武蔵藤沢駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武蔵藤沢駅
西口
西口
むさしふじさわ
Musashi-Fujisawa
SI20 狭山ヶ丘 (1.3km)
(3.0km) 稲荷山公園 SI22
所在地 埼玉県入間市下藤沢494-4
駅番号 SI 21
所属事業者 SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
所属路線 SI 池袋線
キロ程 32.9km(池袋起点)
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
24,190[1]人/日
-2015年-
開業年月日 1926年大正15年)4月1日
テンプレートを表示
東口。
東口。
西口側にあった旧駅舎。駅舎の橋上化に伴い解体された。
西口側にあった旧駅舎。
駅舎の橋上化に伴い解体された。
造成中の西口ロータリー(2007年4月27日)
造成中の西口ロータリー
(2007年4月27日)

武蔵藤沢駅(むさしふじさわえき)は、埼玉県入間市下藤沢にある西武鉄道池袋線である。駅番号はSI21

年表[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅で、橋上駅舎を有している。駅舎の橋上化に際して新たに東口が開設された。各ホームと改札階、改札階と東西の出入口との間をそれぞれ連絡するエレベーターエスカレーターが設置されている[2]トイレは2階改札内にあり、多機能トイレも併設されている[2]。新駅舎の使用開始とともに、上りホームに待合室が開設された。下井草駅に次いで、西武鉄道では2例目となる太陽光発電システムを設置している[3]。また、東口には、太陽光と風力によるハイブリッド発電型の街路灯を西武鉄道で初めて設置した[3]

TOMONY(改札外)の開設に伴い、旧駅舎時代にあった改札内の売店は閉店した。2008年(平成20年)2月9日まで、駅舎は下り飯能方面ホーム側のみにあり、所沢池袋方面ホームとは跨線橋により連絡していた。以前は島式ホーム1面2線であり、ホームとは構内踏切により連絡していたが、1998年(平成10年)の駅改良工事により相対式ホームとなり跨線橋が完成したため、踏切は廃止された。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
1 SI 池袋線 下り 飯能西武秩父方面
2 上り 所沢池袋新木場渋谷横浜方面
  • 副都心線直通列車は2013年3月16日実施のダイヤ改正で、日中は当駅に停車しなくなった[4]。この為、日中時間帯に当駅から副都心線や有楽町線方面へ乗降する場合は、途中の小手指駅などで乗換える必要があり、該当する列車には接近時が流れる放送でその旨が伝えられる。

駅構内施設[編集]

  • TOMONY(第5号店) ステップイン型

利用状況[編集]

1日平均乗降人員は以下の通りである。

  • 2005年度:21,331人[5](西武鉄道全92駅中49位[6]
  • 2006年度:21,418人[5](西武鉄道全92駅中49位[7]
  • 2007年度:21,761人[8](西武鉄道全92駅中48位[9]
  • 2008年度:23,379人[8](西武鉄道全92駅中47位[10]
  • 2009年度:23,054人[8](西武鉄道全92駅中47位[11]
  • 2010年度:22,690人[8](西武鉄道全92駅中47位[12]
  • 2011年度:22,412人[8](西武鉄道全92駅中47位[13]

概ね21,000人台で推移していたが、2008年度は三井アウトレットパーク入間が開業したこともあり、利用者が前年度統計よりも約1,600人増えた。しかし2009年度以降は若干減少した。

駅周辺[編集]

西口側を中心に区画整理中である。周辺は住宅地が広がる。駅を少し離れると畑が目立つ。

西口[編集]

東口[編集]

東口から、線路と並行して埼玉りそな銀行・埼玉縣信用金庫方面および国道463号方面に歩行者、自転車専用通路が延びている。

路線バス[編集]

西武バスにより運行されている。駅前開発工事に伴い2005年(平成17年)8月1日に駅前停留所が仮設停留所に移動し、2007年(平成19年)9月20日より現在の位置に移動(本設)した。

シャトルバス[編集]

  • 2008年(平成20年)4月10日から同年8月31日まで三井アウトレットパーク 入間行きの無料シャトルバスが運行されていた。
    • 運行開始日から休日を中心に長蛇の列が伸びるほどの利用状況で、当初は5月11日までの予定であったが6月30日まで延長し、なおも好評だったため、7月1日からは土日祝日のみの限定となったものの8月31日まで運行された。

付記[編集]

隣の駅[編集]

SeibuRailway mark.svg 西武鉄道
SI 池袋線
快速急行
通過
急行・通勤急行・快速・準急・各駅停車(通勤急行は上りのみ運転)
狭山ヶ丘駅 (SI20) - 武蔵藤沢駅 (SI21) - 稲荷山公園駅 (SI22)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「駅別乗降人員(1日平均) 2015(平成27)年度 (PDF) - 西武鉄道
  2. ^ a b 武蔵藤沢駅 駅構内マップ - 西武鉄道
  3. ^ a b 安全・環境報告書2008 2 環境保全へのさまざまな取り組み (PDF) p.31 - 西武鉄道
  4. ^ 該当する時間帯は、副都心線経由東急東横線みなとみらい線直通の快速急行が運転されており、当駅に来る列車全て西武線池袋発着(急行3本、準急2本、各停1本)のみである。
  5. ^ a b 「駅別乗降人員(一日平均)の推移」No.1 2002年度 - 2006年度 池袋線・西武秩父線・西武有楽町線・豊島線・狭山線・山口線 (PDF) - 西武鉄道
  6. ^ 駅別乗降人員 2005(平成17)年度 1日平均 (PDF) - 西武鉄道
  7. ^ 駅別乗降人員 2006(平成18)年度 1日平均 (PDF) - 西武鉄道
  8. ^ a b c d e 引用エラー: 無効な <ref> タグです。 「joukou07-11」という名前の引用句に対するテキストが指定されていません
  9. ^ 駅別乗降人員 2007(平成19)年度 1日平均 (PDF) - 西武鉄道
  10. ^ 駅別乗降人員 2008(平成20)年度 1日平均 (PDF) - 西武鉄道
  11. ^ 駅別乗降人員 2009(平成21)年度 1日平均 (PDF) - 西武鉄道
  12. ^ 駅別乗降人員 2010(平成22)年度 1日平均 (PDF) - 西武鉄道
  13. ^ 駅別乗降人員 2011(平成23)年度 1日平均 (PDF) - 西武鉄道

関連項目[編集]

外部リンク[編集]