車の「すり抜け」防止を目的とした、蛍光灯式の「乗降中」ランプを、西武バス一般路線車では初めて取り付け始めた。その以前から、東青梅 - 柳川 - 岩井堂では梅74梅76との共通定期券の取り扱いを行っている。なお、西武バスでは唯一のフリー乗降制を導入している。

平成以降、青梅側の発着点は長らく青梅駅であったが、2001年3月16日に河辺駅発着へ切り替えられた。河辺は都市機能の集積化を目的とした整備事業が進行中で、青梅市内において特に発展の著しい地区である。河辺駅発着へ変更した当初は、河辺駅発着の飯41も青梅街道から一旦外れ、東青梅駅にあるみずほ銀行出入口前に設けられた「東青梅駅北口」停留所を経由していたが、2007年11月16日より経由していない。

飯42は、美杉台 - みどり橋 - 岩井堂を回送で出入庫する。近年は東青梅駅北口発着の飯41-1の運行がメインで河辺駅南口まで向かう飯41は平日19時台に1往復のみの運行となっている。

入間市駅 - 箱根ケ崎線[編集]

三井アウトレットパーク入間 (A4-16)
  • 入市40:入間市駅 - 扇町屋 - 人事院研修所 - 三井アウトレットパーク
  • 入市40(直通):入間市駅 -(途中無停車)- 三井アウトレットパーク
  • 入市40(準急):入間市駅 → 扇町屋 → 東金子 → (人事院研修所と船久保工場前は通過)→ 三井アウトレットパーク
  • 入市41:入間市博物館東野高等学校入口 → 三井アウトレットパーク → 人事院研修所 → 扇町屋 → 入間市駅
  • 入市42:中村屋武蔵工場 → 二本木 → 三井アウトレットパーク → 人事院研修所 → 扇町屋 → 入間市駅
  • 入市43:二本木地蔵前 → 元狭山 → 二本木 → 三井アウトレットパーク → 人事院研修所 → 扇町屋 → 入間市駅
  • 入市44:箱根ケ崎駅 → 元狭山 → 二本木 → 三井アウトレットパーク → 人事院研修所 → 扇町屋 → 入間市駅
  • 入市51:入間市駅 - 扇町屋 - 人事院研修所 - 三井アウトレットパーク前 - 東野高等学校入口 - 入間市博物館
  • 入市51(準急):入間市駅 → 扇町屋 → 東金子 → (人事院研修所と船久保工場前は通過)→ 三井アウトレットパーク前 → 東野高等学校入口 → 入間市博物館
  • 入市52:中村屋武蔵工場 → 二本木 → 三井アウトレットパーク前 → 人事院研修所 → 扇町屋 → 入間市駅
  • 入市53:入間市駅 - 扇町屋 - 人事院研修所 - 三井アウトレットパーク前 - 二本木 - 元狭山 - 二本木地蔵前
  • 入市53(準急):入間市駅 → 扇町屋 → 東金子 → (人事院研修所と船久保工場前は通過)→ 三井アウトレットパーク前 → 二本木 → 元狭山 → 二本木地蔵前
  • 入市54:入間市駅 - 扇町屋 - 人事院研修所 - 三井アウトレットパーク前 - 二本木 - 元狭山 - 病院前 - 箱根ケ崎駅
  • 入市54(準急):入間市駅 → 扇町屋 → 東金子 → (人事院研修所と船久保工場前は通過)→ 三井アウトレットパーク前 → 二本木 → 元狭山 → 病院前 → 箱根ケ崎駅
  • 入市61:入間市駅 - 扇町屋 - 工業団地入口 - 武蔵工業団地 - 宮ノ台 - 入間市博物館
  • 入市62:入間市駅 → 扇町屋 → 工業団地入口 → 武蔵工業団地 → 宮ノ台 → 中村屋武蔵工場

大正末期に栗原枡治なる人物によって開業した、狭山自動車商会の「豊岡町駅 - 箱根ケ崎 - 拝島線」を起源とする。栗原の路線は、この付近において埼玉県と都下を結ぶ数少ない交通手段の一つとして始まったが、1931年八高線が開通すると、同鉄道路線との競争のために度重なる値下げを余儀なくされ、徐々に経営困難に陥った。

これを1935年に多摩湖鉄道(現在の西武多摩湖線の前身)が買収したことで、西武との関係が始まった。1938年には拝島から八王子へ延伸が行われたが、この間では拝島の渡しで舟にバスを載せて多摩川を渡っていたとの記録が残されている。終戦後は八王子への運行が廃止されて立川へ延ばすものの、定時性確保のために箱根ケ崎を境に折返し運行される便数が増えていき、1970年代には完全に分割され、箱根ケ崎以南が廃止された。

青梅管轄だった頃は、本線である入市31(入間市駅 - 箱根ケ崎駅)は1時間に1本運行されていて、出入庫として農協前 - 箱根ケ崎駅の運行が1往復ある程度であった。1995年1月16日には入市31-1を二本木地蔵まで、入市31-2を入間市博物館までそれぞれ延長した。

後年設定された入市31-3:大妻女子大学行きは、同大学スクールバスの補完を目的に、二本木地蔵前最終便の行先を振分けて設定された。営業終了後は大妻女子大学からそのまま北上して駿河台大学脇を通り、東京都道・埼玉県道195号富岡入間線へ出て、みどり橋から美杉台へ向かう。この大妻ダイヤは2015年3月31日終車を以って運行が終了。代替として、入市31-1にダイヤが割り振られた。

当路線は沿線に工業団地や流通センターが多いため、一定数の運行本数が設定されていたり、遅めの終車時刻が確保されていたりする路線だった。

2008年4月10日保谷硝子工場跡に大型ショッピング施設「三井アウトレットパーク入間」が開業すると、アクセス路線として入市30・30-1・30-2が新設された。これらの路線は船久保工場 - 宮寺北でアウトレット構内の停留所を経由する(入市30は構内折返し)ほか、宮寺北停留所は4月30日に「三井アウトレットパーク前」に改称、またこれにあわせ同日、人事院前停留所が「人事院研修所」に改称された。

同年7月16日にはアウトレット構内に入るまでの渋滞対策として、構内に入らない入市30-4を土曜・日祭の午前に新設したほか、土曜・日祭の午前10時台に直行系統(入市30-5)が設定され、入間市駅 - アウトレット間は毎時5本の運行で利便性の高い路線となり、路線利用者が従来の約三倍に増える結果となった。午後の入間市駅方面は全便アウトレット構内経由になり、アウトレット構内折返便以外の二本木方面は構内に入らなくなる。12月16日には入市30-5から30-3に番号変更、30-6が新設され、30-4が休止された。

入間市駅 - アウトレット間は、西武バス公式HPで表示・閲覧できるバス時刻表の他に臨時便が運行され、土曜日・休日の午後には臨時便を合わせて1時間あたり6-7本運行されている時間帯もある。だが、土曜・休日を中心に国道16号がアウトレットパークへの入場待ちで渋滞し、定時運行が困難となっている[5]

一方で、箱根ケ崎駅発着便は1日6〜7往復で、瑞穂町にあるショッピングセンター:ザ・モールみずほ16の近くを走行するが、一般路線バスは構内には乗り入れず(最寄バス停は松山町入口)、無料のシャトルバスが、箱根ケ崎駅周辺から西武総合企画によって運行されている。後述の小手03と共に、西多摩郡瑞穂町内の大人普通運賃は、初乗り100円となっている。

2017年3月25日改正より、土休日の入間市駅発アウトレット方向に限り、「準急」系統の運行を開始した。入間市駅発車後は、東金子までは各停留所に停車、人事院研修所と船久保工場前を通過する[6]

2018年10月1日より、大妻女子大学跡地に竣工した中村屋武蔵工場までの通勤輸送として入市42、入市52、入市62が新設された。併せて系統番号の改番が行われ、アウトレットパーク場内経由は40番台、国道16号上のアウトレットパーク前経由は50番台、工業団地経由は60番台にそれぞれ変更された[7]。入市52はかつての入市31-3の事実上の復活となった。

入間市駅 - 河辺・東青梅線[編集]

  • 入市32:入間市駅 - 小谷田 - 中神 - 寺竹 - 南峯 - 原今井 - 七日市場 - 河辺駅北口 - 東青梅駅北口
  • 入市32-1:入間市駅 - 小谷田 - 中神 - 寺竹 - 南峯 - 原今井 - 七日市場 - 河辺駅北口
  • 入市32-2:入間市駅 - 小谷田 - 中神 - 寺竹 - 南峯 - 原今井 - 七日市場
  • 入市32-3:原今井 - 七日市場 - 河辺駅北口
  • 入市33:入間市駅 - 小谷田 - 中神
  • 入市33-1:入間市駅 - 小谷田 - 中神 - 寺竹 - 南峯
  • 入市34:入間市駅 - 小谷田 - 中神 - 寺竹 - 金子駅

青梅自動車時代から続く歴史ある路線。戦前は青梅自動車時代から武蔵野鉄道との連絡切符を発行して、東京市街から青梅・奥多摩方面への観光ルートの役割を果たし、中央本線 - 青梅電気鉄道(現・JR青梅線)経路との競争も繰り広げられた。

かつては御嶽・吉野への直通便も設定されていたが、1971年6月、出入庫便を除き青梅駅を境に運行系統が分割された。青梅駅以西は吉野 - 御嶽間を廃止したのち、1975年4月に東京都交通局に譲渡された。

1989年4月1日、営業所移転にともない西武日向和田車庫発着を廃止し、入市33-1(当時は寺竹発着)を新設。東京都道・埼玉県道218号二本木飯能線を経由して飯能営業所への回送出入庫を行う。のちに隣の南峯停留所の位置を調整し、南峯発着とした。

2001年3月16日、東青梅 - 青梅駅間は飯41とともに廃止された。入市32系統は河辺駅北口への乗り入れを開始、同時に原今井 - 河辺駅北口の区間便を新設し、青梅市側利用者に便宜をはかっている。一方で野上以西は大幅に減便され、2014年現在、東青梅駅北口まで向かう入市32は土休日1往復のみの運行となっている。

JA西東京 - 河辺駅北口で都営バスと共通定期券を取扱っている。

金子駅発着の入市34系統は出入庫路線ではなく、入間市駅から金子駅で折り返して、入間市駅に戻るというダイヤである(これに対し、金子駅まで数100メートルの距離にある「金子駅入口」発着の小手07系統は、出入庫路線であるため金子駅前へは乗り入れない)。

長く1日1往復の運行であったが、2014年のダイヤ改正により、1日2往復の運行となった。2017年12月現在、平日1往復・土休日2往復となっている[8]

狭山市駅西口 - 入間市駅線[編集]

  • 狭山27:狭山市駅西口 - 下諏訪 - さやま地域ケアクリニック - 入間黒須団地 - 入間市駅

狭山28が運行再開するまで、新宿線と池袋線を結ぶ動脈路線だった。現在も利用客は多く、運行本数も毎時3〜4本となっている。一時期、旧:狭山営業所の応援として、この系統を受け持っていたこともあり、言わば「復活」に近い形ではある(短い担当の後、川越営業所へ変更された時期もあった)。

2011年11月16日のダイヤ改正で狭山営業所から飯能営業所へ移管された。飯能営業所の車両が狭山市内へ入る唯一の系統である。

2017年11月1日から、埼玉石心会病院の移転に伴い、「埼玉石心会病院」は「さやま地域ケアクリニック」へ名称変更となった[4]

2019年3月16日より、担当営業所が狭山営業所へ移管される予定である[9]

小手指駅 - 箱根ヶ崎線[編集]

  • 小手03:小手指駅南口 ← 誓詞橋 ← 西埼玉中央病院狭山ヶ丘駅 ← JA三ヶ島支店 ← 宮寺西 ← 箱根ケ崎駅
  • 小手06:小手指駅南口 ← 大六天 ← 北野天神前 ← 狭山湖口 ← JA三ヶ島支店 ← 宮寺西
  • 小手06-1:小手指駅南口 → 大六天 → 内手
  • 小手07:小手指駅南口 - 大六天 - 北野天神前 - 狭山湖口 - JA三ヶ島支店 - 宮寺西 - 栗原新田 - 金子駅入口
  • 小手08:小手指駅南口 ← 大六天 ← 北野天神前 ← 小手指駅南口(大六天循環・北野天神前先回り)
  • 小手08:小手指駅南口 → 大六天 → 北野天神前 → 小手指駅南口(大六天循環・大六天先回り)
  • 小手09:小手指駅南口 - 誓詞橋 - 狭山湖口 - JA三ヶ島支店 - 宮寺西
  • 小手09-1:小手指駅南口 - 誓詞橋 - 西埼玉中央病院 - 狭山湖口 - JA三ヶ島支店 - 宮寺西
  • 小手10:小手指駅南口 - 誓詞橋 - 西埼玉中央病院

定時運行が難しくなっていた所沢営業所管轄の所13(所沢駅 - 西所沢駅入口 - 宮寺 - 箱根ケ崎駅)を改正して成立した。所沢入間バイパス工事に併せて、大六天・北野回りの経路と、国立病院(現・西埼玉中央病院)・狭山ヶ丘駅回りの経路を同時に新設した。所13は、大正末期に本橋頴一が開業した所沢 - 箱根ケ崎 - 青梅の路線を起源とする古い路線で、本橋の路線は「ムサシノ自動車」と呼ばれたが、こちらは青梅自動車と異なり、旧・西武鉄道(西武新宿線の前身)を経由して、西武自動車に引き継がれた。

所沢営業所から移管された当初は車両運用の都合上、中型車で運行されていたが、平日朝ラッシュ時の大六天回りは、所沢駅からの路線バスが多数運行されていた優等路線を引き継いだために、満員状態での運行を余儀なくされていた。後年の改正で、小手指地区の西武バスは飯能営業所管轄がメインとなり、一般大型車の運用も見られるようになった。小手07は飯能営業所への出入庫路線で、小手指駅方面は早朝、金子駅入口方面は午後と夜間のみ数本の運行。多くは美杉台 - 宮寺西を回送する。宮寺西にはバスが数台停められるスペースがある

所沢管轄の小手02(小手指駅 - 早稲田大学)、西武総合企画の小手指駅 - 早大所沢キャンパスのスクールバス救済のため、一時期小手06・07で、早大経由の小手06-1(初代)・07-1が運行されていた。

2009年9月16日のダイヤ改正以降、本線の小手指駅 - 箱根ケ崎駅は運行本数が減少傾向にあり、現在は土休日に片道1本のみの運行になった。このため、西埼玉中央病院方面へのアクセス確保として、小手09・小手09-1・小手10が運行開始されている。

2016年3月26日の改正で、(2代)小手06‐1:小手指駅 → 内手線が新設された。

武蔵藤沢駅 - アウトレットパーク線[編集]

2008年4月10日に開業した三井アウトレットパークへの従業員輸送を目的に、同年12月16日に武蔵藤沢駅からの便が新設された。ただし、運行は朝ラッシュ時のアウトレット方面1便(土曜・休日は2便)と夜間の武蔵藤沢方面1便の運行で利用に際しては注意が必要である。

2009年4月25日の改正で、運行区間はそのままで系統番号のみ変更(藤04 → 藤10に改番)された。

飯能駅・東飯能駅 - メッツァ線[編集]

2018年11月8日より運行開始。西武バスの定期券一日乗車券は使用不可[10][11]

西武自動車飯能営業所[編集]

かつて、西武バス飯能営業所には子会社である西武自動車の飯能営業所も併設されており、西武バスより2001年にぶしニュータウン線2系統を譲渡され、運行していた。

飯能営業所小鹿野支所[編集]

1989年4月、秩父地区を運行していた西武バス秩父営業所管轄路線のうち、小鹿野線西武秩父駅 - 小鹿野役場 - 小鹿野車庫線が、西武秩父バス(現在の西武観光バス)へ譲渡。以後、段階的に西武バス秩父営業所が運行していた路線が西武秩父バスへ譲渡されていた。1994年1月16日定峰線:西武秩父駅 - 定峰線と三沢線:西武秩父駅 - 中三沢 - 皆野駅線が譲渡された同日に西武バス秩父営業所は廃止され、小鹿野車庫敷地内に「西武バス飯能営業所小鹿野支所」を設置。志賀坂線倉尾線上吉田線吉田線を担当。バスのナンバープレートは、秩父地区の管轄である熊谷ナンバーから、飯能市管轄である所沢ナンバーへ登録変更され、運行されていた。数年後、小鹿野支所管轄路線も全て西武秩父バスの管轄となり、小鹿野支所は廃止された。

廃止・移管路線[編集]

停留所名称は廃止当時の名称とする。

青梅営業所および狭山営業所飯能支所所管路線[編集]

  • 飯41:飯能駅 - 中央通り - 久下 - 加治橋 - 岩井堂 - 柳川 - 東青梅 - 青梅駅 - 万年橋
  • 飯41:飯能駅 - 中央通り - 久下 - 清川橋 - 岩井堂 - 柳川 - 東青梅 - 青梅駅 - 万年橋
飯能駅南口が開設されるまでは北口発着で中央通り・久下を経由していた。現在と同じ加治橋経由のほかに清川橋経由も存在していた。
  • 入市33(初代):入間市駅 - 小谷田 - 八坂神社

1975年3月時点では下記路線も青梅営業所が担当していた(いずれも系統番号なし)。

  • 西武日向和田車庫 - 和田詰所 - 万年橋 - 青梅駅 - 東青梅 - 柳川 - 成木支所前 - 上成木
  • 万年橋 - 青梅駅 - 東青梅 - 柳川 - 岩蔵温泉 - 厚沢入口[12]
  • 万年橋 - 青梅駅 - 東青梅 - 塩船観音入口 - 七日市場 - 小作駅
  • 青梅駅 - 万年橋 - 和田詰所 - 吉野梅林 - 吉野
成木・吉野方面は1975年4月に都営バス梅76系統に移管され1985年まで上成木 - 吉野間の通し運転を行っていた。塩船方面は1975年8月に北大門[13]を境に西側が都営バス梅77系統、東側が西東京バス塩10 - 塩14系統(経路は現在の河11と同じ)に再編の上移管された。

飯能営業所開設時に廃止・休止された路線[編集]

  • 飯41-2:飯能駅 - 中央通り - 久下 - 加治橋 - 岩井堂 - 柳川 - 東青梅 - 青梅駅 - 万年橋 - 和田詰所 - 西武日向和田車庫
最末期は早朝・最終の西武日向和田車庫発着1便を除いて飯能駅 - 青梅駅間の運行となっており、出入庫も回送で行っていた。
  • 入市35:入間市駅 - 黒須 - 豊水橋 - 根岸新道 - 笹井 - 東飯能駅入口 - 中央通り - 飯能駅
  • (番号なし):青梅駅 - 東青梅 - 柳川 - 岩蔵温泉 - 岩井堂
  • (番号なし):箱根ケ崎駅 - 国道十字路 - 農協前
  • (番号なし):青梅駅 - 東青梅 - 七日市場 - 今井会館前
  • (番号なし):入間市駅 - 小谷田 - 中神 - 今井会館前- 七日市場 - 東青梅 - 青梅駅 - 万年橋 - 和田詰所 - 西武日向和田車庫
入間市駅 - 西武日向和田車庫線も始発・最終のみ運行していた。

飯能営業所開設後に廃止・休止、移管された路線[編集]

狭山営業所へ移管
  • 飯51:飯能駅北口 - 中山 - 中居 - 宮沢湖
  • 藤01:武蔵藤沢駅 - 藤沢十字路 - 西武グリーンヒル - 入間扇町屋団地 - 入間市役所 - 入間市駅
  • 藤02:武蔵藤沢駅 - 藤沢十字路 - 西武グリーンヒル - 入間扇町屋団地
  • 狭山20:狭山市駅西口 - 新富士見橋 - 上広瀬 - 根岸新道 - 狭山グリーンハイツ
  • 狭山25:狭山市駅西口 - 新富士見橋 - 上広瀬 - 根岸新道 - 根岸坂上 - 下川崎 - 上平松 - 中居 - 中山 - 中央通り - 飯能駅北口
  • 狭山26(初代):狭山市駅西口 - 新富士見橋 - 上広瀬 - 根岸新道 - 笹井 - 東飯能駅入口 - 中央通り - 飯能駅北口
  • 狭山26(2代):狭山市駅西口 - 新富士見橋 - 上広瀬 - 根岸新道 - 笹井 - 東飯能駅東口 - 車庫前 - 飯能駅北口
  • ぶし01:ぶし駅 - 下郷 - 西武ぶしニュータウン
西武観光バス秩父営業所へ移管
  • 倉尾線:小鹿野役場 - 上吉田 - 長沢
  • 志賀坂線:小鹿野役場 - 小鹿野車庫 - 納宮 - 坂本
  • 上吉田線:皆野駅 - 国神学校 - 上吉田
  • 吉田線:皆野駅 - 太田入口 - 上吉田 - 小鹿野役場 - 小鹿野車庫
イーグルバスへ移管
  • 飯53(2代):飯能駅北口 - 中居 - 宮沢湖 - 高麗川団地第一折返場 - 高萩駅
  • 飯53-1:飯能駅北口 - 中居 - 宮沢湖 - 高麗川団地第一折返場 - 高萩駅 - ひだか団地
  • 高萩01:ひだか団地 - 高萩駅
  • 高萩02:ひだか団地 - 高萩駅 - 高麗川団地第一折返場 - 高麗川駅
  • 高萩03:ひだか団地 - 高萩駅 - 高麗川団地第一折返場
移管されず廃止・休止
  • 飯20-1:飯能駅北口 - 中央通り - 久下 - 飯能駅入口 - ひかり橋 - 美杉台ニュータウン
  • 飯20-2:美杉台ニュータウン → ひかり橋 → 飯能駅入口 → (久下) → 飯能駅北口
飯能駅北口発着系統の出入庫路線で飯20-2は中央通りを経由しない。飯20-1は2007年廃止。飯20-2は2009年4月1日に久下を廃止するとともに美杉台発のみ片道1便の運行となり、2011年11月16日の運行をもって廃止された。
  • 飯52(初代):飯能駅北口 - 中居 - 宮沢湖 - 鹿山 - 高麗川駅
  • 飯52(2代):飯能駅北口 - 中居 - 宮沢湖 - 高麗川団地第一折返場 - 鹿山 - 高麗川駅
  • 飯53(初代):飯能駅北口 - 中居 - 上平松
  • 入市31-1(旧):入間市駅 - 扇町屋 - 人事院 - 二本木 - 元狭山
  • 入市31-2(旧):入間市駅 - 扇町屋 - 人事院 - 二本木
  • 入市31-3:入間市駅 - 扇町屋 - 人事院研修所 - 三井アウトレットパーク前 - 二本木 - 大妻女子大学
  • 箱01:箱根ケ崎駅 - 病院前 - 宮寺西
  • ぶし02:仏子駅 - 阿須 - 岩渕 - 美杉台小学校 - 美杉台ニュータウン
1989年4月1日の飯能営業所開設時に新設された路線で、美杉台地区への仏子駅からのアクセス路線ではなく、ぶし01(仏子駅 - 西武ぶしニュータウン)の出入庫路線という位置づけである。ぶし01が2011年11月16日の狭山移管後は狭山27の出入庫路線として継続していたが、最末期は土曜・休日の日中1往復のみだった。2016年3月21日をもって運行を終え、同年3月26日付で廃止された。
  • 羽20:羽村駅東口 -(直通)- 三井アウトレットパーク(土曜・休日運行)
JR青梅線羽村駅と三井アウトレットパークを結ぶ直通路線で、羽村駅から毎時1便が運行していたが、大型連休中やアウトレットパークのセール期間中は増便していた。運行開始当初は系統番号の設定が無かったが、2009年4月25日のダイヤ改正で「羽20」の系統番号が与えられた。2017年3月26日をもって運行を終え、同年4月1日付で廃止された[14]
  • 藤11:武蔵藤沢駅 → (直通) → 三井アウトレットパーク → 武蔵工業団地 → 宮ノ台
2018年3月9日の運行をもって廃止された[15]2009年4月25日の改正で、運行区間はそのままで系統番号のみ変更(藤03 → 藤11に改番)された。
小平営業所へ移管
2011年11月19日に土・休日のみ運行を開始した。小平営業所と立川営業所で共同運行となっており、2018年3月16日の路線改変で更新された際の路線図に小平営業所の路線図にも反映された[16]

車両[編集]

飯能営業所では、1998年に西武バスがいすゞ自動車製の車両を導入再開した時からいすゞ・キュービック2000年からいすゞ・エルガ2001年からいすゞ・エルガミオが導入されるようになり、2003年を最後に日産ディーゼル(現:UDトラックス)製車両の新製配置が行われなくなった。しかし、現在では新座営業所滝山営業所、所沢営業所、小平営業所などからノンステップ車が転属してきたため、西日本車体工業ボディーの車両も配置されている。2012年から、西武バスの他の営業所より遅れて三菱ふそう・エアロスターが導入された。飯能営業所では約3年ぶりの新車導入となった。

2016年5月からは、行き先・経由地表示(前・左横・後)がフルカラーLEDの車両が登場している。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f BJエディターズ『バスジャパン BJハンドブックシリーズR 51 西武バス』2004年1月1日発行]
  2. ^ 飯能駅北口発着路線が狭山営業所管轄となって数年、2015年3月末現在の出入庫ダイヤは、飯能駅 - 岩井堂・東青梅駅・河辺駅への「飯41」系統関連のみとなっている
  3. ^ 飯能駅南口〜美杉台ニュータウン〜クラウンパッケージ前 路線延伸について 2017年3月26日閲覧 - 西武バスホームページ (PDF) 西武バス公式ページ 2017年2月13日、同年3月31日閲覧
  4. ^ a b 11月1日 飯能営業所管内 停留所名称変更のお知らせ (PDF) - 西武バス公式サイト、2017年10月23日、同年11月5日閲覧
  5. ^ 首都圏中央連絡自動車道(圏央道)入間インターチェンジ出口の通過待ち車両が本線上にまで繋がる時もある。入間インターチェンジ#周辺も参照
  6. ^ 3月25日 飯能営業所管内ダイヤ改正・系統新設のお知らせ (PDF) 2017年4月19日閲覧 - 西武バスホームページ
  7. ^ 10月1日 入間市駅~三井アウトレットパーク方面 系統新設・ダイヤ改正のお知らせ (PDF) 2018年10月10日閲覧 - 西武バスホームページ
  8. ^ 2017年3月25日改正の入間市駅時刻表 西武バス公式ページ
  9. ^ 3月16日 飯能営業所管内ダイヤ改正・運行担当営業所変更のお知らせ (PDF) - 西武バス公式サイト 2019年3月4日、同月5日閲覧
  10. ^ 11月8日、飯能駅北口/東飯能駅東口〜メッツァ 直行バス運行開始のお知らせ (PDF) .2018年10月25日閲覧
  11. ^ “飯能駅北口/東飯能駅東口〜メッツァ直行バス運行開始!!”. 国際興業バス. (2018年10月25日). https://5931bus.com/news_details/id=2630 2018年10月26日閲覧。 
  12. ^ 岩蔵街道を南下した地点に存在した停留所。1971年までは厚沢入口からさらに七日市場を経て小作駅へ至る路線だった。
  13. ^ 現・都営バスの塩船観音入口。別位置にある西東京バスの同名停留所は西武時代からの名称。
  14. ^ 羽村駅東口〜三井アウトレットパーク入間線 廃止のお知らせ (PDF, 西武バス2017年2月13日) 西武バス公式ページ 2017年2月13日、同年3月31日閲覧。
  15. ^ 飯能営業所管内 系統廃止のお知らせ (PDF) - 西武バス、2018年2月15日、同月17日閲覧
  16. ^ 西武バス小平営業所バス路線案内図(pdf) - 西武バス2018年3月16日閲覧

[1]

参考文献[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 飯能営業所管内 停留所名称変更について http://www.seibubus.co.jp/whatsNew/news20171023/20171023_2.pdf