伊豆箱根バス熱海営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
熱海営業所
湯河原営業所

伊豆箱根バス熱海営業所(いずはこねバスあたみえいぎょうしょ)は、かつて静岡県熱海市に存在した伊豆箱根バスの営業所。

本項では、かつて神奈川県足柄下郡湯河原町に存在し、熱海営業所と統合した湯河原営業所についても記述する。現在は三島営業所の管轄である。

概説[編集]

熱海営業所は熱海市内路線及び熱海駅からの箱根方面の観光路線を、湯河原営業所は湯河原駅を中心とした箱根方面の観光路線と湯河原町内・真鶴町内の地域路線を担当していたが、2008年から2010年までに、湯河原営業所は熱海営業所に統合されている[1]

2018年4月1日三島営業所小田原営業所と統合する形で廃止となった[2]

箱根方面の路線については、箱根登山バスと多くの区間で競合しているが、湯河原パークウェイ・富士箱根ランドを経由する路線は単独運行である。地域路線については西武グループと小田急グループの業務提携以前から相互乗り入れ形態での運行が行なわれており、特に真鶴岬への路線では、月ごとに担当便を入れかえる方法がとられている。

PASMOの利用については当営業所及び小田原営業所でのみ利用が可能である。(三島営業所はPASMO使用不可。)

所在地[編集]

  • 熱海営業所  静岡県熱海市春日町17-15(地図
  • 熱海整備工場 静岡県熱海市相の原町1-22(地図
  • 湯河原営業所 神奈川県足柄下郡湯河原町土肥4丁目9-1(地図

沿革[編集]

現行路線[編集]

一般路線[編集]

熱海駅起点[編集]

現在は三島営業所の管轄。

湯河原駅・真鶴駅起点[編集]

旧湯河原営業所の担当路線。現在は小田原営業所の管轄。

  • 湯河原駅 - 不動滝 - 奥湯河原 - 湯河原パークウェイ - 富士箱根ランド - 箱根峠 - 箱根町 - 関所跡 - 元箱根
  • 湯河原駅 - 不動滝 - 奥湯河原
    この区間運用は原則的に箱根登山バスとの交互運行で、月ごとに担当便を入れ替えている。
  • 湯河原駅 - 不動滝 - 奥湯河原入口 - しとどの窟 - 大観山 - 箱根町 - 関所跡 - 元箱根
  • 湯河原駅 - 吉浜 - 真鶴駅 (入出庫運用のみ)
  • 真鶴駅 - 役場前 - うたい坂 - 岩
  • 真鶴駅 - 丸山 - うたい坂 - 岩
  • 真鶴駅 - 山下浜 - 中川一政美術館 - ケープ真鶴
  • 真鶴駅 - 幼稚園前 - 中川一政美術館 - ケープ真鶴
    上記2路線は箱根登山バスとの交互運行で、月ごとに担当便を入れ替えている。

受託路線[編集]

車両[編集]

伊豆箱根バス#車両を参照。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 社団法人神奈川県バス協会が2008年に発行した『神奈川県内乗合バス・ルートあんない No.1』p161には湯河原営業所と熱海営業所の記載があるが、2010年発行の『神奈川県内乗合バス・ルートあんない No.2』p163では熱海営業所のみとなっている。
  2. ^ http://www.izuhakone.co.jp/bus/file/bus_atami_20180401_01.pdf

参考資料[編集]

  • 社団法人神奈川県バス協会『神奈川県内乗合バス・ルートあんない No.1』(人文社・2008年8月18日)ISBN 9784795912380
  • 社団法人神奈川県バス協会『神奈川県内乗合バス・ルートあんない No.2』(人文社・2010年9月10日)ISBN 9784795912441

外部リンク[編集]